当研究室では,機械工学科にありながら電気で動くモータの研究を行っています.特に,永久磁石モータに代表させる同期モータの設計,試作,性能評価,さらには,回転主軸が磁気力により非接触で支持(磁気浮上)され,どこにも接触することなく回転するベアリングレスモータの基礎・応用研究を行っています.

零相電流を用いた磁気浮上制御

概 要  2自由度制御形ベアリングレスモータでは,回転子の半径方向2自由度(x,y)を位置決め制御するために,三相インバータを1台必要とします.また,シングルドライブベアリングレスモータでは,三相インバータを1台用いてd […]

Read more

低トルクリプル永久磁石モータ

概 要 本 研究では,マイクロエンドミル加工機への応用を見据え,超精密・超高速磁気軸受モータシステムの実現を目指しています.磁気軸受の超精密位置決めを実現するためには,電磁外乱力が小さいモータが必要です.電磁外乱力の要因 […]

Read more

磁気浮上と磁気軸受

磁気浮上と磁気軸受 磁気浮上とは,電磁石や永久磁石による磁気力を使って,どこにも接触することなく物体を浮上させることを意味します.特に,回転体を磁気力により非接触で支持する機械要素を磁気軸受と言います.一般的な転がり軸受 […]

Read more

極薄鋼板を用いた永久磁石モータ

性能評価実験 モータ出力Hは,回転主軸のトルクTと角速度ωの積である.また,単位重量(あるいは体積)あたりのモータ出力を出力密度ζといい,宇宙ロボットやドローン,産業機械応用には,モータの高出力密度化が望まれている.トル […]

Read more
1 2 3