PUBLICATION

Awards

  • 第39回教育システム情報学会全国大会奨励賞: 藤岡僚太, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏 (2014.09.17). 対象世界におけるプログラムの挙動を視覚化する教材の作成支援環境, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, pp.77-78.
  • ISECON2013 最優秀賞: 野口靖浩, 塩見彰睦 (2014.03.10). 組込みシステムアーキテクト養成プログラム, 情報システム教育コンテスト2013 (ISECON 2013).
  • Special Mention Awards of ICCE 2012: M. Kondo, R. Sano, A. Tashiro, Y. Noguchi, S. Kogure, T Konishi and Y. Itoh (2012.11.30). Development of a Dictogloss System Oriented for Focus on Form”, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, pp.1-8.
  • 第36回教育 システム情報学会全国大会優秀賞: 岡本真,小暮悟,野口靖浩,小西達裕,伊東幸宏 (2011.09.02). 対象世界・プログラム・操作系列の対応を視覚化するプログラミング・アルゴリズム学習環境, 第 36 回教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp.446-447.

Articles

  • 野口靖浩 (2015.09). 組込みシステムアーキテクト養成プログラム, 教育コーナー「ぺた語義」, 情報処理学会誌「情報処理」, Vol.56, No.9, pp.898-901.

Journal Papers

  • Koichi Yamashita, Ryota Fujioka, Satoru Kogure, Yasuhiro Noguchi, Tatsuhiro Konishi, and Yukihiro Itoh, “Classroom practice for understanding pointers using learning support system for visualizing memory image and target domain world,” Research and Practice in Technology Enhanced Learning (RPTEL), 12:17, pp.1-16, doi:10.1186/s41039-017-0058-4, 2017. [査読有]
  • K. Yamashita, R. Fujioka, S. Kogure, Y. Noguchi, T. Konishi and Y. Itoh (2016.08). Practices of Algorithm Education based on Discovery Learning using a Program Visualization System, Research and Practice in Technology Enhanced Learning (RPTEL), 11(15),  pp.1-19, DOI: 10.1186/s41039-016-0041-5. [査読有]
  • K. Yamashita, T. Nagao, S. Kogure, Y. Noguchi, T. Konishi, Y. Itoh (2016.01). Code-Reading Support Environment Visualizing Three Fields and Educational Practice to Understand Nested Loops, Research and Practice in Technology Enhanced Learning (RPTEL), 11:3, pp.1-22, DOI: 10.1186/s41039-016-0027-3. [査読有]
  • Y. Noguchi, S. Kogure, T. Konishi and Y. Itoh (2015.06). Practice Supporting System with Related Problem Set Generator Based on Targeted Educational Effects, Research and Practice in Technology Enhanced Learning (RPTEL) Special Issue on Modeling, Management and Generation of Problems/Questions in Technology-Enhanced Learning, Vol.10, Issue.1, doi:10.1007/s41039-015-0004-2. [査読有]
  • Y. Noguchi, Y. Matsuzawa, T. Mori, S. Shima and A. Shiomi (2013.09). Design and Evaluation of the Embedded Systems Architect Development Program Featuring Intensive Retreats and Project-Based Learning, Educational Technology Research, Res.36, pp.43-55. (Trans.)
  • 野口靖浩, 松澤芳昭, 島聰司, 塩見彰睦 (2012.05). 組込み人材育成研修後の上司による「行動変容」評価の実践とSCATによる分析, 工学教育, Vol.60, No.3, pp.86-91. [査読有]
  • 野口靖浩, 松澤芳昭, 森孝夫, 島聰司, 塩見彰睦 (2012.07) 合宿とPBLによる組込みシステムアーキテクト養成プログラムの設計と評価, 日本教育工学会論文誌, Vol.36, No.1, pp.21-33. [査読有]
  • Y. Noguchi, T. Nakahara, T. Konishi, S. Kogure and Y. Itoh (2010.07). Construction of a Learning Environment for Algorithm and Programming Where Learners Operate Objects in a Domain World, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.1, No.3/4, pp.273-288. [査読有]
  • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 小暮悟, 近藤真, 麻生英樹, 小林一郎, 小西達裕, 高木朗, 伊東幸宏 (2008.10). 文脈への意味の位置付けを用いた対話システムとその評価”, 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.20, No.5, pp.732-756. [査読有]
  • 池ヶ谷 有希, 野口 靖浩, 小暮 悟, 伊藤 敏彦, 小西 達裕, 近藤 真, 麻生 英樹, 高木 朗, 伊東 幸宏 (2007.03). 対話文脈を利用した構文意味解析, 人工知能学会論文誌, Vol.22, No.3, pp.291-310.[査読有]

