施設のご紹介

高柳記念未来技術創造館について

概要

旧高柳記念館は、「高柳健次郎先生の偉業を偲びテレビジョン発祥の地を記念する」ため、昭和36年9月に設立されました。平成19年11月、これを高柳記念未来技術創造館に衣替えし、高柳健次郎先生の偉業に加え、テレビジョンの社会(産業界)への波及効果についての 具体例などを展示しております。さらに、時代を創る技術開発によりマスコミに取り上げられた卒業生、および性能・サイズ・生産量などで世界一といわれる部品や製品、企業の紹介、学内で取り組んでいる最新技術や未来技術などを紹介・展示しています。なお、本館は30kWの太陽光発電を備え、断熱性に優れた構造を取り入れるなどエコロジーに考慮した施設となっています。


高柳記念未来技術創造館全景

未来技術創造館は、「ものづくり」や科学技術への関心を高めるために市民や小中高生の見学場所として開放するとともに、講演会・交流会をはじめ、企画展やイベントなども実施します。また、一階は、産学のコミュニケーションサロンとして学外の方(企業や卒業生など)も利用していただくことができます。

なお、本館は同窓会、企業の皆様のご理解、ご協力のもと高柳記念未来技術創造拠点形成事業の一環としてリニューアルいたしました

高柳記念未来技術創造拠点形成事業

本事業は、本学の大先輩である高柳健次郎先生(1899~1990)が、大正15年12月「イ」の字をブラウン管に映し出すことに成功してから平成18 年に80周年を迎えた機会に、本学が日本の科学技術の進展に貢献するため、新たな決意を持って邁進することを誓うものです。

高柳健次郎先生は、浜松高等工業学校(静岡大学工学部の前身)の関口壮吉初代校長の薫陶を得て、世界に先駆けてテレビジョンの開発に成功しました。ま た、見学の理念とした「自由啓発」の下で学んだ多くの卒業生は、技術者として日本の「ものづくり」技術の発展に貢献して参りました。今日の情報社会の基礎 となったといっても、過言ではありません。

本事業は、高柳記念未来技術創造館に高柳健次郎先生の偉業および卒業生の功績を顕彰し、学生は「自由啓発」によって培われた歴史と伝統を学び・継承する こと、教職員は歴史の原点に戻り、創造的な若者の育成と社会に役立つ革新的な科学技術研究を行うことを目的としております。また、科学技術に対する社会の 関心と理解を高めるため、この未来技術創造館を広く公開していくこととしています。

この事業に賛同し、多数の企業、卒業生、個人及び教職員の皆様方からご寄付を賜り誠にありがとうございました。ご協力いただいた皆様に、心からお礼申し上げます。

平成19年11月10日

静岡大学長(当時) 興 直孝

開館時間

10:00 ~ 16:00(12:30〜13:30 お昼休館)

休館日

静岡大学の休業日(土日祝日、年末年始等)、館長が定める日(入試日、館内整備日など)

閲覧料

無料(原則どなたでも閲覧いただけます)

交通案内(浜松キャンパスです。ご注意ください)

JR浜松駅北口バスターミナル15番、16番のりばから全路線 乗車約20分「静岡大学前」下車
自動車の場合は、国道257号線沿いです。浜松および浜松西インターから大学までの案内板を設置しています。ナビでは「静岡大学工学部」と指定してください。
お手数ですが、いずれの場合も正門入り口「守衛所」にお立ち寄りくださいますよう御願いいたします。キャンパス内はこちらの詳細図をご覧ください。

※静岡大学のキャンパス内は全て【敷地内禁煙】です。

お問い合わせ

電話: 053-478-1402(浜松キャンパスからは内線1402、静岡キャンパスからは内線9-1402)
メール: tmh@shizuoka.ac.jp
担当の加瀬(助教)または青木(教授)までご連絡ください。

ラウンジのご利用について
コロナウィルス感染症対策のため当面の間一般利用を中止しています(以下参考)

1Fラウンジ

1Fラウンジを、講演会、懇親会、卒業生・来学者などの歓談等の場所としてご利用いただけます。ご利用の際には受付までお申し付けください。

ご利用可能時間は、開館時間と同じ10:00〜16:00で12:30〜13:30はお昼休館のため利用できません。貸し切り利用・カウンター設備・AV設備等のには相当の理由と許可が必要です。
1階ラウンジでは無線LANが利用できます。学外回線ですので学外からのお客様もご利用いただけます。ご利用の際は受付までお申し付け下さい。

学内の方で、研究会懇親会等でラウンジ貸切または時間外で利用されたい方、休館日・時間外に見学をご希望の方は受付スタッフまでご連絡ください。なお、学外の方、学生の方は学内教職員を通じてお問い合わせください。小規模運営のため必ずしもご希望のお応えできるとは限りません。
ラウンジは1研究室/サークル単位ではお貸ししておりません。また、開館時間内(準備時間も含む)の飲食を伴う会合もご遠慮いただいております。 申し訳ございませんが、よろしくご理解を御願いします。
閉館時間後の懇親会、パーティー等では酒類を含む御飲食も可能です。ただしケータリング、飲み物等の業者の斡旋はしておりませんので各自ご手配ください。なお、これまでの利用実績のある業者の紹介は出来ますのでお問い合わせください。20歳未満の学生等が参加する会合では20歳以上の方へも酒類の提供は原則禁止とさせて頂きます。
利用時のゴミ、清掃などは利用者でお願いしております。酷い場合には清掃代金のご請求をさせていただく場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

(静岡大学高柳記念未来技術創造館使用要領第2条抜粋)高柳記念未来技術創造館を使用することが出来る者は、静岡大学の役員、教職員、卒業生及び修了生並びに館長(静岡大学高柳記念未来技術創造館規定第4条第1項に定める館長をいう)が認めた者とする。

(静岡大学高柳記念未来技術創造館使用要領第3条抜粋)使用責任者を定め、原則として使用日の2ヶ月前から1週間前までの間に、別に定める使用許可願いを館長に提出し、その許可を得てください。時間単位で使用するものとし、1日を超えて使用することはできません。ただし、館長がやむを得ない理由があると認めた場合はこの限りではありません。

パンフレット・各種資料

各種情報を掲載予定です。

ご注意

いずれの場合も、原則営利団体や営利を伴う事業へはお貸しできず、また、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力又は団体の影響を受けている場合は利用は見学・ラウンジ使用を含めて一切利用・入館出来ません。もし気づかずに利用許可をした場合でもいつでも取り消しが可能とし、これに伴う一切の損害賠償請求にも応じません。