Profile

竹本 裕之(たけもと ひろゆき)

TAKEMOTO Hiroyuki, PhD

平成22(2010)年3月 京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。京都大学生態学研究センター博士研究員などを経て,現在,静岡大学グリーン科学技術研究所,技術専門職員。動物(昆虫)の学習行動に関わる教育・研究を行っています。

専門分野 Area of Expertise 

化学生態学 Chemical Ecology,動物行動学 Ethology,比較心理学 Comparative Psychology

生き物の気持ちをわかること

生き物はごく自然に世界や他者と関わりあって生きています。動物の親は子を守り,小さな昆虫は広大な野原で食べ物を見つけ出します。そのような生き物の行動は,どのように世界を認識することで可能になっているのでしょうか。彼らも我々と同じように他者と関わり自己を認識しているのでしょうか。そして私がそのように他者である生き物の捉えた世界について考えるとはどういうことで,私や人間の社会に何をもたらすのでしょうか。