コンテンツへスキップ

学生向け情報

研究室選びの際の参考にしてください。

1.植田研で大事にしていること

研究にはいろいろなステージがあります。

1.研究目的を考える。

2.目的実現のためにどのような化合物を設計するか。

3.どのようにして化合物を合成するか。

4.実際に化合物を合成し、その構造を解明する。

5.得られた化合物はどのような性質を示すのかを明らかにする。

6.明らかとなった性質はどのような意味を持つのか。

その中で、植田が最も好きなことが「実際に化合物をつくる」ことで、次に好きなことが「化合物の設計」です。

世の中にこれまで存在しなかった化合物を世界ではじめて作り出すことは歴史を刻む(歴史に名を残す)ことです。研究の色々なステージで感じる面白さ、楽しさを大事にして研究を進めます。

また、長い間研究を続けていると、予想外の研究結果が得られることがあります。予想外の研究結果は新しい科学の分野を切り開くことになります。そのような想定外の結果を丹念に調べていくことを大事にしています。

 

2.植田研に向いている人

・手を動かして物を作るのが好きな人→有機化合物の合成が楽しめます

・測定装置を使ったデータ収集や解析が好きな人→材料の性質の評価で力を発揮できます

・チャレンジ精神旺盛な人→世界で初めてのことが実現できます

 

3.植田研の目指すこと

究極の目標は、有機化合物を使って分子デバイスさらには分子コンピュータを作ることです。分子コンピュータは以下のデバイスから構成されます。

  1. i) 情報を記録する(メモリ)
  2. ii) 情報を伝達する(配線)
  3. iii)   情報を処理する(CPU)

そこで植田研では、上記の各項目を個別に実現した後、これらを組み合わせて最終目標に向かうことにしています。

4.最近の研究テーマ

・近赤外光吸収材料の開発(情報伝達)

・ナノサイズの空孔を持つ有機結晶の開発(情報記録)