Project

科学研究費補助金

教室の言語文化的多様性を積極的に評価する対話的活動による学習環境づくり」2015-2019 基盤研究(C)課題番号15K04219

全国の学校において急激に進行している多様な価値観の内在化ー言語文化的多様性-の状況を積極的に活かした「協働的な学び合いの場」を創出することを目標に、当該場面への参画・調査・還元を通して潜在する実践知を解析・発掘し、対話的活動による学習環境良質化の理論の妥当性、対話的手法の実効性、言語の教育的貢献機能と対話行為との関係性を検証します。この検証過程を経て、現場自らの主体的かつ容易な実践化を可能とするカリキュラムモデルを構築し、様々な教育活動に適用できる学習環境づくりの方策を提唱します。

インドネシア教育大学との共同研究プロジェクト

インドネシアは近年の新興国の中でも成長著しい国です。エネルギー資源だけでなく、潜在的な人的資源も豊かな地域で、次世代の世界秩序と持続可能な開発のための教育(ESD)に貢献する多様な知見が蓄積されています。静岡大学は、アジア地域屈指の総合教育大学「インドネシア教育大学(UPI)」と大学間協定を結び、研究者・学生間の交流を進めています。

研究成果(共同研究)

●日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)課題番号17330163「多文化共生社会に根ざす協働学級の構築に関するカリキュラム開発実践研究」2005~2007年度

●独立行政法人教員研修センター委嘱事業 教員研修モデルカリキュラム開発プログラム「日本語指導が必要な外国人児童生徒のための支援マニュアル・教材等の作成を目的とした教員研修カリキュラムの開発」2008年度

●文部科学省委託事業 外国人教育に関する調査研究「ブラジル人学校等における日本語指導の状況及び課題」2009年度

●文部科学省委託事業 課題解決に向けた主体的・協働的な学びの推進事業「言語活動の充実に関する実践研究」2016年度