Carbon sequestration

Carbon sequestration in coastal sediments via in situ capping with steel slag
“鉄鋼スラグ干潟の炭素固定メカニズムの解明とその量の推算”
K Kim*, S Nakashita, U Sholikah, Y Doida, T Hibino
Journal of Cleaner Production (2024) 468, 143053. [link]
Funded by KAKENHI WAKATE 2024 and Steel Foundation for Environmental Protection Technology 2022

有機泥の酸化還元 (電子の脱着) 反応に伴う有機物の易分解性, 難分解性化
坂井友亮, 古川大登, K Kim, 日比野忠史.
土木学会論文集B2 (海岸工学) (2023) 79 (17).
鉄鋼環境基金(2022年度)
河岸干潟に流入する脂肪酸の堆積特性-石炭灰造粒物による脂肪酸の固定
土居田祐希, K Kim, 河内友一, 日比野忠史.
土木学会論文集B3(海洋開発) (2023) 79 (18).
カーボンニュートラル港の実現に向けたカーボンネガティブ資源の活用
古川大登, 坂井友亮, K Kim, 林雄介, 日比野忠史.
土木学会論文集B3(海洋開発) (2023) 79 (18).
鉄鋼環境基金(2022年度)
礫材を用いた人工干潟における生物活動が固定する炭素量の定量
弓岡亮太, 田多一史, 河内友一, K Kim, 日比野忠史.
土木学会論文集 B2 (海岸工学) (2022) 78 (2), 793-798.