研究業績

【2018年度】

論文

[1] Chika Nozaki Kato, Shunpei Nagatani,Takayuki Mizuno, “Synthesis, Characterization, and Stability of α-Keggin-type Polyoxotungstate-coordinated Mono-platinum(II) Complex”, European Journal of Inorganic Chemistry, in press (2018).

[2]  Chika Nozaki Kato, Shunsaku Suzuki, Takayuki Mizuno, Yuki Ihara, Akihiro Kurihara, and Shunpei Nagatani, “Syntheses and Characterization of α-Keggin- and α2-Dawson-type Diplatinum(II)-coordinated Polyoxotungstates: Effects of Skeletal Structure, Internal Element, and Nitrogen-containing Ligand Coordinated to the Platinum Center for Hydrogen Production from Water under Light Irradiation”, Catalysis Today, in press (2018).

特許

[1] ポリオキソメタレート化合物及びその製造方法、ポリオキソメタレート化合物の焼成体、並びに、反応触媒、特願2018-127351 (2018年7月4日)

学会発表

[1] 水野貴之・鈴木俊作・加藤知香, “シスプラチンを出発錯体とした単核白金種配位ケギン型ポリオキソメタレートの合成と光触媒特性”, 第122回触媒討論会

[2] 長谷俊平・鈴木俊作・加藤知香, “ジメチルピペラジン白金(II)種配位ケギン型ポリオキソメタレートの合成と光照射下での水からの水素製造”, 第122回触媒討論会

[3] 近藤茜里・鈴木俊作・加藤咲衣・加藤知香, “種々有機ジルコニウム種担持アルミニウム置換ポリオキソメタレートを固体触媒に用いたMeerwein-Ponndorf-Verley還元”, 第122回触媒討論会

 

2017年度以前の研究業績については、下記URLを参照してください。

https://tdb.shizuoka.ac.jp/RDB/public/Default2.aspx?id=10972&l=0&a=0