論文採択

近田が責任著者として投稿した論文”Gamma-ray-induced migration of hydrogen isotopes in zirconium oxide coatings at room temperature”が、International Journal of Hydrogen Energy誌にacceptされました!

この論文は、一昨年度修了生の中澤くんの成果を論文にまとめたもので、重水素を導入したセラミックス被覆に種々の条件でガンマ線を照射すると、軽水素および重水素の移行挙動が変化することを明らかにしました。この結果は、核融合炉で発生するガンマ線によって、材料から水素同位体を除去できる可能性を示しており、核融合炉における燃料サイクルに大きなインパクトを与えると考えられます。今度、正式に出版され次第、プレスリリースを出す予定です。

日本原子力学会2022年秋の大会で成果発表

9月7日~9日の日程で茨城大学日立キャンパスにて開催された日本原子力学会2022年秋の大会で、学術研究員Khiemさん、M1城田くん、M1松浦くん、近田が口頭発表を行いました。久しぶりの対面での学会発表は緊張感がありましたが、一方で、セッション後に自由に議論ができるなど、対面の良さを改めて感じる学会になりました。
講演番号と題目は以下のとおりです。

2H13 松浦(M1)
「機能性セラミックス被覆の水素同位体透過挙動における​固体増殖材による腐食影響」

2H15 Do(学術研究員)
“Characterization of multifunctional ceramic coating on steel pipe fabricated by metal organic decomposition”

2H16 城田(M1)
「機能性セラミックス被覆のリチウム鉛腐食挙動におけるガンマ線照射影響」

2H17 近田
「機能性セラミックス被覆の流動リチウム鉛合金中腐食挙動」


三浦くんが原子力学会フェロー賞を受賞!

卒業生の三浦くん(当時M2)が、2021年度日本原子力学会フェロー賞を受賞しました!

この賞は、原子力・放射線分野を学び修めた学業優秀な学生を対象に授与し顕彰するもので、研究室からは4年連続の受賞となりました。大変素晴らしいことと思います。

贈呈式は、日本原子力学会2022年春の年会会期中の3月18日にオンラインで実施されました。賞状と盾が後日届いたため、三浦くんから写真を撮って送ってもらいました。

受賞の記事が、理学部ホームページ、および静岡大学公式サイトから見ることができます。

1 2 3 32