コンテンツへスキップ

最近の講演

 (III) 最近の招待講演やシンポジウム講演 (2000- )

    1. Masahito Yamazaki, "Single GUV Studies on Mode of Action of Antimicrobial Peptides and Cell-Penetrating Peptides  (tentative title)",   2018 Asian Biophysics Association Symposium (Invited Talk), 2-6 Dec., 2018, Melbourne (Australia)
    2. Masahito Yamazaki,  "Mode of Action of Antimicrobial Peptides and Cell-Penetrating Peptides ---Single GUV studies---, on 10 Nov, 2017,  The 2nd International Symposium of Biomedical Engineering, 9-10 Nov, 2017, Multi-Purpose Digital Hall, Tokyo Institute of Technology (Tokyo)
    3. 山崎昌一 「単一巨大リポソーム法を用いたペプチドと脂質膜の相互作用の素過程の研究」(30分)
      2014 年 9 月 3 日 (水)
      ”日本化学会コロイドおよび界面化学討論会 第65回 (招待講演)、”シンポジウム「バイオナノ界面の新潮流」”、東京理科大学神楽坂校舎(新宿)、2014 年 9 月 3 日- 5 日 
    4. 山崎昌一 「静電相互作用が誘起する生体脂質膜のキュービック相の構造転移」
      2014 年 3 月 28 日(金)
      ”第69回 物理学会年会, シンポジウム「膜複合系の構造形成」 (招待講演)、東海大学湘南キャンパス(平塚)、2014 年 3 月 27 日~30 日 
    5. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method for Probing Elementary Processes of Peptide/Protein-Induced Pore Formation in Biomembranes " (20 min Talk + Discussion)
      on 13 Nov. 2013
      The 15th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium, 12-13, Nov. 2013 at Sanaru Hall (Hamamatsu) 
    6. 山崎昌一  「物理視点で見た細胞研究~機能成分の細胞膜透過の観察と評価について~」(90分+30分:講演+議論) (招待講演)
      2013 年 7 月 26 日(金)
      ライオン(株)研究開発本部・機能素材研究所
    7. 山崎昌一  「生体膜の構造・機能・ダイナミクスの解析」(90分:講演+議論)
      2012 年 11 月 29 日(木)
      ”日本化学会・第15回コロイド・界面技術者フォーラム” (招待講演)、KKR 江ノ島ニュー向洋 、2012 年 11月 28 日ー29日 
    8. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method for Probing the Antimicrobial Peptide-Induced Pore Formation in Lipid Membranes" (20 min Talk + 5 min Discussion)
      on 1 Dec. 2011
      1st Annual Symposium of Antimicrobial Research (SAR-2011) (Invited Talk) , 1-3, Dec. 2011 at Beijing International Convention Center (Beijing, China) 
    9. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method for Probing Dynamics and Functions of Biomembranes" (30 min Talk + 10 min Discussion)
      on 13 Nov. 2011                                         
                International ERATO Symposium on Lipid Structures in and around Proteins (IESLSP) (Invited Talk), 11-14, Nov. 2011 at Hotel Hankyu Expo Park (Suita) 
    10. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method Reveals the Peptide/Protein-Induced Pore Formation in Lipid Membranes" (40 min Talk + 20 min Discussion)
      25 Oct. 2011
      International Symposium on Synthesizing Life & Biological Systems (Invited Talk), 24-26, Oct. 2011 at Senri Life Science Center (Toyonaka) 
