課題解決型 IoT Lab Selection プロジェクト公募説明会

(IoT推進コンソーシアム/IoT推進ラボ(先進的モデル事業
推進ワーキンググループ))


先進的なIoTプロジェクトの発掘を目指す「課題解決型 IoT Lab Selection」のプロジェクト公募を6/30より開始しました。(公募締切 7/31  12:00)これに伴い、7月6日(木)に公募説明会を開催します。
是非御参加ください。

[公募説明会]

日時:平成29年7月6日(木)10:30~11:30

場所:NEDO 霞ヶ関分室 会議室(〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル12階

http://www.nedo.go.jp/content/100528379.pdf )

説明会への参加は、事前登録が必要です。出席を希望される方は、
下記URLの登録フォームにて、本日7月4日(火)中にご登録ください。(※希望者多数の場合は抽選)

<申込フォーム: https://contact.jipdec.or.jp/m?f=552 >

[先進的IoTプロジェクト選考会議「課題解決型 IoT Lab Selection」とは?]

IoT推進ラボでは、昨年度に引き続き、政府関係機関、金融機関や
ベンチャーキャピタル等と連携し、成長性・先導性、波及性(オープン性)、社会性等の観点から優れたIoTプロジェクトに対して、資金支援やメンターによる伴走支援、規制改革・標準化に関する支援を行います。

第4回のIoT Lab Selectionでは、新たに「社会課題解決型」のプロジェクトの募集を行います。テーマは「ものづくり-Conneted Industries」として、IoT推進ラボが提示する3つの課題、そのいずれかを解決・実現するプロジェクトの応募をお待ちしております。

<公募HP: http://iotlab.jp/jp/selection.html >

[公募期間]

平成29年6月30日(金)~平成29年7月31日(月)12:00

[テーマ]

ものづくり -Connected Industries-

[課題]

  1. 顧客ニーズの多様化、グローバルな経済情勢の変動、災害やトラブルなどのアクシデントでも最適な経済活動を継続できる「強靭なサプライチェーン」の実現
  2. 「もの」を売るだけの製造業からの脱却
  3. ヒトの勘や経験がAI・IoTと融合し、新たな素材や製品を生み出す

※課題解決につながるものであれば、課題を更に細分化いただいても構いません。

※申請者は、上記課題を解決する上で、重要となる論点を示し、プロジェクトが課題解決にどのように貢献するかを提案してください。

(参考) https://iotlab.jp/common/pdf/social_task_solution.pdf

[お問い合わせ]

(申請書提出に関する内容)

IoT推進ラボ事務局
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 電子情報利活用研究部
03-5860―7557  iot-info[at]jipdec.or.jp
受付時間:10:00-17:00(土日、祝日除く)

(公募内容全体に関する内容)

経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課
03-3501-2646  iot-meti[at]meti.go.jp

 

浜松商工会議所 浜松地域新産業創出会議 宇宙航空技術利活用研究会 公開講演会  「日本・世界での無人航空機最新動向と利活用状況について」

(浜松地域新産業創出会議)


来月4日に宇宙航空技術利活用研究会主催にて公開講演会を開催いたします。無人航空機研究に長く取り組まれている、産業技術総合研究所 岩田氏をお迎えし無人航空機の日本・世界での最新動向と利活用状況についてご講演いただきます。
今後の産業としても見込まれる分野についてご興味のある方はぜひご聴講ください。
詳細は下記ご確認ください。


浜松商工会議所 浜松地域新産業創出会議 宇宙航空技術利活用研究会 公開講演会
「日本・世界での無人航空機最新動向と利活用状況について」

この度、宇宙航空技術利活用研究会(小粥勝好代表幹事)では公開講演会を開催いたします。 浜松地域では、地元自治体と地元医科大学とが協定を結び、医薬運搬品運搬など医療分野で「小型無人機」を活用しての実証実験が開始された状況です。

また、地域の若い世代に航空・宇宙分野で活躍してもらおうと、地元理工系大学が補助金申請し地元の高校で木材生産などを学ぶ授業で将来「小型無人機」の導入を目指しています。日本・世界でも
小型無人機を含む無人航空機の利活用状況が注目されています。

