conference

学会発表

2018年度

平川, 北川, 岡崎, 江間, 小堀, “シクロデキストリンに包接したアルカロイド-ベルベリン類の光増感活性”, 第40回日本光医学・光生物学会, 2018年7月, 仙台.

堀内, 磯貝, 平川, 奥津, “光線力学療法への応用を志向したpH応答性 リン(V)ポルフィリンの開発”, 第40回日本光医学・光生物学会, 2018年7月, 仙台.

2017年度

堀内, 磯貝, 平川, 奥津, “pH応答性リン(V)ポルフィリン誘導体の光増感特性”, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月, 船橋.

平川, “活性酸素およびラジカルによるDNAの酸化損傷”, 超領域研究「放射科学が切り拓くグリーン・エネルギー超領域科学研究」第二回研究会, 2017年11月, 静岡.

R. Nomura, D. Ouyang, S. Okazaki, and K. Hirakawa, “Effect of inclusion complex formation with cyclodextrin on photodynamic activity of P(V)porphyrin”, The 22th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2017年11月, Shizuoka.

A. Kitagawa and K. Hirakawa, “Activation of natural potential photosensitizer berberine by inclusion complexation with cyclodextrin”, The 22th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2017年11月, Shizuoka.

H. Hasegawa, M. Yamashita, K. Hirakawa, R. Makita, M. Fujie, S. Nakamura, T. Oshikawa, J. Yamashita, M. Toda, K. Ohnishi, H. Sugimura, S. Laurent, and R. N. Mulle, “Preclinical researches on sugar dendritic Gd-DTPA MRI contrast agents and IER5/Cdc25B tageted phospha sugar antitumor agents”, The 22th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2017年11月, Shizuoka.

K. Hirakawa, S. Machida, and S. Okazaki, “Effects of association between porphyrin photosensitizers and human serum albumin on its oxidative damage by singlet oxygen”, The 13th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2017, 2017年10月, Seoul, Korea.

平川, 鈴木, 欧陽, 岡崎, 中崎城, 瀬川, “長波長応答P(V)ポルフィリン光増感剤によるタンパク質損傷:フッ素導入軸配位子の効果”, 2017年光化学討論会, 2017年9月, 仙台.

欧陽, 三宅, 岡崎, 平川, “Photosensitized oxidative damage of tyrosinase by phosphorus(V) porphyrin complexes”, 2017年光化学討論会, 2017年9月, 仙台.

野村, 欧陽, 岡崎, 平川, “P(V)テトラキス(p-メトキシフェニル)ポルフィリン―シクロデキストリン包接錯体による光増感タンパク質損傷”, 2017年光化学討論会, 2017年9月, 仙台.

堀内, 磯貝, 平原, 平川, 奥津, “光線力学療法への応用を志向したpH応答性光増感剤の開発”, 2017年光化学討論会, 2017年9月, 仙台.

磯貝, 堀内, 平川, 奥津, “PDTにおける光副作用の抑制を目指したpH応答性リンポルフィリンの研究”, 2017年光化学討論会, 2017年9月, 仙台.

平川, 村田, 岡崎, “リンポルフィリンの光増感作用によるNADHの酸化分解”,第39回日本光医学・光生物学会, 2017年7月, 名古屋.

平川, 石川, 岡崎, “メチレンブルーおよび類似色素による生体分子の光損傷機構”, 第27回日本光線力学学会学術講演会, 2017年7月, 京都.

M. Yamashita, H. Hasegawa, K. Hirakawa, M. Fujie, S. Nakamura, R. Makita, J. Yamashita, T. Oshikawa, M. Toda, K. Ohinishi, H. Sugimura, S. Laurent, and R. N. Muller, “Preclinical researches on novel wide spectral phospha sugar antitumor agents targeting IER5/CDC25B”, The 12th international conference of heteroatom chemistry, 2017年6月, Vancouver, British Columbia, Canada.

