ウクライナ学生受入へのご支援のお願い

ロシア軍のウクライナ侵攻に伴い、ウクライナの学生は学業や研究活動を継続することが困難となっています。静岡大学は、ウクライナにある大学間交流協定校との学術・学生交流の経緯を踏まえ、大学生及び大学院生を受入れ、学業や研究を継続するための支援を行いたいと考えています。

1.支援の対象

ウクライナにある大学間交流協定校に在学する学生
・タラス・シェフチェンコ・キーウ(キエフ)国立大学 Taras Shevchenko National University of Kyiv
・ウクライナ国立技術大学 National Technical University of Ukraine

2.受入れる学生数など

・交換留学生(6か月~1年)として一時的に在籍を希望する学士生・修士生・博士生
・各校2名計4名以内(2023年(令和5年)3月31日まで)

3.支援内容

・渡日までの支援(渡航費用)
・住居支援(静岡大学国際交流会館又は県営・市営住宅の無償提供)
・生活費支援(月額7万円を最大1年間支給)

【お申込み方法】

静岡大学未来創成基金の寄附目的「大学運営全般」をご選択のうえ、こちらよりお申し込みください。

また、令和4年度7月から学内に募金箱を設置いたしました。

銀杏・生協第1食堂(静岡キャンパス)と生協北館食堂・売店(浜松キャンパス)に募金箱を設置

 

 

 

 

 

ウクライナの学生に安心して、安全に勉強や研究が継続できる環境を提供したいと考えています。皆さまの温かいご支援をお待ちしています。