そこで今回、無人航空機研究に長く取り組まれている、産業技術総合研究所 岩田氏をお迎えし無人航空機の日本・世界での最新動向と利活用状況についてご講演いただきます。

今後の産業としても見込まれる分野についてご興味のある方はぜひご聴講ください。

日時

平成29年7月4日(火)

講演会   16:30~17:50
情報交換会 18:00~19:30

場所

グランドホテル浜松 2階 飛鳥の間

参加費

講演会 無料

情報交換会:5,000円(税込)
※参加費は当日受付にてお支払いください。
※当日欠席は会費が発生いたします。都合がつかなくなった場合は
前日3日(月)12時までに必ずご連絡ください。

定 員

80名(申込先着順)

講 師

産業技術総合研究所 知能システム研究開発部門 主任研究員 岩田拡也 氏

問合先

浜松商工会議所 工業振興課

TEL:053-452-1116

FAX:053-459-3535

E-mail:kogyo[at]hamamatsu-cci.or.jp

申込URL:https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/733

 

総務省 SCOPE異能vationプログラムの公募開始

(スマートIoT推進フォーラム 会員)


総務省 SCOPE異能vationプログラムの公募開始

異能(Inno)vation プログラムは、ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスなICT技術課題に挑戦する人を支援」するものです。今年度は既存の破壊的なイノベーションを起こすような種への挑戦に加え、「異能(Inno)vationジェネレーションアワード部門」を新設しました。
これから本格的なIoT/BD/AI時代を迎えると、人工知能でも可能な「問題を解く力」よりも「これまでにない(=人工知能には予想もつかない)課題を発見し未来を拓く力」がより一層求められていくことと考えられます。協力協賛企業との連携※により、これらのアイデア・技術・課題について表彰します。

※協力協賛企業からの副賞20万円など

異能(Inno)vationジェネレーションアワード部門ではICT分野における

  • ちょっとした、けれども誰も思いついたことのないような面白いアイデア
  • 自分でも一番良い使い方が分からないけれど、こだわりの尖った技術
  • 自らが発見した実現したい課題

を募集しております。

応募方法:自薦もしくは他薦
(他薦の例;母親や先生が子供を推薦、社員が社長を推薦など)

年齢制限:なし

公募期間:5/22-6/30

公募の詳細: http://www.inno.go.jp

簡便な応募フォーマット

  • 自薦
    1. 提案タイトル[50文字以内]
    2. 概要の入力[600文字以内]
  • 他薦 推薦する方に期待すること[600文字以内]


スマートIoT推進フォーラム事務局
E-mail: info[at]smartiot-forum.jp
TEL: 042-327-5095
http://smartiot-forum.jp/

「DIYで試す、IoTハッカソン」開催について

「DIYで試す、IoTハッカソン」開催について

一般財団法人製造科学技術センター(MSTC)の産業オートメーションフォーラム(IAF)では、IAクラウド(ia-cloud)プロジェクトを編成し、「Web端末型IoTプラットフォーム ia-cloud」の 開発を行ってきました。 この度、仕様策定と対応機器の開発が完了したのを機会に、IoTハッカソンを開催します。「『DIYで試す、IoTハッカソン』実は、簡単で安全なIoTクラウドを体験する二日間」と題して、 6月27、28日、機械振興会館で実施します。ia-cloudは、Web標準技術を利用することで、既存のインターネット接続をそのまま利用することが可能であり、IoTのために専用の通信手段を確保する必要がありません。VPNを使用せずとも、 ファイアーウォールの内側から安全にクラウドへ接続が可能です。 このたび、「DIYで試すIoT」を体験する、IoTハッカソンを企画しました。「Web端末型IoTプラットフォーム ia-cloud」を実装した、無料で試用できるデータ収集クラウドサービスと、各種のIoTゲートウエイを用意し、 中堅中小企業の「繋ぎたい」にお答えします。「繋ぎたい」機器・設備・センサなどをハッカソンにご持参ください。IAクラウドプロジェクトメンバが、DIYで実現するIoTのデータ収集クラウドをサポートします。