 2016年度

平川, 鈴木, 欧陽, 岡崎, “長波長応答型フッ素導入P(V)ポルフィリンによるタンパク質光損傷”, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月, 横浜.

D. Ouyang and K. Hirakawa, “Wavelength Dependent Photosensitized Damage of Proteins by Axial Substituted Porphyrin Phosphorus(V) Complexes”, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月, 横浜.

磯貝, 堀内, 平川, 奥津, “水溶性の増加を目指したpH応答性光増感剤の研究”, 日本化学会第97春季年会, 2017年3月, 横浜.

D. Ouyang and K. Hirakawa, “Wavelength dependence of the photosensitized protein oxidation damage caused by a serials of phosphate porphyrin complexes”, 2017 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University, 2017年3月, Hamamatsu.

平川, “フォトダイナミックセラノスティクスを志向した電子ドナー結合ポルフィリン光増感剤”, フォトダイナミックセラノスティクス研究会, 2017年1月, 浜松.

堀内, 平原, 磯貝, 平川, 奥津, “光線力学療法の副作用低減を目指したpH応答性ポルフィリン誘導体の開発”, フォトダイナミックセラノスティクス研究会, 2017年1月, 浜松.

D. Ouyang and K. Hirakawa, “Analysis of the photosensitized oxidative damage of functional protein and amino acids by porphyrin phosphorus(V) complexes“, The 21th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2016年11月, 静岡.

大西, 平工, 平川, 及川, 村田, 川西, “発がん性ナフタレン代謝物による酸化的DNA損傷機構”, 日本環境変異原学会第45回大会, P46, 2016年11月, つくば.

町田, 平川, “テトラキス(トリメトキシフェニル)ポルフィリン光増感剤と水溶性タンパク質との結合状態の熱力学的解析”, 第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会, 2016年11月, 豊橋.

三宅, 平川, “ジヒドロキソP(V)テトラキス(3,4,5-トリメトキシフェニル)ポルフィリンの合成とタンパク質の光増感酸化作用”, 第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会, 2016年11月, 豊橋.

平川, 欧陽, 伊吹, 廣原, 中崎, 瀬川, 岡崎, “テトラキス(4-メトキシフェニル)ポルフィリンP(V)錯体によるタンパク質の光誘起電子移動を介した酸化損傷と細胞毒性”, 2016年光化学討論会, 2016年9月, 東京.

欧陽, 平川, “Photosensitized oxidative damage of tyrosinase by phosphorus(V) porphyrin complexes (ポルフィリン光増感剤によるチロシナーゼの酸化損)”, 2016年光化学討論会, 2016年9月, 東京.

H. Hasegawa, M. Yamashita, K. Hirakawa, R. Makita, M. Fujie, S. Nakamura, T. Oshikawa, M. Yamada, M. Yamaoka, J. Yamashita, M. Kondo, M. Okita, M. Toda, K. Ohnishi, H. Sugimura, M. Sato, S. Laurent, and R. N. Muller, “Innovative and Strategic Materials against Various Kinds of Tumor Cells: Preclinical Research on Sugar Dendritic Gd-DTPA Complex MRI Contrast Agents and IER5/Cdc25B Targeted Novel Low-molecular-weight Phospha Sugar Antitumor Agents”, The 14th International Conference on Near-Field Optics, Nanophotonics, and Related Techniques, 2016年9月, Hamamatsu.

平川, 南堀, 欧陽, “紫外線照射下の葉酸が引き起こすタンパク質損傷”, 第38回日本光医学・光生物学会, 2016年7月, 京都.

欧陽, 平川, “リンポルフィリンによるヒト血清アルブミンとチロシナーゼの光損傷”, 第38回日本光医学・光生物学会, 2016年7月, 京都.

平川, 欧陽, 伊吹, 廣原, 岡崎, “ハイブリッド型光増感剤によるタンパク質損傷と細胞毒性”, 第26回日本光線力学学会学術講演会, 2016年6月, 横浜.