International Conferences

  • K. Yamashita, T. Sugiyama, S. Kogure, Y. Noguchi, T. Konishi, Y. Itoh, “An Educational Support System Based on Automatic Impasse Detection in Programming Exercises,” Proceedings of ICCE2017 (2017.12) (in press)(in press).
  • D. IHARA, S. KOGURE, Y. Noguchi, K. YAMASHITA, T. KONISHI, Y. ITOH, “Algorithm Learning by Comparing Visualized Behavior of Programs,”. Proceedings of ICCE2017 (2017.12) (in press).
  • R. YAMAMOTO, Y. ANZAI, S. KOGURE, Y. Noguchi, K. YAMASHITA, T. KONISHI, Y. ITOH, “Learning Environment for Recursive Functions by Visualization of Execution Process,”, Proceedings of ICCE2017 (2017.12) (in press).
  • S. KOGURE, K. OKUGAWA, \mej, T. KONISHI, M. KONDO, Y. ITOH, “Improvement of the Situational Dialog Function and Development of Learning Materials for a Japanese Dictogloss Environment,”, Proceedings of ICCE2017 (2017.12) (in press).
  • Y. Noguchi, T. ENOKIDA, T. KONISHI & Y. ITOH, “Semi-Discovery Learning Support System for Analogical Reasoning in High-School Physics,”, Proceedings of ICCE2017 (2017.12) (in press).
  • Y. Noguchi, R. Osawa, K. Yamashita, S. Kogure, T. Konishi and Y. Itoh (2016.12). Networked Tutoring Support System for a Programming Class based on Reusable Tutoring Content and Semi-automatic Program Assessment, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.252-257. (Mumbai)  [査読有]
  • K. Yamashita, R. Fujioka, S. Kogure, Y. Noguchi, T. Konishi and Y. Itoh (2016.12). Learning Support System for Visualizing Memory Image and Target Domain World, and Classroom Practice for Understanding Pointers, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.521-530. (Mumbai) [査読有]
  • R. Yamamoto, Y. Noguchi, S. Kogure, K. Yamashita, T. Konishi and Y. Itoh (2016.12). Design of a Learning Support System and Lecture to Teach Systematic Debugging to Novice Programmers, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.276-281. (Mumbai) [査読有]
  • S. Kogure, K. Miyagishima, Y. Noguchi, M. Kondo, T. Konishi and Y. Itoh (2016.12). A Teachable Agent for the Japanese Dictogloss Learning Support Environment, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.88-90. (Mumbai) [査読有]
  • D. Tezuka, S. Kogure, Y. Noguchi, K. Yamashita, T. Konishi and Y. Itoh (2016). GUI-Based Environment to Support Writing and Debugging Rules for a Program Visualization Tool, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.303-305. (Mumbai) [査読有]
  • Y. Noguchi, S. Honda, T. Konishi and Y. Itoh, Learning by Teaching Support Environment based on Teaching Assistant Activities with Teacher Agent, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.68-73, 2015.11. (Hangzhou) [査読有]
  • S. Kogure, A. Tashiro, Y. Noguchi, M. Kondo, T. Konishi and Y. Itoh, “An Answer Support Environment based on Grammar, Context and Situation for a Dialogue to Learner Agent on Japanese Dictogloss System”, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.94-96, 2015.11. (Hangzhou) [査読有]
