ESD・国際化推進部門

地域の課題と大学の知をつなげる

当部門では、「生物圏」、「社会」、「経済」各分野における課題を俯瞰的に捉え、その関係性を明らかにしながら、
各セクターでの意識改革を促し、多様性・相互性・有限性・公平性・連携性・責任性を持ちながら課題を解決することができる人材育成(グローバルシチズンシップ)をめざしています。

所属スタッフ

部門長 田宮 縁
スタッフ 安冨 勇希

 

センタープロジェクト

ESDを基軸とした質の高い幼児教育の推進と学校種間の接続 〜幼児教育の原理・理念からのESDへの提言〜
責任者 田宮 縁
研究概要 本事業は、ESD・国際化ふじのくにコンソーシアムを母体として、多セクター連携によるSDGs達成の中核的な担い手となる教師教育の推進を目的としている。
3年目となる令和3年度は、過去2年の知見を幼児教育の原理・理念から省察し、質の高い幼児教育と学校種間の接続についてのまとめの年と位置付けている。主たる事業は、以下の2つである。

  1. 「全国幼児教育ESDフォーラム2021」の開催
    幼児教育分野におけるユネスコスクールやASPUnivNet加盟大学との連携強化を目的とした交流会と、「ESDを基軸とした質の高い幼児教育の推進と学校種間の接続」の成果報告を行う。
  2. 教材開発「SDGsデジタル絵本プロジェクト2021」の展開
    「ワンヘルス」という概念も取り入れ普及啓発を図る。
    上記に加え、幼児教育分野から発達段階に応じた多セクター連携によるSDGsの達成について、全国へ発信し、普及啓発の強化を図る。また、事業全体を通して、コンソーシアム構成団体との関係性を深めるとともに、持続可能なコンソーシアム事業について模索する。
関連するゴール

 

発達段階に応じたSDGs普及啓発プログラムの開発と普及に関する実践的研究
責任者 田宮 縁
研究概要 本研究では、SDGs普及啓発活動の狭間となっている年齢層(幼児・低学年児童、および20〜30代)とSDGsの普及啓発活動および推進の実施が可能な退職前後の世代を対象に、幼児、低学年児童を対象とした啓発ツールの開発と検証、幼児の保護者(20〜30代)を対象とした体験型啓発プログラムの企画と検証、市民リーダーの育成に資する研修会の企画と検証を行う。
関連するゴール

 

外国籍市民との共生社会の実現へ向けた学際的・実証的研究
責任者 安冨 勇希
滑田 明暢
研究概要 少子高齢化の進む日本社会において、外国籍市民の存在はより重要な位置を占めるようになっている。同じ社会で暮らしている個々人が国籍に関わりなく社会参画できる状況があることで、その個々人がより快適に暮らすことができる状況が作り出されることが展望される。そのため、これまで日本社会において、外国籍市民が自らのプロジェクトを実現し地域社会に貢献しているケースについて聞き取り調査を行うことによって、外国籍市民が積極的に社会参画できるのはどのようなときかを明らかにする。その際は、その経緯と要因の特定を試みるだけでなく、どのような日本人市民との協働があり、その協働の影響はどのようなものであったのかを明らかにすることを試みる。
関連するゴール