世話人プロフィール

<代表>

竹之内裕文 TAKENOUCHI HIROBUMI

1967年生まれ。

静岡大学・教授

未来社会デザイン機構(主担当・副機構長)

農学部・創造科学技術大学院(副担当)

専門は哲学・倫理学・死生学。

東北大学理学部(数学科)入学直後に父と死別する。父の死、そして自分自身の死とどう向き合うかと苦悩しながら、重度障害者の自立ホーム「ありのまま舎」(現「仙台ありのまま舎」)にボランティアとして通い始める。それ以来、故阿部恭嗣氏(2008年逝去)と約20年間にわたって交友関係をもつ。

理学部数学科卒業後、「死の練習」という言葉に惹かれ、文学部哲学科に学士編入学する。岩田靖夫教授の指導のもとハイデガー哲学と格闘しながら、博士前期課程、後期課程へ進学する。1996-7年、フンボルト大学に公費留学する。2002年7月、東北大学大学院文学研究科より博士(文学)を授与される(博士論文『ハイデガー哲学とキリスト教 初期の宗教現象学をめぐって』)。

2002年秋、清水哲郎教授の主宰する研究会で故岡部健医師(2012年逝去)と出会い、翌春からタナトロジー研究会を共に立ち上げる。それと同時に看取りの現場に入り、死生学研究に着手する。

2008年にダウン症の息子を授かり、2011年4月から1年間、スウェーデンで在外研究生活を送る(スウェーデン・ボロース大学客員教授)。対話する社会に魅せられて、帰国後に静岡で死生学カフェ(2015年)をはじめ、哲学カフェ(2013年)、政治カフェ(2018年)、哲学対話塾(2019年)を創設する。

主な編著書・論文

『どう生き、どう死ぬか――現場から考える死生学』(岡部健・竹之内裕文編著、弓箭書院、2009年)、『喪失とともに生きる――対話する死生学』(竹之内裕文・浅原聡子編著、ポラーノ出版、2016年)、『対話を通して生と死を探究するー死生学カフェの挑戦』(竹之内裕文、『文化と哲学』、静岡哲学会編/37、2020年)

『死とともに生きることを学ぶ 死すべきものたちの哲学』(竹之内裕文著、ポラーノ出版、2019年)では、第14回日本医学哲学・倫理学会賞を受賞。

<世話人メンバー>

・青木 孝介

・小杉 健作

・斎藤 伸子

・鈴木 野々花

・平 祥乃

・多々良 秀典

・中尾 美友