  • R. Yamamoto, Y. Noguchi, S. Kogure, K. Yamashita, T. Konishi and Y. Itoh, Construction of an environment to support learning systematic debugging process with Worksheets and Synchronized observation tool, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.269-274, 2015.11. (Hangzhou) [査読有]
  • K. Yamashita, R. Fujioka, S. Kogure, Y. Noguchi, T. Konishi and Y. Itoh, Educational Practice of Algorithm using Learning Support System with Visualization of Program Behavior, Proceedings of the 23rd International Conference on Computers in Education, pp.632-640 2015.11. (Hangzhou) (Best Technical Design Paper Award Nominee) [査読有]
  • K. Yamashita, T. Nagao, S. Kogure, Y. Noguchi, T. Konishi and Y. Itoh: “An Educational Practice Using a Code Reading Support Environment for Understanding Nested Loop”, Proceedings of the 22nd International Conference on Computers in Education, pp.848-857, 2014.11. (Nara) [査読有]
  • S. Kogure, R. Fujioka, Y. Noguchi, K. Yamashita, T. Konishi and Y. Itoh: “Code Reading Environment by Visualizing both Variable’s Memory Image and Target World’s Status”, Proceedings of the 22nd International Conference on Computers in Education, pp.343-348, 2014.11. (Nara) [査読有]
  • S. Kogure, M. Okamoto, Y. Noguchi, T. Konishi and Y. Itoh: “An Evaluation of Algorithm and Programming Learning Environment based on Classroom Practices”, Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education. Indonesia: Asia-Pacific Society for Computers in Education, pp.412-418, 2013.11. (Bali) [査読有]
  • A. Tashiro, Y. Noguchi, S. Kogure, M. Kondo, T. Konishi and Y. Itoh: “Evaluation of an Improved Dictogloss System Oriented for Focus on Form”, Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education. Indonesia: Asia-Pacific Society for Computers in Education, pp.110-114, 2013.11. (Bali) [査読有]
  • Y. Noguchi, S. Kogure, M. Kondo, I. Kobayashi, H. Asoh, A. Takagi, T. Konishi and Y. Itoh: “Event Sequence Model for Semantic Analysis of Time and Location in Dialogue System”, The 27th Pacific Asia Conference on Language, Information, and Computation, pp.339-348, 2013.11. (Taipei) [査読有]
  • Y. Noguchi, M. Kondo, S. Kogure,T. Konishi, Y. Itoh, H. Asoh, A. Takagi and I. Kobayashi: “Generating a Variety of Expressions from Visual Information and User-Designated Viewpoints”, The 5th IEEE International Conference on Awareness Science and Technology & Ubi-Media Computing (iCAST 2013 & UMEDIA 2013) , iCAST2013 Special Session: Intuitive Human-System Interaction, pp.322-327, 2013.10. (Aizu-Wakamatsu) [査読有]
  • Y. Matsuzawa, K. Nozawa, Y. Noguchi and S. Sakai: “Multiplicity Doctor: A Diagnosis Tool for Clarity and Consistency of the Multiplicity in a Static UML Model”, 10th World Conference on Computers in Education (WCCE2013), New Ways of Developing Computational Thinking (Full Papers), 47, 2013.07. (Torun) [査読有]
