研究成果

2022年(1月以降、旧所属でのものも含む)
【論文(査読あり)】
[1] Arisa Magi, Masanori Koshimizu, Atsushi Sato, Yutaka Fujimoto, Shunji Kishimoto, Takayuki Yanagida, Keisuke Asai, “Development of plastic scintillators loaded with perovskite quantum dots”, Jpn. J. Appl. Phys. 61 (2022) SB1036.
https://doi.org/10.35848/1347-4065/ac19fe
[2] Hiroki Kawamoto, Ichiro Kawamura, Hajime Komiya, Masanori Koshimizu, Yutaka Fujimoto, Keisuke Asai, “Elucidation of electron and hole transfer at high temperature in Ag-doped Na and Al phosphate glasses”, Jpn. J. Appl. Phys. 62 (2022) SB1026.
https://doi.org/10.35848/1347-4065/ac2626
[3] Hajime Komiya, Ichiro Kawamura, Hiroki Kawamoto, Yutaka Fujimoto, Masanori Koshimizu, Go Okada, Yusuke Koba, Genichiro Wakabayashi, Keisuke Asai, “Thermoluminescence properties of Ca2B2O5:Dy ceramics for neutron measurement”, Jpn. J. Appl. Phys. 62 (2022) SB1007.
https://doi.org/10.35848/1347-4065/ac305c
[4] Ritsuha Tanaka, Masanori Koshimizu, Ichiro Kawamura, Yutaka Fujimoto, Keisuke Asai, “Development of organic dosimeters based on fluorescence of radiation reaction products of coumarin-3-carboxylicacid”, J. Mater. Sci. Electron. 33 (2022) 3938.
https://doi.org/10.1007/s10854-021-07588-6
[5] Masanori Koshimizu, Satoshi Kurashima, Atsushi Kimura, Mitsumasa Taguchi, Takayuki Yanagida, Yutaka Fujimoto, Keisuke Asai, “Excitation density effects on scintillation dynamics of CdWO4”, Sensors and Mater. 34 (2022) 634.
https://doi.org/10.18494/SAM3694
[6] Yutaka Fujimoto, Daisuke Nakauchi, Takayuki Yanagida, Masanori Koshimizu, and Keisuke Asai, “New Intrinsic Fast Scintillator: Cesium Praseodymium Chloride”, Sensors and Mater. 34 (2022) 629.
https://doi.org/10.18494/SAM3693
[7] Hirokazu Masai, Yuka Yanagida, Hiroki Kawamoto, Yasuhiro Koguchi, Masanori Koshimizu, and Masato Yamawaki, “Positron-induced Radiophotoluminescence in Ag-doped Glasses”, Sensors and Mater. 34 (2022) 699.
https://doi.org/10.18494/SAM3688
[8] Kohei Mizoi, Yutaka Fujimoto, Daisuke Nakauchi, Masanori Koshimizu, Takayuki Yanagida, Keisuke Asai, “Evaluation of photoluminescence and scintillation properties of Yb2+-doped CsMX3 (M = Ca, Sr; X = Cl, Br) crystals”, J. Lumin. 245 (2022) 118797.
https://doi.org/10.1016/j.jlumin.2022.118797
[9] Yuma Takebuchi, Masanori Koshimizu, Takumi Kato, Daisuke Nakauchi, Noriaki Kawaguchi, and Takayuki Yanagida, “Effect of Tm Doping on Thermally Stimulated Luminescence Properties of MgAl2O4 Single Crystals”, Radiation Physics and Chemistry, 197 (2022) 110180.
https://doi.org/10.1016/j.radphyschem.2022.110180
[10] Atsushi Sato, Masanori Koshimizu, Yutaka Fujimoto, Shusuke Komatsuzaki, Shunji Kishimoto, and Keisuke Asai, “Novel class of organic crystal scintillators based on aggregation-induced emission”, Mater. Chem. Front. in press.

【論文(査読なし)】

【著書】
[1] Masanori Koshimizu, “Organic Scintillators”, T. Yanagida and M. Koshimizu (Eds.), Phosphors for Radiation Detectors, Wiley Series in Materials for Electronic & Optoelectronic Applications, John Wiley & Sons Ltd (2021), 39-66.

