研究業績

【2021年度】

論文

[1] Chika Nozaki Kato, Ippo Nakahira, Ryota Kasai, Shigeki Mori, “Syntheses, Molecular Structures, and Countercations-induced Structural Transformation of Monomeric α-Keggin-type Polyoxotungstate-coordinated Mono- and Di-palladium(II) Complexes“, Eur. J. Inorg. Chem., 2021, 1816-1821 (2021).

[2] Chika Nozaki Kato, Toshiya Kubota, Koki Aono, Naoto Ozawa, Two Tungstates Containing Platinum Nanoparticles Prepared by Air-Calcining Keggin-type Polyoxotungstate-Coordinated Diplatinum(II) Complexes: Effect on Sintering-Resistance and Photocatalysis”, Catalysis Letters, in press (2021).

学会発表

[1] 嵩井陵太・中平一歩・加藤知香, “単核および二核パラジウムサイトを有するケギン型ポリオキソメタレートの合成と構造変化, 第71回錯体化学討論会

[2] 飯田拓己・中平一歩・長谷俊平・加藤知香, “単核パラジウム(II)および白金(II)サイトを有するドーソン型ポリオキソメタレートの合成とキャラクタリゼーション”, 第71回錯体化学討論会

[3] 小澤尚斗・栗原秋博・青野剛輝・加藤知香, “ケギン型二核白金種配位ポリオキソメタレートの低温焼成処理による親水性コロイド粒子の形成と光触媒的水素発生”, 第71回錯体化学討論会

[4] 石垣秋斗・水野貴之・加藤知香, “パラジウム-白金バイメタルサイトを有するケギン型ポリオキソメタレートの合成とキャラクタリゼーション”, 第71回錯体化学討論会

【2020年度】

論文

[1] Chika Nozaki Kato, Koki Aono, Akihiro Kurihara, Toshita Kubota, Ryota Kasai, Kosuke Suzuki, “Thermal Treatment of a Keggin-Type Diplatinum(II)-Coordinated Polyoxotungstate: Formation of Hydrophilic Colloidal Particles and Photocatalytic Hydrogen Production“, Eur. J. Inorg. Chem., in press (2020).

学会発表

[1] 久保田稔也・加藤知香, “ケギン型二核白金(Ⅱ)種配位ポリオキソタングステートの焼成処理による白金ナノ粒子の凝集抑制と水からの水素発生に対する光触媒活性, 第126回触媒討論会

特許

[1] ポリオキソメタレート化合物の焼成体、光触媒、及び、ポリオキソメタレート化合物の焼成体を製造する方法、特許第6762601号

【2019年度】

論文

[1] Chika Nozaki Kato, Daichi Kato, Toshifumi Kashiwagi, Shunpei Nagatani, “Synthesis, X-Ray Crystal Structure, and Photochromism of a Sandwich-type Mono-aluminum Complex Composed of Two Tri-lacunary α-Dawson-type Polyoxotungstates
Materials “. Materials, 12, 2383 –  (2019).

著書

[1] Chika Nozaki Kato, “Zirconocene Derivatives having alpha-Keggin-type Mono-Aluminum-coordinated Polyoxometalates: Synthesis, Molecular Structures, and Application to Heterogeneous Catalysts”, Green Science and Technology (SCIENCE PUBLISHERS/CRC PRESS), 215-231 (2019). 

特許

[1] ポリオキソメタレート化合物及びその製造方法、ポリオキソメタレート化合物の焼成体、並びに、反応触媒 [出願番号] PCT/JP2019/026522 (2019年7月3日)

学会発表

[1] 加藤知香, “ポリオキソタングステートを利用した白金ナノ構造の精密制御と高機能化”, 第18回新規素材探索研究会

[2] 久保田稔也・栗原秋博・青野剛輝・加藤知香, “焼成処理によるケギン型二核白金(Ⅱ)種配位ポリオキソメタレートの構造変化と中心元素の影響”, 第124回触媒討論会

[3] 水野貴之・長谷俊平・鈴木俊作・加藤知香, “単核白金サイトを有するケギン型ポリオキソメタレートを出発錯体としたPd-Ptバイメタル化合物の合成と光触媒特性”, 第124回触媒討論会

[4] 中平一歩・長谷俊平・加藤知香, “ジクロロ(N,N’-ジメチルピペラジン)パラジウム(Ⅱ)を出発錯体とした単核パラジウムサイトを有するケギン型ポリオキソメタレートの合成とキャラクタリゼーション”, 錯体化学会第69回討論会

[5] 嵩井陵太・鈴木郁美・中平一歩・加藤知香, “(2, 2’-ビピリジル)ジクロロパラジウム(Ⅱ)を出発錯体とした二核パラジウムサイトを有するケギン型ポリオキソメタレートの合成とキャラクタリゼーション”, 錯体化学会第69回討論会

[6] 飯田拓己・加藤大地・柏木俊郁・長谷俊平・加藤知香, “単核アルミニウムサイトを有するドーソン型ポリオキソメタレートの合成とフォトクロミック特性”, 錯体化学会第69回討論会

[7] 長谷俊平・水野貴之・鈴木俊作・加藤知香, “ジメチルピペラジン白金種配位ケギン型ポリオキソメタレートの合成と分子構造”, 錯体化学会第69回討論会

【2018年度】

論文

[1] Chika Nozaki Kato, Shunpei Nagatani,Takayuki Mizuno, “Synthesis, Characterization, and Stability of α-Keggin-type Polyoxotungstate-coordinated Mono-platinum(II) Complex”, European Journal of Inorganic Chemistry, 517 – 522 (2019).

[2]  Chika Nozaki Kato, Shunsaku Suzuki, Takayuki Mizuno, Yuki Ihara, Akihiro Kurihara, and Shunpei Nagatani, “Syntheses and Characterization of α-Keggin- and α2-Dawson-type Diplatinum(II)-coordinated Polyoxotungstates: Effects of Skeletal Structure, Internal Element, and Nitrogen-containing Ligand Coordinated to the Platinum Center for Hydrogen Production from Water under Light Irradiation”, Catalysis Today, 332, 2 – 10 (2019).

特許

[1] ポリオキソメタレート化合物及びその製造方法、ポリオキソメタレート化合物の焼成体、並びに、反応触媒、特願2018-127351 (2018年7月4日)

学会発表

[1] 水野貴之・鈴木俊作・加藤知香, “シスプラチンを出発錯体とした単核白金種配位ケギン型ポリオキソメタレートの合成と光触媒特性”, 第122回触媒討論会

[2] 長谷俊平・鈴木俊作・加藤知香, “ジメチルピペラジン白金(II)種配位ケギン型ポリオキソメタレートの合成と光照射下での水からの水素製造”, 第122回触媒討論会

[3] 近藤茜里・鈴木俊作・加藤咲衣・加藤知香, “種々有機ジルコニウム種担持アルミニウム置換ポリオキソメタレートを固体触媒に用いたMeerwein-Ponndorf-Verley還元”, 第122回触媒討論会

 

2017年度以前の研究業績については、下記URLを参照してください。

https://tdb.shizuoka.ac.jp/RDB/public/Default2.aspx?id=10972&l=0&a=0