  • M. Kondo, R. Sano, A. Tashiro, Y. Noguchi, S. Kogure, T Konishi and Y. Itoh: “Development of a Dictogloss System Oriented for Focus on Form”, Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, pp.1-8, 2012.12.  (Special Mention Awards (for non-student papers) in ICCE 2012) [査読有]
  • S. Kogure, M. Okamoto, Y. Noguchi, T. Konishi, Y. ITOH: “Adapting Guidance and Externalization Support Features to Program and Algorithm Learning Support Environment”, Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education, pp.321-323, 2012.12. [査読有]
  • Y. Noguchi, H. Asoh, A. Takagi, I. Kobayashi, M. Kondo, N. Iwahashi, Y. Itoh: “A Prototype System for Generating a Variety of Relative Expressions from Visual Information and Viewpoints”, Proceedings of the 11th International Conference on Global Research and Education, pp.215-222, 2012.08.  [査読有]
  • Y. Noguchi, S. Kogure, T. Konishi, Y. Itoh: “Algorithm Learning Environment for Linked List with Programmers’ Perspective”, Proceedings of the 19th International Conference on Computers in Education, pp. 330-332, 2011.11. [査読有]
  • S. Kogure, M. Okamoto, Y. Noguchi, T. Konishi, Y. Itoh: “Programs and Algorithm Learning Environment by Visualizing Relations among Program Codes, Operations and World Model”, Proceedings of the 19th International Conference on Computers in Education, pp. 302-306, 2011.11. [査読有]
  • R. Sano, Y. Masuda, Y. Noguchi, S. Kogure, T. Konishi, M. Kondo, Y. Itoh: “Dialog Strategy in a FonF-Based Language Education System: Relative Necessity of a Form in a Task”, Proceedings of the 19th International Conference on Computers in Education, pp.119-121, 2011.11. [査読有]
  • M. Kondo, Y. Daicho, R. Sano, Y. Noguchi, S. Kogure, T. Konishi, Y. Itoh: “Form-Wise Error Detection in a FonF-Based Language Education System”, Proceedings of the 18th International Conference on Computers in Education, pp.9-16, 2010.11. (Best Paper Candidates in ICCE 2010) [査読有]
  • Y. Matsuzawa, Y. Noguchi, T. Mori, S. Shima and A. Shiomi: “ESAD: An Intensive Retreat Program for Embedded System Architect Developing”, Proceedings of the 17th Asia Pacific Software Engineering Conference, pp.90-97, 2010.11. [査読有]
  • T. Nakahara, T. Konishi, S. Kogure, Y. Noguchi, Y. Itoh: “Learning Environment for Algorithm and Programming where Learners Operate Objects in a Domain World using GUI”, Proceedings of the 17th International Conference on Computers in Education, pp.59-66, 2009.12 [査読有]
  • Y. Ikegaya, Y. Noguchi, Satoru Kogure, T. Konishi, M. Kondo, A. Hideki, A. Takagi, Y. Itoh: “Integration of Dependency Analysis with Semantic Analysis Referring to the Context”, Proceedings of the 19th Pacific Asia Conference on Language, Information, and Computation, pp.107-118, 2005.12. [査読有]
  • Y. Noguchi, Y. Ikegaya, A.Takagi, H. Nakashima, T. Konishi, T. Itoh, M. Kondo, and Y. Itoh : “A Framework for Semantic Representations for a Natural Language Dialog System”, Proceeding of SNLP-Oriental COCOSDA, pp.231-236, 2002.5. [査読有]

