プラズマ・核融合学会2019年度カレンダーに画像が採用

プラズマ・核融合学会が毎年学会誌の付録として製作しているカレンダーに、研究室から投稿した画像が採用されました!下記リンクの学会Webサイトからご覧いただけます。

プラズマ・核融合学会2019年度カレンダー

投稿のきっかけになったのは、2018年10月31日ハロウィン当日、試料を電子顕微鏡で観察していると、魔女の帽子のような形をした突起がたくさん見えたことでした。この不思議な帽子がどのようにできたのか、なぜこのタイミングだったのか、謎だらけですが、これから解いていきたいと思います。

論文採択

M1中村くんが第一著者、近田が責任著者として投稿した論文”Iron-ion irradiation effects on microstructure of yttrium oxide coating fabricated by magnetron sputtering”、および卒業生のM2藤田さんが第一著者、近田が第二著者として投稿した論文”The relationship between structural changes of ceramic coatings and γ-ray irradiation effect on deuterium permeation”が、Fusion Engineering and Design誌にacceptされました。これは、昨年のSOFT2018で発表した内容を論文にしたもので、トリチウム透過低減被覆がそれぞれイオン照射およびガンマ線照射によってどのような影響を受けるかを明らかにしたものです。

2018年度理学部・理学専攻祝賀会

3月23日に、理学部および大学院総合科学技術研究科理学専攻の卒業・修了祝賀会が行われました。研究室からは、赤星さん、遠藤さん、中澤くんが理学部を卒業、松永くんが大学院修士課程を修了しました。おめでとうございます!

 
 

1 2 3 4 5 26