平川, “リンポルフィリンをベースとしたPDT用光増感剤の開発”, フォトダイナミックセラノスティクスのためのポルフィリン研究会, 2016年6月, 草津.

K. Hirakawa, D. Ouyang, Y. Ibuki, S. Hirohara, and S. Okazaki , “Cytotoxicity and protein damage photosensitized by phosphorus(V)porphyrin derivatives via electron transfer”, The 26th IUPAC Symposium on Photochemistry, 2016年4月, Osaka.

2015年度

平川, 欧陽, 伊吹, 廣原, 岡崎, “長波長吸収型P(V)ポルフィリン光増感剤によるタンパク質の電子移動酸化損傷と細胞毒性” 日本化学会第96春季年会, 2016年3月, 京都.

D. Ouyang, and K. Hirakawa, “Analysis of photosensitized oxidative damage of biomolecules by phosphorus(V) porphyrins and speculation of their binding states”,日本化学会第96春季年会, 2016年3月, 京都.

平川, “光化学的酸化反応とがん治療”, 第17回静岡ライフサイエンスシンポジウム, 2016年3月, 静岡.

D. Ouyang, and K. Hirakawa, “Basic research of photosensitized oxidative damage of biomolecules by phosphorus(V) porphyrin derivatives”, 2016 International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University, 2016年3月, 浜松.

K. Hirakawa, “Contribution of singlet oxygen and electron transfer-mediated mechanisms on the photodynamic effect of phosphorus(V)porphyrin”, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015年12月, ホノルル, USA.

K. Hirakawa and S. Okazaki, “Control of photodynamic activity of porphyrin photosensitizers through interaction with DNA”, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015年12月, ホノルル, USA.

K. Hirakawa, “Review of Session-III, -I includes Posters (PDT/Photochemistry, Active oxygen species)”, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015年12月, ホノルル, USA.

T. Ohtsuki, Shunya Miki, Hayato Fujiwara, Mizuki Kitamatsu, Kazutaka Hirakawa, Shigetoshi Okazaki, Kazunori Watanabe, “Photosensitizing peptides and proteins for photochemical internalization”, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2015年12月, ホノルル, USA.

長谷川, 山下, 平川, 牧田, 藤江, 中村, 押川, 山田, 山岡, 山下, 近藤, 沖田, 戸田, 大西, 椙村, 佐藤, “革新的対がん戦略マテリアル:IER5/Cdc25B をターゲットとする低分子リン糖抗腫瘍剤及び糖デンドリマー型Gd-DTPA 錯体MRI 造影剤に関する前臨床研究”, 第5 回リン化合物討論会, 2015年11月, 京都

M. Minamihori and K. Hirakawa, “Photo-irradiated folic acid can induce protein damage”, Inter-Academia Asia: The 2nd Conference, 2015年12月, Shizuoka, Japan.

D. Ouyang, S. Okazaki, and K. Hirakawa, “Photosensitized oxidation damage of protein and amino acids by phosphorus(V)porphyrins and their binding states”, Inter-Academia Asia: The 2nd Conference, 2015年12月, Shizuoka, Japan..

A. Murata and K. Hirakawa, “Oxidation of nicotinamide adenine dinucleotide photosensitized by diethoxy P(V)porphyrins”, Inter-Academia Asia: The 2nd Conference, 2015年12月, Shizuoka, Japan.

T. Ishikawa and K. Hirakawa, “Protein damaging mechanism of phenothiazinephotosensitizers”, Inter-Academia Asia: The 2nd Conference, 2015年12月, Shizuoka, Japan.

平川, “DNA微小環境におけるポルフィリンの励起状態と一重項酸素生成”, 第二回精密無機有機化学研究会, 2015年, 名古屋.

M. Minamihori and K. Hirakawa, “Photo-aging and folic acid: photosensitized protein damage under ultraviolet irradiation”, The 20th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2015年10月, 静岡.