Symposium

  • 森孝夫, 松澤芳昭, 野口靖浩, 島聰司, 塩見彰睦: “合宿形式の開発実践による組込みアーキテクト育成プログラム”, 組込みシステムシンポジウム2009 (ESS2009), pp.31-36, 2009.10.21-23. [査読有]

Special Interest Group

  • 杉山匠, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏:”プログラミング演習における迷い検出に基づく学習教育支援システムの構築”,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.116,No.438,ET2016-78-ET2016-93,pp.81-86, (2017.1).
  • 杉山匠, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏:
    “プログラミング演習における迷い検出に基づく学習教育支援システムの構築”,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol.116,No.438,ET2016-78-ET2016-93,pp.81-86, 2017.1.
  • 藤岡僚太, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏: “プログラムの挙動を教師の説明意図に基づいて視覚化する学習支援環境の構築と実践授業における活用”,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.115,No.444,ET2015-84-ET2015-92,pp.41-46, 2016.01.
  • 橋本晃太, 小暮悟, 野口靖浩, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏: “旅行ブログの意味解析結果を利用した旅行プランニング支援システム”, 観光情報学会 第2回とうかい観光情報学研究会, 2016.02.
  • 小西達裕,小暮悟,野口靖浩,山下浩一,伊東幸宏: “アルゴリズム理解・コードリーディング・デバッグを総合的に支援する学習支援環境”, 電子情報通信学会技術研究報告, ET2014-4, pp.17-22, 2014.5.24. 於 兵庫医科大学 (IEEE Education Society Japan Chapter,電子情報通信学会教育工学研究会共催における招待講演)
  • 田代 朝紀, 小暮 悟, 野口 靖浩, 小西 達裕, 近藤 真, 伊東 幸宏: “FonFを指向する日本語ディクトグロスシステムの開発と評価”, 教育システム情報学会 研究報告, Vol.28, No.3, pp.45-52, 2013.9. [査読無]
  • 野口靖浩, 小暮悟, 小西達裕, 伊東幸宏: “プログラマ視点を考慮したアルゴリズム学習支援システムの検討”, 人工知能学会研究会資料, 先進的学習科学と工学研究会,Vol.60, pp.1-6, 2010.11. [査読無]
  • 野口靖浩,麻生英樹,高木朗,小林一郎,近藤真,三宅芳雄,岩橋直人,伊東幸宏: “視覚情報から言語表現を生成するシステムの試作”, 人工知能学会研究会資料, 言語・音声理解と対話処理研究会,Vol.58, pp.43-48, 2009.02. [査読無]
  • 門畑拓人, 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 小暮悟, 近藤真, 小西達裕, 伊東幸宏: “単一節の解釈の曖昧性によるユーザ‐システム間の誤解に対処する対話制御の構築”, 人工知能学会研究会資料, 言語・音声理解と対話処理研究会,Vol.52, pp.37-42, 2008.03. [査読無]
  • 野口 靖浩, 池ヶ谷 有希, 小暮 悟, 近藤 真, 麻生 英樹, 小林 一郎, 小西 達裕, 高木 朗, 伊東 幸宏: “意味の位置付けによる意味解釈”, 人工知能学会研究会資料, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.50, pp.51-56, 2007.07. [査読無]
  • 野口靖浩, 相澤真, 池ヶ谷有希, 小暮悟, 近藤真, 麻生英樹, 小西達裕, 高木朗, 伊東幸宏: “依存構造を利用した意味の重ねあわせに基づく連体・連用修飾成分の意味解釈”, 人工知能学会研究会資料, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.43, pp.1-6, 2005.03. [査読無]
  • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 小暮悟, 近藤真,小西達裕, 高木朗,伊東幸宏: “文脈情報を利用した構文的曖昧性の解消 “, 電子情報通信学会技術研究報告NLC2004-65, pp.55-60, 2004.12. [査読無]
  • 鈴木夕紀子, 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 伊藤敏彦, 小西達裕, 伊東幸宏, 高木朗: “モジュラリティの高い対話制御ルールの設計とその具体的な対話ドメインへの適用方法に関する研究”, 人工知能学会研究会資料, 言語・音声理解と対話処理研究会, Vol.40, pp.73-78, 2004. [査読無]
  • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 鈴木夕紀子, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏: “文脈への意味の位置付けに基づくホテル予約対話システムの構築”, 人工知能学会研究会資料, 言語・音声理解と対話処理研究会, SIG-SLUD-A202-11, pp.63-70, 2002.11. [査読無]

