第7回 2018/9/8~9 オーテピア(高知みらい科学館)

日程

  • 2018年9月8日(土)13:30 ~ 9日(日)12:00

場所

共催

  • (予定)高知みらい科学館(2018年7月24日開館)

スケジュール

  • 9月8日(土)
    • 13:30~18:00(招待講演・一般講演)
    • 18:00~19:00 (高知みらい科学館・プラネタリウム紹介)
    • 19:20~21:30(懇親会)
  • 9月9日(日)
    • 9:30~12:00(招待講演・一般講演)

招待講演

  • 佐藤毅彦 氏(JAXA宇宙科学研究所)
    • 「ガーナ・インターネット天文台15周年とその発展形」
  •  山本真行 氏(高知工科大学)
    • 「観測ロケット・気球を用いた高層大気中の低周波音波伝搬計測と津波防災~宇宙の渚で音はどこまで聞こえるのか?~」
  • 徳光政弘 氏 (米子工業高等専門学校)
    • 「高専スペース連携における衛星電波受信実験プロジェクトについて」
  • 下元繁男 氏(高知県立芸西天文学習館 講師)
    • 「人工衛星搭載カメラのソフト開発の体験談」

参加申込

  • 以下のURLから申し込み下さい。
  • 講演ありの場合の申込締切は、8月8日 (水) です。
  • 講演なしの方も、できるだけ事前にお申し込みください。
  • 懇親会の申込締切は、9月1日 (土) です。
  • 講演いただいた内容は、ウェブで公開する予定です。
  • 公開用のファイル(発表等で用いたパワーポイントのファイルで結構です)を、ご用意ください。当日のご発表等の後、ファイルを集めたいと思います。ご協力をお願い致します。

問い合わせ先

  • 渡辺(t_watanabeあとまーくimc.hokudai.ac.jp)

主催

  • 「小型衛星の科学教育利用を考える会」実行委員会
    • 委員:松村雅文**(香川大学)、能見公博**(静岡大学)、渡辺謙仁*(北海道大学)、有本淳一(京都市立京都工学院高等学校)、内山秀樹(静岡大学)、藤井大地(平塚市博物館)、中串孝志(和歌山大学)、野澤恵(茨城大学)、平山寛(秋田大学)、深井貫(JAMSAT)、今井一雅(高知工業高等専門学校) **協同代表 *幹事]

概要

「第7回 小型衛星の科学教育利用を考える会」が、2018年9月8日(土)~9日(日)に、高知で開催されます。会場は、7月24日に開館予定となっておりますオーテピア(高知みらい科学館)です。本会は、”小型衛星”と”教育”をキーワードとして1年に2回行っており、小型衛星の教育利用の可能性を中心に、小型衛星に関する今後の協力体制、活動、展開等を議論しています。招待講演は、上記の4名の方にお願いしております。他の方々からの講演も広く募集し、参加者相互での衛星の教育利用に関する情報交換や議論、人的交流を進めていきたいと考えています。
また、今までの本会の議論を基に、各地の学校等で実践されてきた「衛星電波受信実験の教育利用」の報告も予定されています。この実践については、更なる教材開発や、実践に関する検討が必要とされる状況ですが、この実践にご協力いただける方を募りたいと考えております。特に、小中学校や高等学校の教員の方、科学館の方のご参加も歓迎致します。