【解説文】

【受賞(共著含む)】
[1] 川本 弘樹、研究会奨励賞、「電子スピン共鳴分光法及びSmakulaの式に基づく銀添加リン酸塩ガラス中の銀クラスター及び2価の銀の定量」、(川本 弘樹,越水 正典,正井 博和,藤本 裕,浅井 圭介)、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[2] 渡邊晶斗、研究会奨励賞、「中性子検出器への応用を企図した6Li添加液体シンチレータの開発および発光機構の解明」、(渡邊晶斗,越水正典,藤本裕,浅井圭介)、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[3] 小宮基、Complimentary Registration Award、”Thermoluminescence properties of Sr2B2O5:Eu ceramics for neutron dosimetry”、(Hajime Komiya, Hiroki Kawamoto, Yutaka Fujimoto, Masanori Koshimizu, Go Okada, Yusuke Koba, Genichiro Wakabayashi, Mitsuhiro Nogami, Keitaro Hitomi, Kenichi Watanabe, Takayuki Yanagida, Keisuke Asai)、46th International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites (ICACC2022), 2022年1月24~28日, online.

【国際会議】
[1] Hajime Komiya, Hiroki Kawamoto, Yutaka Fujimoto, Masanori Koshimizu, Go Okada, Yusuke Koba, Genichiro Wakabayashi, Mitsuhiro Nogami, Keitaro Hitomi, Kenichi Watanabe, Takayuki Yanagida, Keisuke Asai, “Thermoluminescence properties of Sr2B2O5:Eu ceramics for neutron dosimetry”, 46th International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites (ICACC2022), 2022年1月24~28日, online.

