研究紹介

遠山研究室では認知科学(特に協調学習)を基盤としたうえで,学習・ICT活用・熟達化に関わる幅広い研究を行っています.主なテーマは以下の通りです.

プログラミング教育の実践研究

2020年度から使用されている小学校学習指導要領には,授業においてプログラミングを取り入れる方法が例示されています.中学校技術科でのプログラミングも以前より充実しましたし,2022年度からは全ての高校でプログラミングを含む「情報Ⅰ」が必履修化されます.プログラミングでは様々なことができますので,プログラミングを道具として教科の内容を学習するのか,プログラミングそのものを学習するのかによって,設計すべき学習目標や学習活動は変わってきます.また,学習目標に合わせた評価もその都度用意する必要があります.本研究室では,学習者がプログラミングを通じて何を学んだのか,何ができるようになったのかを学習者中心の視点で検討する認知科学的手法を用いながら,プログラミングの実践研究を行います.

ICTを活用した機能的学習環境を実現するための研究

近年ではGIGAスクール等の施策によってICTを活用した学習が注目されるようになりましたが,コンピュータは学びを促すための道具立てとして1980年代頃から注目され,活用が進められてきました.本研究室では,コンピュータを活用した教育に関する認知科学的な先行研究を踏まえたうえで,現代のICTを活用して「機能的学習環境」を構築するための実践研究を行っています.機能的学習環境とは,人がよりよく学ぶことを促すために整えられた場を指すもので,故・三宅なほみ先生が提唱された考え方です.人がICTに合わせるのではなく,ICTが人の賢さを引き出して伸ばすような活用方法を整理していきます.この際,ICTのユーザビリティについても検討を行います.

身体動作の熟達化研究

人が何かをできるようになっていく過程には長い時間がかかります.また,何かができるようになるまでの過程や所要時間は人によって多様です.上手な人の動作を真似してできるようになる場合もあれば,他の人の動作を見ないで自分の中でじっくり進めるほうがうまくいく場合もあります.このことは何かを学ぶ場合も,何かの身体動作ができるようになる場合も,どちらにも通じます.このうち本研究室では,逆上がりなどの身体動作を練習する長期の過程を対象とした研究を進めています.協調的な練習の効果や,OpenPoseなどの解析結果をフィードバックすることの効果など,多面的な切り口で研究を進めています.