research

研究内容

・光線力学的療法の基礎研究

光を使った低侵襲ながん治療法:光線力学的療法の基礎研究を行っています。光線力学的療法は、手術を行わずに、副作用がほとんどなく、がんを治療する技術です。そこでは、光増感剤と呼ばれる薬剤が使われます。光増感剤は、光が当ったときだけ作用するので、副作用がありません。光増感剤の開発が化学の研究者が貢献できる分野です。

(1)DNAをターゲットにした光増感剤の開発:DNAをターゲットにした光増感剤が完成すれば、より少ない光増感剤の投与で、より安全にがん細胞を死滅できる可能性があります。

(2)酸素に依存しない光増感剤の開発:従来の光線力学的療法は、活性酸素でがん細胞を攻撃していますが、がんは、酸素濃度が低い場合が多く、治療効果が限定的になる場合があります。そこで、酸素がなくても治療効果を維持できる光増感剤を開発しています。