加藤先生写真

 

加藤 憲二

静岡大学名誉教授

 

 

 

本プロジェクトでの役割 狩野川水系並びに沿岸域の環境特性を踏まえて微生物が生態系に果たす役割を知ることと、森チームと水循環モデリングの作成のための議論、プロジェクト事務局.
自己紹介 1951年7月大阪生まれ. 陸水学で学位 (名古屋大学 理学博士)取得. DAAD 奨学生としてドイツ(当時は西ドイツ)コンスタンツ大学留学の後、微生物生態学を活動の場に移す. 富士山地下圏を対象とした水循環への微生物からの切り込みと試みている. 日本微生物生態学会:会長(2005-2008).President of International Symposium for Subsurface Microbiology(2011-2014).地球環境微生物学.Geomicrobiology Journal編集委員. 柿田川生態系研究会代表, 東京大学地球惑星専攻外部評価委員会委員(2020)ほか.
最近の主な研究成果 ・論文

Tracking the direct impact of rainfall on groundwater at Mt. Fuji by multiple analyses including microbial DNA. Ayumi Sugiyama,Suguru Masuda,Kazuyo Nagaosa, Maki Tsujimura, and Kenji Kato, Biogeosciences, 15:721-732 (2018).

Ultramicrobacteria from Nitrate- and Radionuclide-Contaminated Groundwater. TamaraNazina,…,Kenji Kato. Sustainability, 12 1239-doi:10.3390/su12031239.(2020)

地下水流動系という視点から見る微生物動態研究の課題と展望、杉山歩、辻村真貴,加藤憲二、地下水学会誌、62(3):429-446(2020).

・著書

Behavior of Radionuclides in the Environment I Function of Particles in Aquatic System,Ed. by Kenji Kato, Alexei Konoplev, Stepan Kalmyko. 223pp. Springer-Nature(2020)責任編集ならびに、Chapter 1,2,4,8,9の執筆.

Behavior of Radionuclides in the Environment II Chernobyl, Ed. by Alexei Konoplev,Kenji Kato, Stepan Kalmyko. 443pp. Springer-Nature(2020)編集.

 

Share this Page