研究業績(加藤)

Recent papers

  1. Kato C, Kusumoto I, Kato S, Otoki Y, Ito J, Totsuka H, Rajgopal A, Hong J, Nakagawa K, Induction of ferroptosis in human keratinocyte HaCaT cells by squalene hydroperoxide: Possible prevention of skin ferroptosis by botanical extracts. Biochem Biophys Res Commun. 698, 149553 2024.
  2. Kato C, Parida IS, Maeda S, Mikekado T, Kato S, Takekoshi S, Nakagawa K, Cellular uptake of pyrroloquinoline quinone in its intact and derivatized forms from the cell culture medium of 3T3-L1. Oleo Sci. 71, 12, 1761-1767, 2022.
  3. Kato C, Suzuki Y, Parida IS, Kato S, Yamasaki H, Takekoshi S, Nakagawa K, Possible Glutathione Peroxidase 4-Independent Reduction of Phosphatidylcholine Hydroperoxide: Its Relevance to Ferroptosis. Oleo Sci. 71, 11, 1689-1694, 2022.
  4. Kato C, Kawai E, Shimizu N, Mikekado T, Kimura F, Miyazawa T, Nakagawa K, Determination of pyrroloquinoline quinone by enzymatic and LC-MS/MS methods to clarify its levels in foods. PLoS One 13, 12, e0209700, 2018.
  5. Yamada H, Ito J, Shimizu N, Takahashi T, Kato C, Ishihara K, Nakagawa K, Structural analysis and anti-inflammatory effect of a digalactosyldiacylglycerol-monoestolide, a characteristic glycolipid in oats. Nutrients. 14, 19, 4153, 2022.
  6. Kuroki T, Takekoshi S, Kitatani K, Kato C, Miyasaka M, Akamatsu T, Protective effect of Ebselen on ischemia-reperfusion injury in epigastric skin flaps in rats. Acta Histochemica et Cytochemica. 55, 5, 149-157, 2022.
  7. Yagasaki H, Takekoshi S, Kitatani K, Kato C, Yamasaki H, Shioyama K, Tsuboi T, Matsuzaki T, Inagaki Y, Masuda R, Iwazaki M, Protective effect of ebselen on bleomycin-induced lung fibrosis: Analysis of the molecular mechanism of lung fibrosis mediated by oxidized diacylglycerol. Free Radical Research 56, 7-8, 473-482, 2022.

Books and Monographs

  1. 加藤主税, 加藤俊治, 三毛門毅, 仲川清隆, 3T3L1におけるPQQの取り込み:遊離型および培地中で生じたアミノ酸付加体を介した経路について. Vitamins, in press, 2024.
  2. 加藤主税, 第46回日本分子生物学会年会に参加して. JMARS News Letter , 23, 9-11, 2024.
  3. 加藤主税, 鈴木優里, 加藤俊治, 竹腰進, 仲川清隆, フェロトーシスとその防御に関する研究の一層の広がり. Vitamins, 97, 2, 72-78, 2023.
  4. 加藤主税, 河合笑子, 清水直紀, 三毛門毅, 木村ふみ子, 宮澤陽夫, 仲川清隆, 酵素法とLC-MS/MS法によるピロロキノリンキノンの定量: 食品分布の解明に向けて. Vitamins, 94, 5-6, 328-332, 2020.

Press release

  1. 第3回全国母乳調査 母乳に含まれる機能性成分ピロロキノリンキノン (PQQ) の測定方法を開発:20190327-PQQ-共同研究プレスリリース.pdf (beanstalksnow.co.jp)

Grants

  1. 科学研究費助成事業 若手研究 (Grant No. 23K13888, 2023-2025年度)
    脂溶性情報伝達分子の過酸化によるフェロトーシス誘導の分子機構解明
  2. 令和6年度日本栄養・食糧学会栄養・食糧学基金若手研究助成 (2024年度)

 Award

  1. 平川祥成.
    JSoFF2023 Young Investigator Award.
    日本フードファクター学会第28回学術集会(2023年11月)

Conference

  1. 加藤主税, 山崎寛之, 加藤俊治, 仲川清隆, 日野真吾, 西村直道, 竹腰進
    フェロトーシスにおける過酸化リン脂質の分解によるラジカルの形成とビタミンEによる抑制
    日本ビタミン学会第76回大会 (福井, 2024.06.08-09)
  2. 〇渡邉莉菜, 加藤主税, 竹腰進, 須原義智, 廣田佳久
    フェロトーシスに対するビタミンK同族体や誘導体の構造特異性の評価
    日本ビタミン学会第76回大会(福井, 2024.06.08-09)
  3. 〇平川祥成, 加藤主税, 藤田和弘, 三毛門毅, 仲川清隆
    LC-MS/MSを用いた食品中のピロロキノリンキノンの分析法について 還元型PQQやアミノ酸付加体を考慮した条件の検討
    日本ビタミン学会第76回大会(福井, 2024.06.08-09)
  4. 加藤主税, 山崎寛之, 加藤俊治, 北谷佳那恵, 仲川清隆, 竹腰進
    フェロトーシスにおけるジアシルグリセロールヒドロペルオキシドの役割の解明
    第78回日本栄養・食糧学会大会(福岡, 2024.05.24-26)
  5. 〇仁科里佳子、日野真吾、加藤主税、西村直道
    難消化性グルカンによる回腸へのグルコース供給が,ラット回腸上皮細胞に及ぼす増殖効果
    第78回日本栄養・食糧学会大会(福岡, 2024.05.24-26)
  6. 加藤主税, 楠本惟吹, 加藤俊治, 乙木百合香, 伊藤隼哉, 鈴木優里, 戸塚広乃, Arun Rajgopal, Jina Hong, 仲川清隆
    過酸化スクアレンによるヒト皮膚角化細胞へのフェロトーシスの誘導と植物抽出物による抑制
    日本農芸化学会2024年度大会(東京, 2024/03/24-27)
  7. 〇鈴木優里, 加藤主税, 加藤俊治, 山崎寛之, Isabella Supardi Parida, Mirinthorn jutanom, 竹腰進, 仲川清隆
    過酸化リン脂質の代謝からみたフェロトーシス誘導機構の評価
    日本農芸化学会:2024年度大会(東京, 2024/03/24-27)
  8. ◯平川祥成, 加藤主税, 藤田和弘, 三毛門毅, 仲川清隆.
    LC-MS/MS を用いた食品中のピロロキノリンキノンの分析法について
    日本フードファクター学会第28回学術集会(神戸, 2023/11/18-19)→ JSoFF2023 Young Investigator Award.
  9. 〇立石恒一朗, 加藤主税, 戸草内瑞生, 河野良平, 夏見宙茉, 竹腰進, 奥野祥治, 宇都宮洋才, 山本典生
    梅抽出物の抗インフルエンザウイルス活性の評価
    第70回日本ウイルス学会学術集会(仙台, 2023/9/26-28)
  10. 加藤主税, 仲川清隆, 竹腰進.
    フェロトーシスに対するピロロキノリンキノンの保護作用
    日本ビタミン学会第75回大会(仙台, 2023/6/17-18)
  11. 加藤主税, 奥野祥治, 上田有里子, 夏見宙茉, 山本典生, 立石恒一朗, 河野良平, 宇都宮洋才, 竹腰進
    梅干し抽出物によるフェロトーシスの抑制作用
    第76回日本酸化ストレス学会 合同学術集会(神戸, 2023/5/24-25)