【国内学会】
[1] 渡邊晶斗,越水正典,横哲,成基明,笘居高明,阿尻雅文,林大和,藤本裕,浅井圭介、「二重β崩壊探索実験用液体シンチレータへの分散性の向上を企図した二種分子修飾 ZrO2ナノ粒子の合成」、第60回セラミックス基礎科学討論会、2022年1月8~9日、熊本大学、熊本.
[2] 佐藤敦史,越水正典,渡邊晶斗, 藤本裕,岸本俊二,浅井圭介、「ゾルゲル法を用いて創製した HfxSi1-xO2粒子添加 PVK プラスチックシンチレータのX線検出特性」、第60回セラミックス基礎科学討論会、2022年1月8~9日、熊本大学、熊本.
[3] 越水正典,藤本裕,浅井圭介、「ゾルゲル法を用いた Ce 添加 GAGG ナノ粒子シンチレータの開発」、第60回セラミックス基礎科学討論会、2022年1月8~9日、熊本大学、熊本.
[4] 溝井航平,藤本裕,中内大介,越水正典,柳田健之,浅井圭介、「Yb2+ 添加ハロゲン化物結晶における光学およびシンチレーション特性に及ぼす対称性および配位子の影響」、第60回セラミックス基礎科学討論会、2022年1月8~9日、熊本大学、熊本.
[5] 小宮基,川本弘樹,藤本裕,越水正典,岡田豪,古場裕介,若林源一郎,浅井圭介、「 新規中性子計測素子開発を企図した LiCaBO3:Tm の熱蛍光特性評価」、第60回セラミックス基礎科学討論会、2022年1月8~9日、熊本大学、熊本.
[6] 川本弘樹,越水正典,藤本裕,浅井圭介、「放射線により形成される銀添加リン酸塩ガラス中のAg2+及びAg2+の電子スピン共鳴分光法による定量」、第60回セラミックス基礎科学討論会、2022年1月8~9日、熊本大学、熊本.
[7] 溝井航平,藤本裕,中内大介,越水正典,柳田健之,浅井圭介、「パルス計数測定を企図したYb2+添加金属ハロゲン化物結晶シンチレータの開発」、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[8] 川本弘樹,越水正典,正井博和,藤本裕,浅井圭介、「電子スピン共鳴分光法及びSmakulaの式に基づく銀添加リン酸塩ガラス中の銀クラスター及び2価の銀の定量」、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[9] 渡邊晶斗,越水正典,藤本裕,浅井圭介、「中性子検出器への応用を企図した6Li添加液体シンチレータの開発および発光機構の解明」、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[10] 小宮基、川本弘樹、藤本裕、越水正典、岡田豪、古場裕介、若林源一郎、浅井圭介、「新規中性子計測素子開発を企図したLiCaBO3:Tm焼結体の熱蛍光特性評価」、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[11] 藤本裕、越水正典、浅井圭介、「ハロゲン化物シンチレータ材料探索の効率化と低コスト化に向けた溶媒蒸発法の検討」、第36回研究会「放射線検出器とその応用」、2022年1月24~26日、オンライン.
[12] 藤本裕、越水正典、浅井圭介、「低温溶液からのハロゲン化物結晶育成」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢.
[13] 川本弘樹、越水正典、正井博和、藤本裕、浅井圭介、「ガラスバッジ中の放射線により形成される発光中心濃度の定量」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[14] 越水正典、藤本裕、浅井圭介、「Ce添加GAGGナノ粒子シンチレータの特性の組成および焼成温度依存性」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[15] 中林 優輔、藤本 裕、越水 正典、浅井 圭介、「Al(PO3)3-NaPO3-CeBr3ガラスの蛍光およびシンチレーション特性」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[16] 藤本裕, 岡田豪, 柳田健之, 川本弘樹, 越水正典, 浅井圭介、「NaCl:Yb結晶におけるラジオフォトルミネッセンス」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[17] 遠藤 寿弥,越水 正典,藤本 裕,浅井 圭介、「光酸発生剤添加によるLCV含有ラジオクロミック材料の増感」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[18] 小宮 基、川本 弘樹、藤本 裕、越水 正典、岡田 豪、古場 裕介、若林 源一郎、浅井 圭介、「新規中性子計測素子開発を企図したTm添加 LiCaBO3の熱蛍光特性評価」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
. [19] 山口 寛人、小宮 基、川本 弘樹、藤本 裕、越水 正典、若林 源一郎、浅井 圭介、「Dy3+添加りん酸リチウムガラスの中性子照射後の熱蛍光特性」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[20] 小松崎 崇介、越水 正典、藤本 裕、浅井 圭介、「LaPO4:Prナノ粒子含有PVKベースプラスチックシンチレータにおける高エネルギー光子検出特性」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[21] 越水正典、室屋裕佐、野上光博、人見啓太朗、藤本 裕、浅井 圭介、「TlBr結晶の過渡吸収分光:2次再結合の速度論」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[22] 柳田健之, 越水正典, 加藤, 中内大介, 河口範明、「Al-Ga比を変えた無添加 GAGG シンチレータの真空紫外分光」、応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 第5回研究会(兼 第21回次世代先端光科学研究会)、2022年3月7~8日、伊勢シティホテル、伊勢.
[23] 越水正典、藤本裕、浅井圭介、「Ce:GAGG ナノ粒子シンチレータにおけるシンチレーション収率の Ce 濃度および焼成温度依存性」、セラミックス協会2022年年会、2022年3月10~12日、オンライン.
[24] 川本弘樹、越水正典、正井博和、藤本裕、浅井圭介、「電子スピン共鳴及び Smakula の式に基づく銀添加リン酸塩ガラスへの放射線照射により形成される銀イオン形成量の定量」、セラミックス協会2022年年会、2022年3月10~12日、オンライン.
[25] 渡邊晶斗、越水正典、横哲、成基明、笘居高明、阿尻雅文、林大和、藤本裕、浅井圭介、「二重 β 崩壊探索実験用液体シンチレータの開発に向けた 二種分子修飾 ZrO2ナノ粒子の合成」、セラミックス協会2022年年会、2022年3月10~12日、オンライン.
[26] 正井博和、 川本弘樹、越水正典、丸山伸伍、松本祐司、 瀬戸山寛之、 溝口照康、「XANES を用いた銀添加リン酸塩ガラス中の銀の価数評価」、セラミックス協会2022年年会、2022年3月10~12日、オンライン.
[27] 藤本裕、越水正典、浅井圭介、「貧溶媒添加法により合成した三元系ヨウ化物結晶シンチレータの研究」、セラミックス協会2022年年会、2022年3月10~12日、オンライン.
