喜多研究室紹介

本研究室では、酸化物高温超伝導体材料を中心に、高・強誘電体及び巨大磁気抵抗効果材料等の酸化物電子材料の作製・評価及び物性研究を行っている。材料の作製方法は液相エピタキシャル法(LPE法)、固相反応法や有機金属塗布法、蒸着法などを用い、固相・液相・気相からの幅広い合成を用いている。これらの新しく発見された酸化物電子材料は、従来の半導体材料では実現が難しかった様々な新機能・高機能の実現が期待できるため、当研究室では、これらの新材料開発を行って、安全安心社会実現のためエネルギー分野から情報・通信及び輸送分野までの幅広い応用を目指している。