総務省 SCOPE異能vationプログラムの公募開始

(スマートIoT推進フォーラム 会員)


総務省 SCOPE異能vationプログラムの公募開始

異能(Inno)vation プログラムは、ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスなICT技術課題に挑戦する人を支援」するものです。今年度は既存の破壊的なイノベーションを起こすような種への挑戦に加え、「異能(Inno)vationジェネレーションアワード部門」を新設しました。
これから本格的なIoT/BD/AI時代を迎えると、人工知能でも可能な「問題を解く力」よりも「これまでにない(=人工知能には予想もつかない)課題を発見し未来を拓く力」がより一層求められていくことと考えられます。協力協賛企業との連携※により、これらのアイデア・技術・課題について表彰します。

※協力協賛企業からの副賞20万円など

異能(Inno)vationジェネレーションアワード部門ではICT分野における

  • ちょっとした、けれども誰も思いついたことのないような面白いアイデア
  • 自分でも一番良い使い方が分からないけれど、こだわりの尖った技術
  • 自らが発見した実現したい課題

を募集しております。

応募方法:自薦もしくは他薦
(他薦の例;母親や先生が子供を推薦、社員が社長を推薦など)

年齢制限:なし

公募期間:5/22-6/30

公募の詳細: http://www.inno.go.jp

簡便な応募フォーマット

  • 自薦
    1. 提案タイトル[50文字以内]
    2. 概要の入力[600文字以内]
  • 他薦 推薦する方に期待すること[600文字以内]


スマートIoT推進フォーラム事務局
E-mail: info[at]smartiot-forum.jp
TEL: 042-327-5095
http://smartiot-forum.jp/

第1回 地域IoTと情報力シンポジウム 開催のお知らせ

(スマートIoT推進フォーラム )


慶應大学が中心となり、産官学でスマートシティ構築を進めることを目指した「地域IoTと情報力研究コンソーシアム」を昨年11月から発足したのですが(慶應SFCのコンソーシアムの仕組み:https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/activity/consortium.html を活用しています)、その第一回シンポジウムを下記の日時で行います。スマートIoT推進フォーラムのメンバーの方々にも是非ご参加頂ければと思っております。

【第1回 地域IoTと情報力シンポジウム】

主催:慶應義塾大学 地域IoTと情報力研究コンソーシアム
共催:湘南IoT推進ラボ
http://www.sfcity.jp/consortium/symposium2017/

日時:2017年4月28日(金)14:00-18:00
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館
藤原洋記念ホール
会費:無料(懇親会は一般3,000円、学生2,000円)

【趣旨】

昨年11月に発足した「地域IoTと情報力研究コンソーシアム」は、街のあらゆる情報をセンシングする技術や、ディープラーニングをはじめとする機械学習技術等を応用し、スマートホーム、スマートモビリティ、スマートスペース等の多様な分野において、情報の力を活用したサービスを創出することにより、人の生活をより豊かにするスマートシティを構築することを目的としています。本シンポジウムは、コンソーシアム会員団体の取り組みや狙いについて紹介するとともに、産官学の関係者間のネットワークを構築し、様々な情報交換、技術開発、事業展開等を連携し継続して取り組む機会となることを目指し、開催されるものです。

【是非こんな方にご参加頂ければと思います】

  • IT技術を用いて自治体の課題を解決したい自治体関係者
  • スマートシティ分野の最先端の研究・開発にご興味がある研究者の皆様
  • 藤沢市で取り組んでいるスマートシティ事例にご興味がある一般の方
  • 研究テーマを探している学生の皆様

最新プログラム等は、ホームページをご確認ください。

Symposium


スマートIoT推進フォーラム事務局
E-mail: info[at]smartiot-forum.jp
TEL: 042-327-7354
http://smartiot-forum.jp/

IoT人材育成分科会(第3回)の開催のお知らせ

(スマートIoT推進フォーラム会員)

IoT人材育成分科会(第3回)の開催

≪IoT人材育成分科会 (第3回)≫

  • 日時 : 3/15 (水)10:30~(12:00頃終了予定)
  • 場所 : 総務省10階 総務省第1会議室
  • 議事次第(予定):
  1.  IoTスキルセットver.1.0(案)について
  2.  若者・スタートアップを対象としたIoT人材育成の取組について
  3.  IoTの導入・利活用によるビジネス創造の推進に向けて
  4.  意見交換
  5.  その他
≪参加申込みにつきまして≫

