コンテンツへスキップ

脂質分子の二分子層膜横断(フリップ・フロップ)に対する膜張力の効果

Moynulさんたちの「脂質分子の二分子層膜横断に対する膜張力の効果」の論文がアメリカ物理学協会 (AIP) の J. Chem. Phys. に掲載されました (J. Chem. Phys. 148, 245101, 2018) [Abstract] [PDF]。この論文ではまず、巨大リポソーム(GUV)を用いた脂質分子の二分子層膜横断(フリップ・フロップ)の速度定数kFFを求める方法を開発しました。次にそれを用いて、膜の張力が増大するにつれてkFFが大きく増大することを見出し、その結果のメカニズムを議論しています。