    11. 山崎昌一  「単一GUV法による抗菌ペプチドのポア形成の研究」(30分講演+10分議論)
      2011 年 5 月 20 日(金)                                                
       ”第29回物性物理化学研究会「膜のダイナミズムと薬物透過:基礎から予測・制御で」” (招待講演)、京都大学薬学部記念講堂 、2011 年 5月 20 日 
    12. 山崎昌一  「外来物質との相互作用による生体膜のトポロジー変化のダイナミクスとメカニズム」(15分講演+5分議論)
      2011 年 1 月 7 日
      ”特定領域「ソフトマター物理」第5回領域研究会、東京大学 弥生講堂・一条ホール、2011 年 1 月 6 日- 8日 
    13. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method Reveals the Antimicrobial Peptide-Induced Pore Formation in Lipid Membranes" (20 min Talk + 5 min Discussion)
      on 25 Oct. 2010 at Beijing International Convention Center
      1st Annual World Congress of NanoMedicine-2010 (NanoMedicine-2010)  (Invited Talk), 23(Sat) -25(Mon), Oct. 2010 at Beijing International Convention Center (Beijing, China) 
    14. Masahito Yamazaki    "Kinetic Pathway of Antimicrobial Peptide Magainin 2-Induced Pore Formation in Lipid Membranes" (50min Talk + 10min Discussion)
      on 24 Aug. 2010 at IPMU Lecture Hall                   ISSP International Workshop on Soft Matter Physics (ISSP/Soft2010)  (Invited Talk), 23(Mon) -27(Fri), Aug. 2010 at Institute for Solid State Physics, University of Tokyo 
    15. 山崎昌一  「生体膜のトポロジー変化のダイナミクスとメカニズム」(30分)
      2010 年 3 月 26 日 (金)
      ”特定領域「ソフトマター物理」-A02班班会議ー
      お茶の水女子大学理学部、2010 年 3 月 26 日 - 27 日
    16. 山崎昌一 「単一GUV法を用いた生体膜の機能・ダイナミクスの解析」
      2010 年 2 月 22 日(月)
      ”大阪大学・大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻 四方研究室セミナー” (招待講演)
    17. 山崎昌一 「単一GUV法を用いた生体膜の機能・ダイナミクスの解析」
      2009 年 12 月 17 日
      ”名古屋大学・応用物理学教室 談話会”
    18. 山崎昌一 「生体膜/脂質膜の生物物理学」(集中講義)
      2009 年 12 月 16 日ー18日
      ”名古屋大学・大学院工学研究科・応用物理学特論”
    19. 山崎昌一  「抗菌ペプチドによる脂質膜中のポア形成の素過程とメカニズム:単一GUV法による研究」(30分講演+10分議論)
      2009 年 11 月 21日
      ”特定領域「ソフトマター物理」第3回公開シンポジウム-非平衡ソフトマター物理学のフロンティア-
      京都大学 ローム記念館&船井哲良記念講堂、2009 年 11 月 20 日- 21日 
    20. Masahito Yamazaki    "Antimicrobial Peptide Magainin 2-Induced Pore Formation in Lipid Membranes: the Single GUV Method Study" (25min + 5min)
      on 10(Thur), Sept. 2009                              International Symposium on Innovative Nanoscience of Supermolecular Motor Proteins Working in Biomembranes (INSMP2009)  (Invited Talk), 8(Tue) -10(Thur), Sept. 2009 at Shiran Kaikan at Kyoto University (Kyoto) 
    21. 山崎昌一  「生体膜のトポロジー変化のダイナミクスー抗菌性ペプチドによるポア形成およびキュービック相とLα相の間の構造転移ー」(1時間)
      2009 年 3月 7日 (土)
      ”東北大学理学研究科グローバルCOE-「物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開」主催,「膜の研究会」 (招待講演)、 東北大学、2009 年 3 月 7 日- 9日 
