渡邊 将己

渡邊 将己 (Masaki Watanabe)


趣味:テニス・バスフィッシング

研究テーマ
・多重化回路実装におけるソフトエラー耐性の評価

経歴

2011年4月 兵庫県立淡路三原高等学校 入学
2014年3月 兵庫県立淡路三原高等学校 卒業
2014年4月 国立大学法人静岡大学工学部電気電子工学科 入学
2018年3月 国立大学法人静岡大学工学部電気電子工学科 卒業
2018年4月 国立大学法人静岡大学大学院総合科学技術研究科工学専攻電気電子工学コース 入学

資格

業績
表彰

国際学会

  1. Masaki Watanabe,  Minoru Watanabe, “Many modular redundancy implementation on CPLD,” Fukushima Research Conference “Radiation Hardness and Smartness in Remote Technology for Nuclear Decommissioning”, p. ***, Fukushima, Japan, Nov., 2018.

国内学会

  1. 渡邊将己,渡邊 実,「 多重化回路実装におけるソフトエラー耐性の評価」,
    第62回宇宙科学技術連合講演会,pp.***-***,久留米シティプラザ,10月24日~10月26日,2018.
  2. 渡邊 将己,旗持 卓美,渡邊 実,「水晶振動子を用いた発振回路の放射線耐性」,
    日本原子力学会 2019年秋の大会,富山大学五福キャンパス,9月13日,2019.

所属学会