Annual Conference

  • 榎田剛士,小西達裕,伊東幸宏:”物理を対象とした類推的思考を促す準発 見型学習支援システムの構築”, 教育システム情報学会2016年度学生研究発表会東海地区,(2017.3).(優秀発表賞を受賞)
  • 朝倉諒介, 野口 靖浩,小暮 悟,山下 浩一,小西達裕,伊東幸宏: “学習マップを用いたプログラミング初級者への学習支援システムの構築”,教育システム情報学会2016年度学生研究発表会東海地区,(2017.3).
  • 小暮 悟,杉山 匠,野口 靖浩,小西 達裕,伊東 幸宏: “プログラミング演習における演習履歴自動収集環境とそれを利用した授業改善の枠組み”, 人工知能学会第31回全国大会, 1F1-OS-26a-2, 2017.05. [査読無]
  • 山本頼弥, 野口靖浩, 小暮悟, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏: “初学者に体系的デバッグ手順を指導する学習支援システムと講義パッケージの設計”, 教育システム情報学科第41回全国大会講演論文集, pp.367-368, 2016.08.
  • 山下浩一, 藤岡僚太, 小暮悟, 野口靖浩, 小西達裕, 伊東幸宏: “プログラムの挙動を視覚化する学習支援システムを利用したアルゴリズム教育の実践”, 教育情報システム学会第40回全国大会講演論文集, pp.159-160, 2015.9.
  • 高木 朗, 麻生英樹, 近藤 真, 野口靖浩, 小林 一郎, 三宅芳雄: “名詞節の意味構造について”, 第29回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 2F5-OS-01b-5, 2015.06. [査読無]
  • 山本頼弥, 野口靖浩, 小暮悟, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏: “初学者に体系的デバッグ手法を学ばせるための学習環境”, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, pp.453-454, 2014.9 [査読無]
  • 藤 岡僚太, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏: “対象世界におけるプログラムの挙動を視覚化する教材の作成支援環境”, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, pp.77-78, 2014.9 [査読無] (教育システム情報学会第39回全国大会奨励賞)
  • 山下浩一, 岡本真, 小暮悟, 野口靖浩, 小西達裕, 伊東幸宏: “対象世界・プログラム・操作系列の視覚化に基づく多重ループ教育の実践”,第38回教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp.383-384, 2013.9 [査読無]
  • 岡 本真, 小暮悟, 野口靖浩, 小西達裕, 伊東幸宏: “対象世界・プログラム・操作系列の対応を視覚化するプログラミング・アルゴリズム学習支援環境における学習者誘導機能”,第37回教育システム情報学会 全国大会講演論文集, pp392-393, 2012.8 [査読無]
  • 西巻 孝洋, 野口 靖浩, 小暮 悟, 小西 達裕, 小林 一郎, 麻生 英樹, 高木 朗, 近藤 真, 伊東 幸宏: “連続現象モデルを用いた意味理解と対話システムへの利用”, 第26回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 4K1-OS2-8, 2012.06. [査読無]
  • 野口靖浩, 麻生 英樹, 高木 朗, 小林 一郎, 近藤 真, 岩橋 直人, 伊東 幸宏: “視覚情報を用いて対話を行うシステムの試作”, 第25回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 3H2-OS3-9, 2011.06. [査読無]
  • 岡 本真,小暮悟,野口靖浩,小西達裕,伊東幸宏: “対象世界・プログラム・操作系列の対応を視覚化するプログラミング・アルゴリズム学習環境”, 第36回教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp.446-447, 2011.08. [査読無] (全国大会優秀賞)