本分科会への参加をご希望する場合は、事前登録が必要となりますので、平成29年3月10日(金)17時までに、御氏名及び御連絡先(電話番号(必須)FAX番号又はEメールアドレス)をEメールにて、下記連絡先にお送りください。
なお、会場の規模の関係上、傍聴希望者多数の場合は、 原則としてご希望のご連絡をいただいた先着順にてご案内させていただきますので、あらかじめご了承ください。また、1社から複数名の傍聴を希望された場合、傍聴者数につきまして調整させて頂く場合もありますので、あらかじめご了承ください。
(傍聴できない方には、傍聴できない旨の御連絡を差し上げます。)
また、庁舎入館の際に必要であるため、当日は顔写真付きの身分証明書をお持ち下さい。

なお、今回提供いただいた個人情報については、個人情報の保護に関する法律及び関連法令を遵守するとともに、本会合のご案内に必要とされる範囲内でのみ利用いたします。

【お問合せ先】
  • IoT推進コンソーシアム事務局内
    IoT人材育成分科会担当
    (株式会社三菱総合研究所)
    E-mail: siot-iotjinzai-ml【at】mri.co.jp
    TEL: 03-6705-6147 (担当:吉田、谷田部、柴崎)

「コンピューティングの進化と研究大学の役割 — 2016年度大川賞受賞記念シンポジウム –」 開催のご案内

慶應義塾大学より、「コンピューティングの進化と研究大学の役割 — 2016年度大川賞受賞記念シンポジウム –」開催のご案内を頂きましたので、展開させて頂きます。

一次締切の直前のご案内となり、申し訳ございません。一次締切:2月10日、参加確確定者への通知:2月12日、最終申込み締切:定員に達し次第


「コンピューティングの進化と研究大学の役割 — 2016年度大川賞受賞記念シンポジウム –」開催のご案内

この度、相磯秀夫博士 (慶應義塾大学名誉教授、東京工科大学理事(前学長)) とジョン・L・ヘネシー博士(スタンフォード大学名誉学長(前学長)、ナイト・ヘネシー奨学生プログラム理事長、電気工学・計算機科学科教授)の2016年度大川賞(※)受賞を記念して、シンポジウムを開催することとなりました。

受賞記念特別講演として、両氏の各分野における研究について、これまでの活動成果や今後の展望を、主に次世代の研究者に向けてお話しいただきます。またパネル討論では、両氏の研究に対する姿勢と情熱を若い世代に向けて伝えるとともに、社会にとっての研究の重要性を議論します。ご多忙のことと存じますが、多数の皆様のご参加を賜りたくお願い申し上げます。

*※大川賞*: 情報・通信分野における研究、技術開発および事業において顕著な社会的貢献をされた方の労に報い、その功績を表彰すると共に、情報・通信分野のさらなる発展と啓蒙に寄与することを目的とした国際賞

開催概要

日時:2017年3月2日 10:00~14:00 (9:30開場)

場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館 藤原洋記念ホール
〒223-8526 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
(東急東横線日吉駅徒歩1分) [アクセス情報 <http://www.kcc.keio.ac.jp/index.html>]

定員:シンポジウム:500名 懇親会:180名(予定)

言語:日本語・英語 (同時通訳有り)

会費:シンポジウム:無料
懇親会:8,000円(一般) 3,000円(学生)
[image: 参加申込みフォーム]
<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSekviF-b1zdpx33gaRCBr_1M53JLTvOhi5mqTVXn1watHCVKA/viewform>

プログラム

*■第一部:シンポジウム (10:00-12:00)*
受賞記念特別講演
「The End of Road for General Purpose Processors and the Future of Computing」 ジョン・L・ヘネシー博士

受賞記念特別講演
「コンピュータサイエンス関連分野における研究・教育の体験 ~コンピュータアーキテクチャの研究から大学改革まで~」 相磯秀夫博士

*■第二部:パネルディスカッション (13:00-14:00)*
鼎談「コンピューティングの進化と研究大学の役割」
・パネリスト:相磯秀夫博士 ジョン・L・ヘネシー博士
・モデレータ:徳田英幸 (慶應義塾大学環境情報学部教授)

*■懇親会 (15:00-17:00)*

参加申込み
(一次締切:2月10日、参加確確定者への通知:2月12日、最終申込み締切:定員に達し次第)