  • 日 時
    平成29年6月27日(火) 13:00~ 28日(水) 16:00
  • 会 場
    機械振興会館地下3階 研修2号室
    (東京都港区芝公園3-5-8  03-3434-8211)
  • 主 催
    産業オートメーションフォーラム(IAF) IA クラウドプロジェクト
  • 定 員
    20社
    (最大3名/社) 申込受付先着順
  • 参加費
    無料(見学も可)
  • 詳細及び参加受付
    下記URLをご覧ください。 https://www.atbridge-cnsltg.com/iot-hackathon
     (申込みについては添付申込書を FAX またはメールにて事務局までお送りください。)
  • お問い合わせ先
    町田泰亮/一般財団法人製造科学技術センター/FAオープン推進室
    TEL 03-3500-4891 / FAX 03-3500-4895
    E-mail:ia-cloud[at]mstc.ne.jp
    東京都港区新橋3-4-10 新橋企画ビルディング4階(〒105-0004)

平成29年度ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業の公募開始

(浜松地域新産業創出会議)

独立行政法人中小企業基盤備機構(中小機構)より情報提供がありましたので、皆様にお送りいたします。詳細は中小機構へお問い合わせください。以下、ご確認ください。よろしくお願いいたします。


平成29年度ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業の公募を開始しました。
(平成29年4月25日付け 応募締切:6月9日)

ものづくり企業は、生産の海外移転など厳しい経営環境の中にあり、複数の企業が連携(グループ化)により強みを結集し、新製品開発や共同受注などの新たな事業活動によって課題を克服していくことが重要となっています。

しかし、多くの中小企業は、グループ化に必要なメンバーや産学官のネットワークの形成、グループ活動の運営や事業化活動に必要なノウハウに乏しいのが現状です。

そこで本事業では、地域の支援機関や中核企業等が主体となって行う連携グループの形成から、連携グループが取り組む事業計画の作成及びその実現に向けて行う活動を支援します。

☆助成率: 10分の10
助成限度額:750万円×事業年度数
助成機関:2事業年度内

但し、以下の条件がありますのでご注意ください。
1.管理機関以外に3以上の法人または個人
2.管理機関を除いて1/2以上が中小企業者であり、かつ1/2以上が製造業であること

▼詳細はこちらからご確認ください。
http://www.smrj.go.jp/keiei/tech/089285.html
公募要領等は下記の全国中央会HPから確認できます。
また、説明会が東京と大阪で行われ、その内容も確認できます。
応募申請は、全国中央会のHPから様式をダウンロードして使用をお願いします。
URLは以下のとおりです。
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29monorenkei_koubo20170425.html
お問い合わせ先
独立行政法人中小企業基盤備機構(中小機構)
経営支援部 経営支援課(ものづくり支援担当)
電話 03-5470-1523(直通)

 

スズキ果物農園「ブルーベリー収穫作業」機械検討会議

(浜松地域新産業創出会議 )

浜松農商工連携研究会の事業として実施している「機械化検討会議」
今回は「ブルーベリー収穫作業」に関する内容で開催いたします。
「機械化ニーズ」に対応できそうな会員企業様、是非ご参加ください。
詳細は下記ご確認ください。よろしくお願いいたします。


スズキ果物農園「ブルーベリー収穫作業」機械検討会議

浜松農商工連携研究会(浜松商工会議所)では、農業生産法人等の具体的な機械化ニーズに対して技術力のある「ものづくり企業」が集まり解決策を探る『機械化検討会議』を下記の通り開催いたします。
本事業では、ニーズ先より必要な機能や予算等について現地で説明を受け、各参加企業が可能な提案を考え&開発し、双方が「win=win」の関係を築くことを目的としています。
下記に記載した「機械化ニーズ」に対応できそうな企業は、是非ご参加ください。