  • 野口靖浩, 松澤芳昭, 森孝夫, 島聰司, 塩見彰睦: “合宿とPBLによる組込みアーキテクト教育の実施”, 平成22年度工学・工業教育研究講演会公演論文集, pp.282-283, 2010.08. [査読無]
  • 佐野 良,野口靖浩,小暮 悟,小西 達裕,近藤 真,伊東 幸宏: “FonF を指向する日本語対話訓練システムにおける学習者の誤り判定機構の拡張”, 第35回教育システム情報学会全国大会,28-G1-2,pp.485-486, 2010.08 [査読無]
  • 野 口靖浩, 麻生英樹, 高木朗, 小林一郎, 近藤真, 三宅芳雄, 岩橋直人, 伊東幸宏: “視覚情報から言語を生成するシステムの試作とその生成文の評価”, 第24回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 2G1-OS3-8, 2010.06. [査読無]
  • 麻生英樹, 野口靖浩, 高木朗, 小林一郎, 近藤真, 三宅芳雄, 岩橋直人, 伊東幸宏: “視覚情報から多様な言語表現を生成するための意味表現形式”, 第24回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 2G1-OS3-7, 2010.06. [査読無]
  • 野口靖浩, 門畑拓人, 秋枝克実, 小暮悟, 小西達裕, 麻生英樹, 高木朗, 近藤真, 伊東幸宏: “単一節の解釈の曖昧性による誤解を避けるための対話制御の検討”, 第22回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 1F2-4, 2008.06. [査読無]
  • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小林一郎, 小暮悟, 近藤真, 小西達裕, 伊東幸宏: “意味の位置付けを用いた複数節・複数文の解釈 “, 第21回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 2G5-6, 2007.06. [査読無]
  • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 高木朗, 麻生英樹, 小林一郎, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏: “構文意味解析における文脈の利用方法”, 第21回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 2G5-5, 2007.06. [査読無]
  • 野 口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏: “意味の位置づけを考慮した意味表現方式と依存関係の解釈”, 第20回人工知能学会全国大会, 意味と理解のコンピューティング, 1F3-01, 2006.06. [査読無]
  • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏: “連体修飾・連用修飾成分間の対応関係による意味解釈とその評価”, 第19回人工知能学会全国大会, 近未来チャレンジ:日常言語コンピューティング, 1B1-04, 2005 [査読無]
  • 池ヶ谷有希,野口靖浩,鈴木夕紀子,伊藤敏彦,小西達裕,近藤真,高木朗,中島秀之,伊東幸 宏: “対話文脈を利用した構文・意味解析手法の検討 “, 第18回人工知能学会全国大会, 近未来チャレンジ:日常言語コンピューティング, 3E2-10,2004.06. [査読無]
  • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 鈴木夕紀子, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏: “対話文脈への入力文の意味の位置付け手法”, 第17回人工知能学会全国大会, 知的インタフェース・対話モデル, 1C1-05, 2003.06. [査読無]
  • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 鈴木夕紀子, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏: “対話文脈への意味の位置付けを用いた対話システムの構築”, 第17回人工知能学会全国大会, 近未来チャレンジ:日常言語コンピューティング, 3B1-05, 2003.06. [査読無]

