コンテンツへスキップ

【分析マイスター】2019年度生のページ

今後の予定(変更される可能性に留意してください)

認定試験合格された皆様にマイスター称号を認定致します。
認定書は近日中に発行する予定です。

また、今後の分析マイスターの活動についても決まり次第連絡します。
不明な点等がありましたら、村上または石川まで連絡してください。

認定試験(終了)

2021年1月に分析マイスター称号の認定試験を行います。

【試験内容について】

分析マイスター称号の認定には「装置を操作できること」や「装置の原理を理解していること」が求められます。
「装置を操作できること」に関しては、現在グループごとに行っている操作訓練や試験日当日の操作によって判断します。「装置の原理を理解していること」については、口頭発表や質疑応答によって判断します。

【試験方法について】

試験方法は以下の2つ方法のいずれかもしくは両方がグループごとに課せられます。ご自身のグループがどのような内容になるかはグループを見ているセンター教職員にお尋ねください。

  1. 装置の原理に関するプレゼンテーションを1人5~10分で行い、その後教職員からの質問に答える。
  2. 教職員の前で装置を操作し、都度教職員からの質問に答える。

補足

  1. のプレゼンテーション形式の試験の場合、グループメンバー同士で内容が重複しないように調整してください。
  2. の実地形式の試験を選択する場合、操作は1人ずつ行います。

活動記録

2021.2.3

分析マイスター認定試験の結果をメールにて通知しました。


2020.10.9

分析マイスター担当機器について、メールにてご案内しました。

各グループの予定表と活動記録↓


2020.9.10

分析マイスターの令和2年度後期の活動について、メールにてご案内しました。


令和2年3月の分析マイスター講習は、新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました。

第7回 03/05 3月5日 兼分析基礎講座 「座学・赤外吸収分光」(浜松工技センター 吉岡様)
第8回 03/10 兼分析基礎講座 「座学・透過型電子顕微鏡(TEM)」(坂元副センター長)


2020.2.20

場所:総合研究棟R305、R102、R104 時間:14:25-15:55

1. 座学「原子間力顕微鏡(AFM)」(村上健司特任教授)

2. 実習「AFMの操作」(石川およびセンター技術職員)


2020.1.30

場所:S-Port3階大会議室 時間:10:00-16:00

1. 分析セミナー「X線回折装置(XRD)」(スペクトリス株式会社マルバーン・パナリティカル事業部 山路功氏) (国立研究開発法人・材料研究機構 小原真司先生)


2020.1.16

場所:総合研究棟10階会議室 時間:14:25-15:55

1. 座学「X線光電子分光(XPS)」(下村勝センター長)


2019.12.12

場所:総合研究棟R305、R104、R1010 時間:14:25-15:55

1. 座学「走査型電子顕微鏡(SEM)」(村上健司特任教授)

2. 実習「S E Mの操作」(石川およびセンター技術職員)


2019.11.28

場所:総合研究棟R305 時間:14:25-15:55

1. 座学「真空入門」(村上健司特任教授)


2019.11.14 

場所:総合研究棟R305 時間:14:25-15:25

1. 分析マイスター制度についてのガイダンス (下村勝センター長)

2. 講話「分析入門 分析とは何か」(村上健司特任教授)

3. 機器分析センター見学


2019.11.08

分析マイスター選考結果のお知らせ。メールにてご案内しました。


2020.11.27

分析マイスター制度への応募を締め切りました。


2019.10月中旬

ポスター掲示、メール送信、講義での紹介によるマイスター制度の募集開始