《日時》

平成29年 5月18日(木)10:00~11:00

《場所》

スズキ果物農園(浜松市浜北区)※園地住所は参加者に追ってご連絡致します。

《定員》

10社(応募多数の場合は選考あり)

■スズキ果物農園■

浜松市浜北区宮口で果樹生産を行い、200年以上前から受け継がれる生産者農家。みかんだけでも5種類を生産し、他にブルーベリー、梨、グレープフルーツ、ブラッドオレンジなど様々な果物に挑戦している。「たかのみかん」「たかの梨」「たかのベリー」など、たかのブランドを展開する他ジュースやジャムなど加工品の生産も行っている。豊かな自然の恵みをそのまま感じられる高品質な果物作りに取り組む。

★ブルーベリーの収穫作業の機械化ニーズ★
  • 手摘みでなく、例えば振動により成熟果を落下させるなど、最も人手を要する収穫作業を短時間&省力化したい
  • 落下させた果実を傷付けず、分別して、集める技術が必要
  • 枝が細く、苗木が多い為、安価で複数の購入が可能であるか、 脱着が容易で枝木を傷めない機械を希望
★HP掲載URL:

https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/694

《申込み・問合せ先》
浜松商工会議所 工業振興課
TEL:053-452-1116
FAX:053-459-3535
MAIL:kogyo「at」hamamatsu-cci.or.jp

第1回 地域IoTと情報力シンポジウム 開催のお知らせ

(スマートIoT推進フォーラム )


慶應大学が中心となり、産官学でスマートシティ構築を進めることを目指した「地域IoTと情報力研究コンソーシアム」を昨年11月から発足したのですが(慶應SFCのコンソーシアムの仕組み:https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/activity/consortium.html を活用しています)、その第一回シンポジウムを下記の日時で行います。スマートIoT推進フォーラムのメンバーの方々にも是非ご参加頂ければと思っております。

【第1回 地域IoTと情報力シンポジウム】

主催:慶應義塾大学 地域IoTと情報力研究コンソーシアム
共催:湘南IoT推進ラボ
http://www.sfcity.jp/consortium/symposium2017/

日時:2017年4月28日(金)14:00-18:00
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館
藤原洋記念ホール
会費:無料(懇親会は一般3,000円、学生2,000円)

【趣旨】

昨年11月に発足した「地域IoTと情報力研究コンソーシアム」は、街のあらゆる情報をセンシングする技術や、ディープラーニングをはじめとする機械学習技術等を応用し、スマートホーム、スマートモビリティ、スマートスペース等の多様な分野において、情報の力を活用したサービスを創出することにより、人の生活をより豊かにするスマートシティを構築することを目的としています。本シンポジウムは、コンソーシアム会員団体の取り組みや狙いについて紹介するとともに、産官学の関係者間のネットワークを構築し、様々な情報交換、技術開発、事業展開等を連携し継続して取り組む機会となることを目指し、開催されるものです。

【是非こんな方にご参加頂ければと思います】

  • IT技術を用いて自治体の課題を解決したい自治体関係者
  • スマートシティ分野の最先端の研究・開発にご興味がある研究者の皆様
  • 藤沢市で取り組んでいるスマートシティ事例にご興味がある一般の方
  • 研究テーマを探している学生の皆様

最新プログラム等は、ホームページをご確認ください。

Symposium


スマートIoT推進フォーラム事務局
E-mail: info[at]smartiot-forum.jp
TEL: 042-327-7354
http://smartiot-forum.jp/

『ASEAN-JAPAN Innovation Meetup』開催決定!

