日下部 誠

静岡大学理学部創造理学コース 准教授

 

 

 

本プロジェクトでの役割 狩野川放水路がアユに及ぼす影響を生態学と生理学の側面から解析する.
自己紹介 1972年4月東京生まれ.

University of Otago(ニュージーランド)理学系動物学科博士(PhD)を取得.専門は、魚類生理学、比較内分泌学.現在は、魚類の浸透圧調節について研究を進めている。アユは、古来より日本人に親しまれてきた川魚であるにもかかわらず、その生理については分かっていないことが多々残されている.本プロジェクトでは、アユの浸透圧調節能に着目し、どのように沿岸域と河川を行き来しているのかのメカニズムを解明したい.

所属学会:日本比較内分泌学会、日本動物学会、日本水産学会、日本サンゴ礁学会

最近の主な研究成果  

  • Kusakabe M, Mori S, Kitano J (2019) Gill Na+/K+-ATPase in the threespine stickleback: changes in transcript levels and sites of expression during seawater acclimation. Evolutionary Ecology Research 20: 349-363.

 

  • Kusakabe M, Nobata S, Saito K, Ikeba K, Ogasawara S, Tanaka K, Takei Y, Hyodo S. (2019) Body condition and reproductive status of chum salmon during homing migration in Otsuchi Bay, Japan, after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami. Fisheries Science 85:43–51.

 

  • Kusakabe M, Ishikawa A, Ravinet M, Yoshida K, Makino T, Toyoda A, Fujiyama A, Kitano J. (2017) Genetic basis for variation in salinity tolerance between stickleback ecotypes. Molecular Ecology 26: 304–319.

 

  • Kusakabe M, Nobata S, Saito K, Iki A, Ando M, Wong M, Takagi W, Imaseki I, Ogawa S, Shimada T, Takei Y, Hyodo S. (2016) Changes in the plasma sex steroid levels of chum salmon returning to the Otsuchi Bay during the home migration period. Marine Ecosystems after Great East Japan Earthquake in 2011, page 113–114

 

Share this Page