A. Murata and K. Hirakawa, “Photo-oxidation of nicotinamide adenine dinucleotide by P(V)porphyrins“, The 20th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2015年10月, 静岡.

H. Hasegawa, M. Yamashita, K. Hirakawa, R. Makita, M. Fujie, S. Nakamura, T. Oshikawa, M. Yamada, M. Yamaoka, J. Yamashita, M. Kondo, M. Okita, M. Toda, K. Ohnishi, H. Sugimura and M. Sato, “Innovative and strategic materials against tumor cells: preclinical research on IER5/Cdc25B targeted novel low-molecular-weight phospha sugar antitumor agents and sugar dendritic Gd-DTPA complex MRI contrast agents”, The 20th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2015年10月, 静岡.

T.  Ishikawa and K. Hirakawa, “Fundamentals of photodynamic antimicrobial chemotherapy: photosensitized protein damage byphenothiazines”, The 20th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2015年10月, 静岡.

D. Ouyang, S. Okazaki, and K. Hirakawa, “Analysis of the binding state of novel drugs for photodynamic therapy with protein and their activities for amino acid decomposition”, The 20th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2015年10月, 静岡.

H. Hasegawa, M. Yamashita, R. Makita, M. Yamaoka, M. Fujie, S. Nakamura, T. Oshikawa, J. Yamashita, M. Yamada, M. Kondo, K. Hirakawa, M. Toda, Y. Takehara, K. Ohnishi, H. Sugimura, S. Laurent, and R. N. Muller, “Novel multiple type molecular targeted and wide spectral antitumor agents: preparation and preclinical evaluation of IER5/Cdc25B targeted low-molecular-weight phospha sugar derivatives”, 14th International Conference on Global Research and Education, 2015年9月, 浜松.

平川, 田口, 岡崎, ”DNAとの相互作用下における水溶性メソナフチルポルフィリン光励起状態の緩和過程”, 2015年光化学討論会, 2015年9月, 大阪.

D. Ouyang, K. Hirakawa, “Product analysis of the photosensitized amino acids by porphyrin phosphorus(V) complexes”, 2015年光化学討論会, 2015年9月, 大阪.

平川, “低酸素環境におけるPDTの基礎研究”, 第3回癌とポルフィリン研究会, 2015年8月, 奈良.

平川, “光線力学的療法の原理としての電子移動酸化反応”, 第37回日本光医学・光生物学会, 2015年7月, 宮崎.

平川, 岡崎, “低酸素環境におけるPDT効果の速度論的検証”, 第25回日本光線力学学会学術講演会、2015年7月, 新宿.

K. Hirakawa and S. Okazaki, “Photosensitized Reaction of the Electron-donor-connecting Porphyrin in a DNA Microenvironment”, The 11th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2015, 2015年6月, Jeju, Korea.

M. Yamashita, H. Hasegawa, M. Fujie, S. Nakamura, R. Makita, M. Yamaoka, T. Oshikawa, K. Hirakawa, J. Yamashita, M. Yamada, M. Kondo, M. Toda, M. Kimura, K. Ohnishi, and H. Sugimura, “Novel multiple type molecular targeted antitumor agents: preparation and preclinical evaluation of IER5/CDC25B targeted phospha sugar derivatives”, International Conference on Heteroatom Chemistry, 2015年6月, Caen, France.

平川, “葉酸の光化学:紫外線防護と蛍光プローブ”, 第36回光化学若手の会, 2015年6月, 浜松.

D. Ouyang and K. Hirakawa, “Molecular mechanism of the photosensitized oxidative damage of amino acids by phosphorus(V) porphyrin derivatives”, 第36回光化学若手の会, 2015年6月, 浜松.

石川, 平川, “フェノチアジン系光増感剤によるタンパク質損傷”, 第36回光化学若手の会, 2015年6月, 浜松.