Workshops

  • 朝倉諒介,野口 靖浩,小暮 悟,山下 浩一,小西達裕,伊東幸宏: “学習マップを用いたプログラミング初級者への学習支援システムの構築”, 教育システム情報学会2016年度学生研究発表会東海地区, 2017.3.
  • 大沢良太, 小暮悟, 山下浩一, 野口靖浩, 小西達裕, 伊東幸宏: “指導履歴の再利用によるプログラミング個別指導支援システムの構築”,教育システム情報学会2015年度学生研究発表会東海地区, 2016.3. (優秀発表賞を受賞)
  • 長尾貴正, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏: “多重ループの理解を支援するコードリーディング支援環境の構築と評価”, 教育システム情報学会学生研究発表会東海地区, 2014.3 [査読無]
  • 山下浩一, 岡本 真, 小暮 悟, 野口靖浩, 小西達裕, 伊東幸宏: “対象世界・プログラム・操作系列の視覚化に基づく多重ループ教育の実践”, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, pp.383-384, 2013.9 [査読無]
  • 岡 本 真, 小暮 悟, 野口 靖浩, 山下 浩一, 小西 達裕, 伊東 幸宏: “対象世界・プログラム・操作系列の対応を視覚化するプログラミング・アルゴリズム学習支援環境の構築と評価”, 教育システム情報学会 平成24年度 東海地区学生研究発表会予稿集, 2013.3 [査読無]
  • 塩見彰睦, 野口靖浩, 松澤芳昭, 森孝夫, 島聰司: “制御系組込みシステムアーキテクト養成プログラムの取り組み”, 第2回名古屋大学組込みシステム研究センターシンポジウム, pp.43-52, 2010.09. [査読無]
  • 野口靖浩: “制御系組み込みシステムアーキテクト養成プログラム 4期を実施してその成果と課題”, 第2回名古屋大学組込みシステム研究センターシンポジウム ポスターセッション, p.252, 2010.09. [査読無]
  • 野畑明宏,野口靖浩, 小暮悟,小西達裕,近藤真, 伊東幸宏 “名詞句のレファレントの誤解釈をリカバリー可能な対話制御”, 電子情報通信学会情報・システムソサイエティ総合大会学生ポスターセッション, pp.54, 2007.3. [査読無]
  • 繁 田佳宏, 池ヶ谷有紀, 野口靖浩, 小暮悟, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏: “モジュラリティの高い対話制御開発環境の試作”, 情報処理学会, 電子情報通信学会,FIT2006(第5回情報科学技術フォーラム), E-009, 一般講演論文集第2分冊, pp. 157-158, 2006.9. [査読無]
  • 池ヶ谷有希,野口靖浩,小西達裕,近藤真,伊東幸宏: “文脈情報を利用した構造的曖昧性解消のアプローチ”, 情報学ワークショップ2004(WiNF2004)論文集 pp.70-73, 2004.9 [査読無]
  • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 小西達裕, 伊藤敏彦, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏 : “日本語対話システムにおける文脈への意味の位置付け可能な意味表現”, 電気関係学会東海支部連合大会 論文集, pp.246, 2002.9. [査読無]

Theses

  • 博士(工学)学位論文: “意味の位置付けに基づく対話システムの構築に関する研究”, 静岡大学大学院理工学研究科 システム科学専攻, 2008.03.

主査: 静岡大学大学院理工学研究科 教授 林部敬吉

副査: 静岡大学大学院理工学研究科 教授 下平美文

副査: 静岡大学大学院理工学研究科 教授 伊東幸宏

副査: 静岡大学大学院理工学研究科 助教授 小西達裕

  • 修士(情報学)学位論文: “日本語対話システムにおける入力文の解釈と対話制御機構”, 静岡大学大学院情報学研究科 情報学専攻, 2001.09.
  • 学士(情報学)学位論文: “複数の問題解決が混在する対話の制御機構”, 静岡大学情報学部情報科学科, 2000.03.

Other Events

  • HEPTコンソーシアムに関する展示, 第4回湖西Neoテクノフェア, 湖西市アメニティプラザ, 2016.12.02-04.
  • HEPTコンソーシアムに関する展示, ET2016 産学連携パビリオン, パシフィコ横浜, 2016.
  • HEPTコンソーシアムに関する展示, ET2015 産学連携パビリオン, パシフィコ横浜, 2015.
  • HEPTコンソーシアムに関する展示, ET2014 産学連携パビリオン, パシフィコ横浜, 2014.
  • HEPTコンソーシアムに関する展示, 浜松メッセ2014, アクトシティ浜松 展示イベントホール, 2014.01.30-31.
  • 制御系組込みシステムアーキテクト養成プログラムに関する展示, 浜松メッセ2013, アクトシティ浜松 展示イベントホール, 2013.
  • 制御系組込みシステムアーキテクト養成プログラムに関する展示, 浜松メッセ2012, アクトシティ浜松 展示イベントホール, 2012.
  • 制御系組込みシステムアーキテクト養成プログラムに関する展示, 浜松メッセ2011, アクトシティ浜松 展示イベントホール, 2011.
  • 対話インタフェースのポスター・デモ展示: 浜松科学館企画展ロボワールド2009 (2009.07.25-08.30), 静岡大学ブースにて.
  • ”制御系組込みシステムアーキテクト養成プログラム”, 文部科学省平成22年度科学技術振興調整費シンポジウム ポスターセッション, 2010.11.