(「IoT推進コンソーシアム/IoT推進ラボ(先進的モデル事業
推進ワーキンググループ)」)


日本貿易振興機構(ジェトロ)から「ASEAN-JAPAN Innovation Meetup」開催の案内がございましたので、下記のとおりお知らせいたします。
2016年の日・ASEAN首脳会議にて、安倍総理より、日ASEAN一体となった経済成長を実現するため、堅固な日ASEANの企業間ネットワークである「日ASEANイノベーションネットワーク」を形成し、技術面を含めた両地域の企業連携により新産業創出を目指していく旨の発表がありました。

その発表を受け、この度ASEANにおける日本企業と現地企業とのビジネス連携を促進することを目的とし、「ASEAN-JAPAN Innovation Meetup」を開催することとなりました。
詳細は、下記URL等をご参照ください。


参加無料!ASEAN企業を多数招致 ビジネスマッチングのチャンスです

  ◆◇◆ 参 加 申 込 受 付 開 始 ! ◇◆◇ 

JETRO主催 ASEANスタートアップ、財閥・有力企業との出会いの場『ASEAN-JAPAN Innovation Meetup』開催決定!

日程:4月7日(金)13:00~18:00

会場:ベルサール渋谷ガーデン B1F

来場申し込み、企業との事前アポイントメントはこちらから
>> https://www.event-site.info/meetup2017/


◆ ASEAN-JAPAN Innovation Meetupとは?

成長著しいASEANにおいて、新産業・イノベーション分野のビジネスが生まれています。ASEANにおける日本企業と現地企業とのビジネス連携を促進することを目的とし、ASEANスタートアップ企業、財閥・有力企業との出会いの場「ASEAN‐JAPAN Innovation Meetup」を開催することとなりました。

★参加費は無料!是非お申込みください★
 https://www.event-site.info/meetup2017/

□ Point1:ASEAN各国からスタートアップ企業、財閥・有力企業を招聘

  JETROが招聘した選りすぐりのASEAN各国のスタートアップ企業、有力・財閥企業、約45社が出展、商談できるチャンスです!

(出展企業の一例)

  • マレーシアで唯一、著名アクセラレーター500 Startupsを卒業したIT企業
  • The Innotribe Startup Showcase Asia ファイナリストのシンガポールフィンテック企業
  • 国内に420支店以上を有するミャンマー最大の民間銀行
  • 消費財、食品、衣料品から工業団地まで所有するタイ有数の企業グループ
  ★出展企業一覧はこちらから★

https://www.event-site.info/meetup2017/exhibition.html

□ Point2:ASEANとのビジネスに関心のある日本企業も出展

新産業分野での日ASEAN間のビジネス連携、海外進出を目指す日本のスタートアップ企業も出展予定。

□ Point3:企業紹介ステージ(ピッチステージ)でASEAN企業を随時開催

イベント会場内のステージでは、随時企業紹介を実施します。
ステージを聞いて、気になった企業のブースにもお立ち寄りください。※ASEAN企業の紹介ステージには通訳がつきませんので予めご了承ください。

来場申し込み、企業への事前アポイントメントはこちらからお申し込み下さい
>> https://www.event-site.info/meetup2017/

◆ こんな方にオススメ!

  •  ASEANのスタートアップ企業・財閥と協業したい!
  •  海外進出を考えている企業とマッチングしたい!
  •  ASEANの情報を知りたい!

◆ 事前アポイントをご利用ください!

  • Webサイト上でエントリーも簡単!
  • 人気の企業とのアポイントも待つ必要ナシ
  •  時間を指定できるので予定も立てやすい!

◆ イベント概要

【日程】4月7日(金)13:00~18:00

【会場】ベルサール渋谷ガーデン B1F

【出展予定企業数】約60社

【参加費】無料(事前申込制)

【事前参加申込締め切り】4月6日(木)12:00
★この機会をお見逃しなく!是非お申込みください★
  https://www.event-site.info/meetup2017/


注)本件に関するお問い合わせは、
下記(ASEAN – JAPAN Innovation Meetupイベント事務局)
へお願い致します。

ASEAN – JAPAN Innovation Meetupイベント事務局
Email: meetup2017[at]event-site.info
TEL: 03-3222-8950
受付時間: 10:00~18:00 (土・日・祝日除く)

 

モノづくり系のクラウドソーシング「Linkers」の新規発注案件

(浜松ロボット産業創成研究会)

浜松地域イノベーション推進機構様から、下記の通りモノづくり系のクラウドソーシング「Linkers」の新規発注案件についての情報提供がありましたのでロボット研究会メンバーの皆様に展開させていただきます。