Webサイト https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/okawa2016 上での事前申込み制とさせていただきます。
下記のフォームからお申し込み下さい。
(※参加者多数の場合抽選とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。)

申込み一次締切 2月10日 → 参加確確定者への通知 2月12日
最終申込み締切 定員に達し次第
会費支払締切 2月27日

[image: 参加申込みフォーム]
<https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSekviF-b1zdpx33gaRCBr_1M53JLTvOhi5mqTVXn1watHCVKA/viewform>

お問い合わせ

2016年度大川賞受賞記念シンポジウム開催事務局
(慶應義塾大学環境情報学部 徳田研究室内)
okawa2016-info【at】ht.sfc.keio.ac.jp

「第2回テストベッド分科会」開催案内

(スマートIoT推進フォーラム)

平素は、フォーラム活動へのご理解、ご協力を賜りありがとうございます。
第2回テストベッド分科会の開催案内を転送させていたただきます、
参加申込み、お問い合わせは、テストベッド分科会事務局までお願い致します。


「第2回テストベッド分科会」を開催

平素より、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の活動におきまして、皆さまのご理解・ご協力に感謝申し上げます。また、第1回テストベッド分科会にご参加いただいた皆様、ならびにコアメンバーとしてご協力頂いている皆様には重ねてお礼申し上げます。

来る、2017年2月27日(月)に「第2回テストベッド分科会」を開催いたしますのでご案内いたします。

本分科会は「スマートIoT推進フォーラム」に設置されている分科会の1つであり、IoT・ビッグデータ(BD)・人工知能(AI)等に関する、技術実証・社会実証を促進するテストベッドの要件とその利活用促進策の検討を行うことを目的としております。
※スマートIoT推進フォーラム:http://smartiot-forum.jp/
※テストベッド分科会:http://testbed.nict.go.jp/bunkakai/index.html
※NICT総合テストベッド:http://testbed.nict.go.jp/

ご多忙とは存じますが、皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。


スマートIoT推進フォーラム 技術戦略検討部会
第2回テストベッド分科会

  • 開催日
    2017年2月27日(月)14:00~17:00
  • 開催場所
    KDDI HALL
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル2階
    <アクセス>
    【地下鉄】
    東京メトロ千代田線・半蔵門線・東西線「大手町駅」C1出口より直結。
    都営地下鉄三田線「大手町駅」C1出口より直結。
    東京メトロ丸ノ内線「大手町駅」A1出口より徒歩2分。
    【JR】
    「東京駅」丸ノ内中央口より徒歩10分
    会場の詳細は下記のURLをご覧下さい。http://www.kddihall.kddi.com/access.html
  • 議事次第(予定)<敬称略>
    ※議事次第の詳細につきましては別途ご案内いたします。
  1.  開会 (14:00~)
  2.  議題 (14:05~16:50)
    <前半>:利用者事例、地域連携事例のご紹介
    <後半>:コアメンバー会合のご報告&パネルディスカッション
    チェア:河口信夫(名古屋大学)
    パネリスト:
    楠本一樹(日本スポーツ振興センター)
    池永全志(九州工業大学)
    福本昌弘(高知工科大学)
  3. 閉会 (~17:00)

  • 参加申込
    IoT時代を見据えたテストベッドのあり方、ユーザ視点でのご要望等々、これらのテーマにご関心がある方など、幅広い業種、機関からの積極的なご参加をお待ちしております。
  • 申込締切
    2017年2月20日(月)迄に、以下の情報を事務局まで送付下さい。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    1.氏名(ふりがな):
    2.所属 役職   :
    3.TEL     :
    4.e-mail  :
  • 申込連絡先(テストベッド分科会事務局)
    tb-bkk_AT_jgn-x.jp/ tb-sec-ml_AT_mri.co.jp
    03-3510-6271
  • 秘密保持に関して
    本メールには、個人情報や機密情報が含まれている場合がございます。まことに恐れ入りますが、誤って送信されたメールを受信された場合には、本メールのコピー・使用・公開等をなさらず、速やかに送信元にご連絡いただくとともに、本メールを削除いただきますようお願い申し上げます。

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)
ソーシャルイノベーションユニット
総合テストベッド研究開発推進センター
テストベッド連携企画室
専門調査員

金久保 勝也(かなくぼ かつや)

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-1 KDDIビル21F
Phone 03-3510-6271/Fax 03-3272-3062
E-mail kanakubo[AT]nict.go.jp