    22. Masahito Yamazaki    "Peptide/Protein-Induced Pore Formations in Lipid Membranes: the Single GUV Method Study" (30 min)
      on 6 Feb. 2009 (Thurs)
      Asian Core Symposium- Nano and Biomedical Molecular Science   (Invited Talk), 5(Wed) -7(Fri) Feb. 2009 at Okazaki Conference Center (Okazaki) 
    23. 山崎昌一  「単一GUV(巨大リポソーム)法を用いた生体膜のダイナミクスの研究」(30 分)
      2009 年 1 月 31 日 (土)
      ”特定領域「G 蛋白質」「膜輸送複合体」合同若手ワークショップ (招待講演)、 神戸セミナーハウス、2009 年 1 月 29 日- 31日 
    24. Masahito Yamazaki, "Single GUV Method Reveals Interaction of Peptides/Proteins with Lipid Membranes"
      2008 年 12 月 4 日(木)
      ”日本生物物理学会 第46回年会 (招待講演)
      ”シンポジウム「リポソーム戦線」”、福岡国際会議場(福岡)、2008 年 12 月 3 日- 5 日 
    25. 山崎昌一 「単一GUV法を用いた生体膜の構造・機能・ダイナミクスの解析」(2.5時間)
      2008 年 7 月 20 日(日)
      ”生物物理学会夏の学校 分科会 ” (招待講演)、 2008 年 7 月 19 日 ー22 日、八王子セミナーハウス 
    26. 山崎昌一  「外来物質との相互作用や外場による生体膜のトポロジー変化のダイナミクスとメカニズム」(30分)
      2008 年 5 月 16 日
      ”特定領域「ソフトマター物理」-A02班班会議ー
      お茶の水女子大学理学部、2008 年 5 月 16 日 - 17 日
    27. 山崎昌一 「単一GUV法を用いた生体膜のダイナミクスの解析」(30分)
      2008 年 3 月 26 日 (水)
      ”日本薬学会 第128年会 (招待講演)                         ”シンポジウム「膜を知る・膜を超える:生体膜のダイナミクスと膜透過」、パシフィコ横浜(横浜)、2008 年 3 月 26 日- 28 日 
    28. Masahito Yamazaki    "Effect of surface charge density of lipid membranes on the pore formation induced by antimicrobial peptide magainin 2: the single GUV method study" (45 min)
      on 19 Mar. 2008            International Workshop on Physical Phenomena in Multi-Component Membranes    (Invited Talk), 17(Mon) -19(Tue) Mar. 2008 at Tokyo Metropolitan University (Tokyo) 
    29. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method for Probing Structure, Dynamics and Functions of Biomembranes" (25 min)
      on 23 Jan. 2008
      8th International Symposium on Biochemical Roles of Eukaryotic Cell Surface Macromolecules (8th ISCSM)  (Invited Lecture) , 21(Mon) -25(Fri) Jan. 2008 at the Center for Cellular and Molecular Biology (Hyderabad, India) 
    30. 山崎昌一  「人工モデル細胞を用いた生体膜の構造・機能・ダイナミクスの解析」(15 分)
      2007 年 11 月 20 日
      ”メディカルイノベーションフォーラム 2007 Hamamatsu、 静岡大学浜松キャンパス佐鳴会館、2007 年 11 月 20 日
    31. 山崎昌一  「生体膜と物質の相互作用を検出・解析する単一GUV法の開発」(20 分)
      2007 年 10 月 15 日
      ”JST Innovation Bridge 静岡大学研究シーズ発表会
      東京ステーションコンフェレンス(サピアタワー)、2007 年 10 月 15 日
    32. 山崎昌一  「単一GUV法により解明された抗菌性物質による生体膜のトポロジー変化のダイナミクス」(30分)
      2007 年 6 月 21 日
      ”特定領域「ソフトマター物理」-第2回領域研究会ー
      伝国の社(米沢)、2007 年 6 月 21 日 - 23 日
    33. 山崎昌一 「生体膜/脂質膜の構造・機能・ダイナミクスに対する膜界面の役割-生体膜の非2分子膜構造と単一GUV法-」(50分)
      2007 年 1 月 25 日 (木)
