受賞

2019年8月

松山和馬君が第169回東海高分子研究会講演会で行ったポスター発表「ポリカーボネートに観測される2つの非晶状態」に対して、高分子学会東海支部から優秀ポスター賞が与えられました。

2019年3月

潮明良君と奥田和紀君が修士課程の成績に対して日本化学会東海支部長賞を受賞しました。

石間駿一君と齋木領河君が卒業発表に対してベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

2018年7月

松田靖弘の「ナノファイバー構造によるポリ乳酸ゲルの創製と制御」の研究に対して高分子学会関西支部からヤングサイエンティスト講演賞が与えられました。

2018年3月

中澤昌希君が修士課程の成績に対して日本化学会東海支部長賞を受賞しました。

2017年8月

森島渉太君が第47回第47回繊維学会夏季セミナーで行ったポスター発表「水溶液中でポリエチルオキサゾリンブロック共重合体が形成する会合体における水素結合と疎水性相互作用」に対して、繊維学会からポスター賞が与えられました。

 

2017年5月

松田靖弘が「Renaturation behavior of xanthan with high molar mass and wide molar mass distribution」の研究論文に対し、Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞を受賞しました。

 

松田靖弘の「天然および生体親和性高分子の溶液中で集合体形成とレオロジー特性変化」の研究に対して日本レオロジー学会から奨励賞が与えられました。

2016年11月

芦沢宏樹君が第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会で行った口頭発表「溶媒と複合体結晶を形成するポリ乳酸ゲルのゲル化機構および物性評価」に対して、高分子学会東海支部から高分子優秀学生発表賞が与えられました。

2016年9月

松浦一喜君が157回東海高分子研究会講演会で行ったポスター発表「ポリアクリレートがナノ粒子界面で形成する構造」に対して、高分子学会東海支部から優秀ポスター賞が与えられました。

matsuura201609

2015年6月

松田靖弘の「ナノファイバー界面構造を用いたユニバーサルソルベントゲルの構築」の研究に対して、繊維学会から奨励賞が与えられました。

matsuda201506

2015年5月

松田靖弘の「極性高分子のナノ凝集構造制御によるソフトマテリアルの応用」の研究に対して、東海化学工業会から東海化学工業会賞が与えられました。

matsuda201505

2013年11月

塩川泰徳君が44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会で行った口頭発表「種々の条件下におけるポリエチルオキサゾリンとポリメタクリル酸の高分子会合体形成」に対して、高分子学会東海支部から東海高分子優秀学生発表賞が与えられました。

2011年8月

平野浩一君と 池ノ谷剛人君が第42回繊維学会夏季セミナーで行ったポスター発表「ポリ塩化ビニル薄膜における表面および界面での双極子配向」、「急冷したポリトリメチレンテレフタレートに観測される熱挙動」に対して、第42回繊維学会夏季セミナー実行委員会から優秀ポスター賞が与えられました。

hirano-ikenoya201108

2010年9月

竹谷伸幸君が133回東海高分子研究会講演会で行ったポスター発表「極性高分子に観測される準安定非晶」に対して、高分子学会東海支部から東海高分子研究会学生研究奨励賞が与えられました。