南堀, 平川, “紫外線照射下の葉酸によるヒト血清アルブミンの損傷”, 第36回光化学若手の会, 2015年6月, 浜松.

村田, 平川, “P(V)ポルフィリン誘導体によるニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの光酸化”, 第36回光化学若手の会, 2015年6月, 浜松.

2014年度

K. Hirakawa, “Simple fluorometry of reactive oxygen species for longevity sciences”, The 19th Shizuoka Forum on Health and Longevity,, 2014年11月7-8日, 沼津.

H. Hasegawa, M. Yamashita, R. Makita, M. Fujie, S. Nakamura, T. Oshikawa, M. Yamada, M.i Yamaoka, J. Yamashita, K. Hirakawa, M. Kondo, M.i O., M. Toda, K.Onishi, H. Sugimura, “Studies on new phospha sugar derivatives: preparative, mechanistic, and preclinical researches on novel multi-type molecular targeted anti-tumoragents for innovation in the chemotherapy of various type of cancers”, The 19th Shizuoka Forum on Health and Longevity, 2014年11月7-8日, Numazu.

D. Ouyang and K.Hirakawa, “A fundamental study of photodynamic therapy for cancer treatment: photosensitized amino acids damage by tetraphenylporphyrinato-phosphorus(V) complex”, The 19th Shizuoka Forum on Health and Longevity(第19回静岡健康・長寿学術フォーラム), 2014年11月7-8日, Numazu.

M. Taguchi, S. Okazaki and K. Hirakawa, “Fundamental study of electron donor connecting porphyrin photosensitizer for photodynamic therapy: synthesis and photochemical property ofmeso-naphthyl porphyrin”, The 19th Shizuoka Forum on Health and Longevity,, 2014年11月7-8日, Numazu.

T. Ishikawa and K.Hirakawa, “Protein damaging mechanism of cationic phenothiazine photosensitizers”, The 19th Shizuoka Forum on Health and Longevity(第19回静岡健康・長寿学術フォーラム), 2014年11月7-8日, Numazu.

平川、大田、平山、及川、川西、”ナイルブルーの光誘起電子移動を介したDNA特異的生体分子損傷”、2014年光化学討論会、2014年10月、札幌.

平川、伊藤、”ローダミン6Gの光増感反応による生体分子損傷作用”、2014年光化学討論会、2014年10月、札幌.

欧陽、平川、”Oxidative damage of amino acids photosensitized by water-soluble phosphorus(V)porphyrins”、2014年光化学討論会、2014年10月、札幌.

三木、澄田、渡邉、平川、岡崎、大槻、”光によるCPP融合物質のエンドソーム脱出の機構解明”、2014年光化学討論会、2014年10月、札幌.

平川、井藤、山田、岡崎、“DNA微小環境におけるフェナントレン結合ポルフィリン光増感剤の励起状態および一重項酸素生成過程”、第36回日本光医学・光生物学会、2014年7月、吹田.

平川、安海、中崎城、瀬川、岡崎、平野、“一重項酸素生成と電子移動反応で作用するP(V)ポルフィリン光増感剤”、第24回日本光線力学学会学術大会.、2014年6月、浜松.

K. Hirakawa, “Protein damage photosensitized by phosphorus(V)porphyrins: effect of fluorinated axial ligand”, The 10th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2014, 2014年6月, Seoul Korea.

平川、”光化学的DNA損傷と医学応用への基礎”、第35回光化学若手の会、2014年6月、博多.

平川、”新規光化学的がん治療薬の開発”、Bio tech 2014 アカデミックフォーラム、2014年5月、東京ビッグサイト

山下、牧田、藤江、中村、押川、山下、平川、戸田、田中、椙村、“IER5/Cdc25Bをターゲットとする新規な低分子量リン糖抗腫瘍剤:複素環化合物又は糖の化学修飾による調製及び前臨床評価”, 化学療法基盤支援活動第3回シンポジウム, 2014年5月,名護.

2013年度以前

整理中