      ”特定領域「極微構造反応」-第4回若手勉強会ー「固体表面を利用した生体膜モデル系の構築とその動的構造”(招待講演)、東京大学理学部、2007 年 1 月 25 日 (木)
    34. 山崎昌一  「単一GUV法による抗菌性物質と脂質膜の相互作用の解析」(15 分)
      2006 年 12 月 9 日
      ”特定領域「バイオ操作」-A01班班会議ー
      京都リサーチパーク、2006 年 12 月 9 日
    35. Masahito Yamazaki    "The Single GUV Method for Probing Biomembrane Structure and Function" (20 min)
      Nov.13 (Mon), 2006            EABS (5th East Asia Biophysics Symposium) & BSJ 2006   (Invited Talk)
      Symposium; "New Biomembrane Model Systems -Giant Liposomes and Supported Planar Bilayers - for Probing Biomembrane Structure and Function, and Creation of De Novo Functional Membrane Systems" (Symposium Organiser), 12(Sun) -16(Thurs) Nov. 2006 at Okinawa Convention Center (Okinawa) 
    36. 山崎昌一  「単一GUV法を用いたペプチドやDNAと脂質膜の相互作用の解析」
      2006 年 11 月 9 日
      ”生理学研究所研究会ーゲノム生理学研究会「DNA構造を基盤とするゲノム生理学の展開ーDNA、蛋白質、膜の相互作用」”(招待講演)、岡崎コンファレンスセンター、2006 年 11 月 9 日 - 10 日
    37. 山崎昌一  「単一巨大リポソーム法による生体膜膜界面の物性解析」
      2006 年 10 月 26 日                                                ”第27回表面科学セミナー「生体機能表面の基礎から応用まで」”(招待講演)、東京理科大学 森戸記念館、2006 年 10 月 26 日 - 27 日
    38. 山崎昌一  「生体膜の構造・機能に対する化学物質やペプチドと脂質膜界面の相互作用の効果」
      2006 年 5 月 16 日 (火)                             ”静岡県立大学 環境物質科学専攻・月例セミナー” (招待講演)
    39. 山崎昌一 「生体膜/脂質膜の基礎と単一巨大リポソーム法(the Single GUV Method)を用いた生体膜の研究の新しいアプローチ」
      2005 年 12 月 26 日
      ”第2回「細胞を創る」会議” (招待講演)
      東京大学生産技術研究所, 2005 年 12 月 26 日- 27 日
    40. 山崎昌一 「単一巨大リポソーム法(the Single GUV Method)を用いた生体膜の構造・安定性や機能の研究」
      2005 年 12 月 8 日
      ”東京大学生産技術研究所 竹内研究室 セミナー”
    41. Masahito Yamazaki   "Role of Lipid Membrane Interface on Structure and Stability of Biomembranes --- Giant Liposomes and Cubic Phases ---"
      Oct 19, 2005
      ”Seminar at Dept. Biophysics, Lomonosov Moscow State University, Moscow, Russia” (招待講演)
    42. 山崎昌一 「生体膜/脂質膜の構造・安定性・機能に対する脂質膜界面の分子間相互作用の効果」
      2005 年 8 月 6 日
      ”生物物理学会夏の学校 分科会 ”(招待講演)、2005 年 8 月 5 日 ー8 日、サンパレア瀬戸
    43. 山崎昌一 「脂質膜界面と相互作用するペプチドの生体膜の構造・安定性に対する効果」
      2005 年 7 月 28 日
      ”大阪大学蛋白質研究所セミナー(膜蛋白質調整法の展開と構造・機能解析の最前線”(招待講演)、2005 年 7 月 28 日 ー29 日
    44. 山崎昌一 「生体膜の非2分子層膜構造の安定性に対する静電相互作用の効果」
      2005 年 3 月 10 日
      ”京都大学 基礎物理学研究所 談話会” (招待講演)
    45. Masahito Yamazaki   "Role of Lipid-Membrane Interface on Formation, Stability and Dynamics of Giant Liposome"
      4 March 2005                 ”International Symposium of Molecule-Based Information Transmission and Reception -Application of Membrane Protein Biofunction - (1st MB-ITR2005) ” (招待講演)、 3-7 March 2005 at Okazaki Conference Center (Japan)
