教育訓練給付金

投稿者: | 2016年12月17日

概要

静岡大学大学院 総合科学技術研究科工学専攻事業開発マネジメントコースは、コース全体が厚生労働省の『教育訓練給付金(専門実践教育訓練・職業実践力育成プログラム)』の対象講座に認定されました(平成28年1月29日)。

社会人の学び直しを加速
専門実践教育訓練指定講座認定
職業実践力育成プログラム 2年正規課程 工学・工業
平成28年4月入学者から適用

本制度は、労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度で、従来の枠組みを引き継いだ「一般教育訓練の教育訓練給付金」と、拡充された「専門実践教育訓練の教育訓練給付金」の2本立てになります。

27年度の制度改革により、文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」に指定されたプログラムのうち、就職在職率や定員充足率等の実績からみて当該訓練に十分な効果があると厚生労働省が認めたプログラムに対し、教育訓練給付金の指定対象となりました。

平成27年12月15日付でBP指定を受けた123講座のうち今回23講座が教育訓練給付金の対象になりました。本コースは、修了時に修士(工学)の学位を得ることができる2年制の正課(入学時に特別に単位として読み替えが必要な実務経験等の制約がない)としては28年4月現在で全国唯一のコースとなります。

2年在学で最大96万円、国の支援を受けられます

給付額は過去の給付歴などの条件により左右されますが、最大値で学生が支払った教育訓練経費の40%(上限は1年度あたり32万円)が雇用保険を原資とし国から直接学生に支給されます。また定められた年限で学位を取得できた場合にはさらに教育訓練経費の20%(上限は在籍1年度あたり16万円)が追加支給されます。また受講開始時に45歳未満で離職している場合などさらに「教育訓練支援給付金」の追加支給もあります。
※本コースの場合一般的な2年間の教育訓練経費として「入学料: 282,000円 受講料: 1,071,600円 合計: 1,353,600円」が対象ですので、事実上の上限はその合計額の60%である812,160円であると考えられます。28年度4月入学の方から適用されますが「入学前一か月までに手続きの必要がある」などの条件も存在します。条件や支給申請の詳細についてはお住まいの地域を管轄するハローワークにご確認ください。

◆こちらもご覧ください