[28] (招待講演)越水正典、「有機シンチレータの分光と改良研究」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[29] 中村優輔、藤本裕、越水正典、浅井圭介、「リン酸塩ガラスシンチレータの開発」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[30] 小宮基、山口寛人、藤本裕、越水正典、浅井圭介、「新規中性子計測素子開発を企図した Tm 添加 Li2CaSiO4 焼結体の熱蛍光特性評価」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[31] 小松崎崇介、越水正典、渡邊晶斗、佐藤敦史、横哲、成基明、苫居高明、阿尻雅文、藤本裕、岸本俊二、浅井圭介、「表面修飾Bi2O3ナノ粒子添加プラスチックシンチレータの作製と高エネルギー光子検出特性」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[32] 渡邊晶斗、越水正典、藤本裕、浅井圭介、「高発光性中性子検出器開発を企図したサリチル酸6Li添加液体シンチレータの材料設計」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[33] 遠藤寿弥、越水正典、藤本裕、浅井圭介、「ロイコ色素を用いた新規ラジオクロミック材料の開発」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[34] 佐藤敦史、越水正典、藤本裕、浅井圭介、柳田健之、「有機EL高分子のプラスチックシンチレータへの応用に向けたポリフルオレン系高分子のシンチレーション特性評価」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[35] 山口寛人、小宮基、藤本裕、越水正典、浅井圭介、若林源一郎、「中性子検出用リチウムホウ酸塩ガラス及びリチウムリン酸塩ガラスの熱蛍光特性」、第14回日本セラミックス協会MFD研究会、2022年3月14~15日、沖縄.
[36](招待講演)越水正典、「シンチレーション等での基礎過程」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[37] 越水正典、小宮 基、 古場 裕介、 藤本 裕、 浅井 圭介、「Ca2B2O5 :Dyの熱蛍光のLET依存性」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[38] 越水正典、 野上光博、 人見啓太朗、 室屋裕佐、 藤本裕、 浅井圭介、「過渡吸収で観測したTlBrの電荷再結合ダイナミクス」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[39] 藤本裕、越水正典、浅井圭介、「溶媒蒸発法により合成したA2CuBr3 (A = K, Rb, Cs)結晶の蛍光及びシンチレーション特性」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原..
[40] 藤本裕、 越水正典、 渡辺賢一、宮本晃男、浅井圭介、「YAl3(BO3 )4単結晶の光学及びシンチレーション特性」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[41] 川本弘樹、 越水正典、 藤本裕、 正井博和、浅井圭介、「銀添加リン酸塩ガラス中における高温での電子及び正孔の挙動の銀濃度依存性」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[42] 川本弘樹、河村一朗、 越水正典、 古場裕介、 藤本裕、浅井圭介、「メチルビオローゲン含有ポリビニルアルコール-ホウ酸の粒子線照射によるラジオクロミズム」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[43] 小宮基、 川本弘樹、 藤本裕、 越水正典、 岡田豪、 古場裕介、 若林源一郎、浅井圭介、「新規中性子計測素子開発を企図したTm添加LiCaBO3焼結体の熱蛍光特性評価」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原..
[44] 溝井航平、藤本裕、中内大介、越水正典、柳田健之、浅井圭介、「Yb2+添加ハロゲン化物結晶シンチレータの開発とスピン許容および禁制遷移発光挙動に及ぼす対称性および配位子の影響の調査」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[45] 渡邊晶斗、越水正典、 横哲、 成基明、 笘居高明、 阿尻雅文、 林大和、 藤本裕、浅井圭介、「ZrO2ナノ粒子装荷液体シンチレータにおけるナノ粒子の分散濃度向上を企図した修飾剤の仕込み比検討」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原..
[46] 渡邊晶斗、佐藤敦史、越水正典、 藤本裕、浅井圭介、「凝集誘起発光特性を示すテトラフェニルエチレン結晶シンチレータの開発」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[47] 小松崎崇介、渡邊晶斗、 佐藤敦史、 越水正典、 横哲、 成基明、 笘居高明、 阿尻雅文、 岸本俊二、 藤本裕、浅井圭介、「PSとPVKを母材としたプラスチックシンチレータの開発と混合比率の影響」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[48] 佐藤敦史、越水正典、 藤本裕、 小松崎崇介、 岸本俊二、浅井圭介、「凝集誘起発光分子添加プラスチックシンチレータの開発」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[49] 佐藤敦史、 越水正典、 藤本裕、 柳田健之、浅井圭介、「有機 EL 材料に用いられるポリフルオレン系高分子の放射線誘起蛍光特性」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[50] 遠藤寿弥、 越水正典、 藤本裕、浅井圭介、「光酸発生剤添加による機能性色素添加PMMA膜の放射線感受性向上」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[51] 遠藤寿弥、 越水正典、 藤本裕、浅井圭介、「光酸発生剤添加によるLCV添加PMMA膜の放射線感受性向上」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[52] 中林優輔、藤本裕、越水正典、浅井圭介、「Al(PO3 )3-NaPO3-CeCl3ガラスのシンチレーション特性」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[53] 山口寛人、 小宮基、 川本弘樹、 藤本裕、 越水正典、 若林源一郎、浅井圭介、「中性子線照射によるSm3+添加Li2O-Al2O3-B2O3ガラスの熱蛍光」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[54] 川本弘樹、 越水正典、正井博和、藤本裕、浅井圭介、「2つの手法による銀添加リン酸塩ガラスにおけるラジオフォトルミネッセンス中心形成量の定量」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[55] 藤本裕、越水正典、浅井圭介、「シンチレータの熱失活評価を企図したX線音響計測技術の研究」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.
[56] 正井博和、 川本弘樹、 越水正典、 丸山伸伍、 松本祐司、 瀬戸山寛之、 溝口照康、「銀添加リン酸塩ガラスにおけるラジオフォトルミネッセンス」、第69回応用物理学会春季学術講演会、2022年3月22~26日、相模原.