    46. Masahito Yamazaki   "Effect of Peptides and Ions Interacting with Electrically-Neutral Membrane Interface on Structure and Phase Stability of Lipid Membranes"
      on 1 Dec. 2004               ”International Workshop on Physics of Soft Matter Complexes ”   (Invited Talk), 29 Nov.- 2 Dec. 2004 at Tokyo Metropolitan University (Japan)               
    47. Masahito Yamazaki   "Mechanical response of single filamin A (ABP-280) molecules and its role in actin cytoskelton"
      25 Nov.2004
      ”The 8th Membrane Research Forum: International Symposium on Nano-mechanobiotechnology of Supramolecular Complexes” (Invited Talk), 23-26 Nov.2004 at Nagoya University (Japan)              
    48.  山崎昌一 「脂質膜の巨大リポソームの生成および構造安定性とその応用」
      2004 年 11 月 9 日
      ”第24回 表面科学講演大会 (招待講演)”、早稲田大学
    49. 山崎昌一   "Mechanical Response of Actin/Filamin A Gel and Giant Liposome Containing the Gel"
      2004 年 1 月 22 日
      ”京都大学理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 吉川研究室 セミナー”
    50. 山崎昌一 「脂質膜界面の分子間相互作用を利用した生体膜の構造・安定性・機能の制御-生体膜のキュービック相と巨大リポソーム-」
      2003 年 12 月 8 日
      ”産業技術総合研究所 人間系特別研究体(大阪) (招待講演)”                                                            
    51. 山崎昌一 「新規設計・合成されたペプチドや糖脂質を用いた生体膜の構造・機能の解析と機能性人工膜の創製」
      2003 年 9 月 23 日
      ”第41回 生物物理学会年会ーポスターセレクションシンポジウム(I.生体膜・人工膜)「新手法を用いた生体膜研究へのアプローチ」”、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター、2003 年 9 月 23 日                                
    52.  山崎昌一 「生体膜の非2分子層膜構造の安定性に対する静電相互作用の効果」
      2003 年 9 月 8 日
      ”第56回 コロイドおよび界面化学討論会 (招待講演)ーシンポジウム「リン脂質の自己組織構造とその機能」(シンポジウムオーガナイザー)”
      徳島大学
    53. 山崎昌一 「生体膜の相転移や巨大リポソームの安定性に対する脂質膜界面の役割」
      2002 年 11 月 29 日
      ”京都大学理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 吉川研究室 セミナー”
    54. 山崎昌一 「脂質膜の分子認識と構造転移」
      2001 年 12 月 13 日
      ”第3回 ナノ反応場とバイオエレクトロニクスインターフェース制御研究会 (招待講演)”
    55. Masahito Yamazaki   "Mechanical Unfolding of a Single ABP-280 detected by AFM"
      19 January 2001
      ”International Symposium of Future of Nanoprobe Technology for Single Molecule and Single Cell Analysis” (招待講演), Tokyo Institute of Technology (Japan)
    56. 山崎昌一 「生体膜の非2分子膜構造の安定性とその相転移」
      2000 年 12 月 21 日
      ”名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 談話会”
    57. 山崎昌一 「生体膜の構造安定性」(集中講義)
      2000 年 12 月 20 日ー22日
      ”名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻(物理系)生物物理学特別講義”
    58. 山崎昌一 「生体膜表面と水の相互作用と非2分子層膜構造の安定化機構」
      1999 年 10 月 3 日
      ”第37回 生物物理学会年会  (招待講演)     ”シンポジウム「脂質分子集合体において出現する非2分子膜構造」(シンポジウムオーガナイザー)”、理化学研究所(和光)、1999 年 10 月 3 日