芦田さんが日本原子力学会フェロー賞を受賞!

卒業生の芦田さん(当時B4)が、2020年度日本原子力学会フェロー賞を受賞しました!

この賞は、原子力・放射線分野を学び修めた学業優秀な学生を対象に授与し顕彰するもので、喜ばしいことに研究室から3年連続の受賞となりました。

贈呈式は日本原子力学会2021年春の年会中の3月17日にオンラインで実施され、賞状と盾が後日届きました。芦田さんから写真を送ってもらったので、時間が経ってしまいましたが掲載させていただきます。

論文採択

M1三浦くんが第一著者、近田が責任著者として投稿した論文”Lithium-lead corrosion behavior of zirconium oxide coating after heavy-ion irradiation”が、Fusion Engineering and Design誌にacceptされました。この論文は、照射と腐食の複合効果を明らかにするために、重イオン照射し損傷を与えたセラミックス被覆を液体リチウム鉛に曝露し腐食挙動を調べたというもので、昨年9月のSOFT2020で発表した内容を論文にしました。

日本原子力学会2021年春の年会で成果発表

3月17日~19日の日程でオンライン開催された日本原子力学会2021年春の年会にて、B4藤原くんと近田が口頭発表を行いました。藤原くんは学会発表デビューでしたが、発表も質疑応答もしっかりとできたと思います。続けてのポスター発表もお疲れさまでした。
講演番号と題目は以下のとおりです。

2L15 藤原(B4)
「重イオン照射した酸化ジルコニウム被覆における電気化学特性と水素同位体透過挙動との相関」

3L04 近田
「トリチウム透過低減被覆の高圧水共存性試験」

1 2 3 26