申し込みは、リンク先から直接行なうこともできます。本件については、担当の立石部長までお問合せください。


・案件内容:

  1. 探索の背景
    • 当社は車載用近接センサー付タッチパネルDisplay製品の機能を検査している。
    • 検査の際に、幅広い温度範囲で製品を「操作」する必要があり、方法として小型のロボットもしくは実現できる装置の導入を検討している。
  2. 探索の概要
    • そこで、以下性能・機能を満足する、Display製品の信頼性試験用操作ロボットもしくはその装置を開発・製造できるパートナーを探している。

【検体】

  • 車載用Display(カーナビのようなイメージ)
  • サイズ:約160mm(H)×280mm(W)…
  • 案件詳細は、こちらからご確認ください ⇒ https://linkers.net/r/3UyTM

受付期限 2017年4月28日(金)


公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構
事業推進部 立石 哲康
〒432-8036 静岡県浜松市中区東伊場2-7-1
浜松商工会議所会館 8階
TEL 053-489-8111 FAX 053-450-2100
URL http://www.hai.or.jp
E-mail tateishi@hai.or.jp
・本メルマガにて情報発信を希望される方につきましては、お気軽に担当までご連絡ください(個社商材の宣伝等は除きます)

【本件担当】
浜松ロボット産業創成研究会(浜松商工会議所 工業振興課)
事務局 古田直也(ふるたなおや)
浜松市中区東伊場2-7-1
TEL:053-452-1112 FAX:053-459-3535
E-mail:furuta[at]hamamatsu-cci.or.jp

【ものづくり企業のための補助金獲得セミナー】のご案内

(浜松地域新産業創出会議)

浜松地域イノベーション推進機構より情報提供がありましたので、皆様にお送りいたします。以下、ご確認ください。
詳細は浜松地域イノベーション推進機構へお問い合わせください。


【ものづくり企業のための補助金獲得セミナー】のご案内

浜松地域イノベーション推進機構では、国内外への販路拡大、新事業展開のための市場調査などに対する支援に積極的に取り組み、地域既存産業の高度化・高付加価値化やブランド化及び新産業の創出を目指す「がんばる中小企業」を応援しています。
今回、当機構がものづくり中小企業のための各種補助金制度の公募を4月17日から開始するにあたり、中小企業の皆様にお奨めする国、県、市などが実施する平成29年度の支援施策や補助金制度などを
一挙に紹介するセミナーを開催します。ぜひご参加下さい。

  • 日 時:平成29年4月18日(火)13:30-17:30(開場:13:00-)
  • 会 場:浜松商工会議所会館10階 BC会議室(浜松市中区東伊場二丁目7番1号)
  • 定 員:80名(先着順)
  • 参加費:無料 ※県西部地域以外の企業は1,000 円(税込)
  • スケジュール:
    [説明会] 13:30~15:10
    13:35~ 経済産業省に関わる補助金等施策制度紹介(20分
    13:55~ 静岡県産業振興財団の施策制度紹介(20分)
    14:15~ 浜松地域イノベーション推進機構の補助金紹介(15分)
    14:30~ 浜松市の施策制度紹介(10分)
    14:40~ 磐田市の施策制度紹介(5分)
    14:45~ 浜松商工会議所の施策について(15分)
    15:00~ 質疑応答
    ※申込み状況により、説明の時間および内容を変更する場合があります。

    [個別相談会]15:20~17:30(1社20分程度)

  • 主 催:公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構
  • 共 催:浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町、浜松商工会議所
  • HP:https://www.hai.or.jp/calendar/1364.html
  • 申込方法:上記HPよりお申込みください。
    また、申込書にご記入の上、FAXにてお申込みください。
  • 申込締切:平成29年4月11日(火)
  • お問合せ
    公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構
    事業推進部 企業支援G 西野/米谷
    TEL : 053-489-8111 FAX : 053-450-2100
    E-mail : jigyobu2[at]hai.or.jp