数学セミナー2021年12月号の特集=この数が面白い!のひとつ「$\aleph_1$」を担当しました。その記事では $\aleph_1$ と,サイズ $\aleph_1$ の数学的構造の代表格である,ハウスドルフ・ギャップを紹介しました。紙数に限りがあったため,ハウスドルフ・ギャップの構成を記事に盛り込めませんでした。数学セミナー2021年12月号を購入され,ハウスドルフ・ギャップに興味を持ち,このウェブサイトを見つけた方は続きの原稿をお楽しみいただけます。