研究室紹介

研究概要
ビジネス プロセスマネジメント DEMO

DEMOのATD(Actor Transaction Diagram)を用いたA社のビジネスプロセス全体像

企業経営における経営戦略・経営管理の実現のために、情報、情報システム、情報技術の活用は必要不可欠となっています。その活用の巧拙が企業の経営パフォーマンスに影響を与えると言っても過言ではないでしょう。情報システムの活用による企業経営のパフォーマンス向上に関する研究を幅広く行っています。

また、戦略経営、マーケティング、ビジネスプロセスマネジメント、プログラム・プロジェクトマネジメントといった関連分野にも、その研究が波及することもあります。

さらに詳しい研究内容はこちら

 

 
研究室の特徴
永吉研究室は2016年8月から発足しました。現在は静岡大学情報学部の3年生が5名,4年生も5名所属しています。
この研究室の大きな特徴は、実際の企業と関わる機会が多いというところにあります。企業見学及び企業と連携したワークショップを通じた実践的な学習により、学んだ知識をアウトプットする能力の向上が期待できます。
大学在学中に「これを達成した」「こんな実績を残した」と自信を持って言えるものが得られるような研究・学習活動を進めています。研究室に所属している学生はみな個性的で、日頃からにぎやかな雰囲気が保たれています。また、メンバーひとりひとりに役割と責任が与えられているため、いわゆる「フリーライダー」という人物は存在しません。
指導教員との関係も密接で、有意義な研究・学習活動をすることが可能となる環境ができています。研究・学業のみならず「遊び」もイベントとして実施し、「やるときはやる」「楽しむときは楽しむ」とメリハリをつけた研究室活動を実施していきます。