第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2019年11月9-10日に開催された第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会にて、2件のポスター発表を行いました。

(235) 求電子的アミドアリル化反応を利用した新規なN,O-およびN,N-スピロラクタム構築法
仙石哲也,飯島あゆみ,牧野行記,青木萌子,依田秀実,第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2019. 11. 10. 信州大学(長野県松本市)
(234) 酸化的N,O-およびN,N-スピロ環化による新規なラクタム類の合成
仙石哲也,市原奨之,稲葉真理,依田秀実,第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2019. 11. 10. 信州大学(長野県松本市)

白井さん、高野さんの論文がJOC誌に掲載決定!

(92) Divergent synthesis of methylene lactone- and methylene lactam-based spiro compounds; Utility of amido-functionalized γ-hydroxylactam as a precursor for cytotoxic N,O– and N,N-spiro compounds
Tetsuya Sengoku, Anna Shirai, Ayaka Takano, Toshiyasu Inuzuka, Masami Sakamoto, Masaki Takahashi and Hidemi Yoda
The Journal of Organic Chemistry,  201984, 12532-12541. (DOI: 10.1021/acs.joc.9b02038)

Pharmaceutically attractive methylene lactone- and methylene lactam-based spiro compounds have been synthesized by employing amido-functionalized γ-hydroxylactam as a common intermediate.

ISHC-27

2019年9月1-6日に開催されたISHC-27にて、ポスター発表を行いました。

(233) Divergent synthesis of methylene lactone- and methylene lactam-based spiro compounds
Tetsuya Sengoku, Anna Shirai, Ayaka Takano, Hidemi Yoda,27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress,2019. 9. 2. ロームシアター京都(京都市)

日本化学会第99春季年会

2019年3月16-19日に開催された日本化学会第99春季年会にて、ポスター発表を行いました。

(232) 可視光レドックス触媒によるスルホンへの新規な脱硫カップリング反応の開発
仙石哲也,近藤 篤,夏目真那,室伏崚汰,依田秀実,日本化学会第99春季年会,2019. 3. 17. 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市)
(231) 求電子アミドアリル化反応を利用する新規スピロラクタム構築法の開発
仙石哲也,園田智史,牧野行記,飯島あゆみ,依田秀実,日本化学会第99春季年会,2019. 3. 17. 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市)
(230) 水を溶媒とする触媒的不斉アミドアリル化反応

仙石哲也,前川龍之介,今村大貴,和田光生,依田秀実,日本化学会第99春季年会,2019. 3. 17. 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市)