学びの場としての研究室

わたしたちの研究室は、論理と表現の本格的なトレーニングを積みたい人、(既成の学問領域を越境して)広く深く学びたい人、自分の問いを考え抜きたい人のための学びの場です。研究室での切磋琢磨を通して、あなたにはあなた自身の生きる足場を築いてほしい、あなたにしかできない生き方を実現してほしいと願っています。

その原動力となるもの、それがあなたの願い、あなた自身の問いです。あなたの願いを温め続け、それをさらに他者と共有可能な問いにまで育てること、それは決してたやすい作業ではありません。本物の出会いを求めてわざわざ出かけてゆき、自分を根底から突き動かす問いを求めて、祈るような思いで本を開く。その積み重ねを通して、初めて「自分の問い」が立ち上がってきます。

いわゆる「現場」にいくら足を運ぼうが、ゼミでテキストを何冊読もうが、漫然と言葉が受けとめられるところでは、なにも出来事は起こりません。人やテキストは語りかけてくれません。人の語りかけやテキストの語りかけを聴くためには、聴くという能動的な態度を身につけ、言葉を受けとめる力を培わなければなりません。

受けとめる真剣さ、それはもちろん欠かせません。ただそれだけでは十分ではありません。相手の言葉から問いを引き出すためには、自分にも問いがなければなりません。問いが問いを喚起するのです。つまり、人やテキストから問いを引き出すためには、「自分の問い」を育てなければならない――ここにはある種の循環があります。では「自分の問い」を育てるためには、どうしたらよいのか。

 

第一に、言葉を明晰に使用することです。曇りガラス越しに景色を見ても、よく見えないように、曖昧な言葉を使っているかぎり、うまく考えることができず、問いは磨き上げられません。問題の所在を的確に言い当てられません。言葉を磨くためには、読書を通して美しい言葉や精緻な文章表現に親しむことです。今日では、あまりお目にかかれないと思いますが、磨かれた言葉の語り手がいれば、その語りに耳を傾けるのもよいでしょう。

第二に、広く学び、自分なりの世界地図・歴史地図を手に入れることです。その地図を携えて歩めば、初めての場所でも土地勘が働き、自分の位置を確認できます。関心を広くもち、たくさんの本を読んでください。映画を見てください。報道番組やインターネット(英語!)で世界と歴史を知ってください。

第三に、「自分の問い」を育てるためには、問う力を身につける必要があります。それは安易に答えを導き出さず、疑問や難問の前に立ち続ける耐性といってもよいでしょう。

できあいの問題に解答を出すことに満足できないならば、自分で問題を立てるほかありません。それは言葉を通して、たとえば不明瞭な文章を書いてはなぐり捨てる、あるいは何度も修正するというかたちで進められるでしょう。もし問いを立てる作業につき合ってくれる人に恵まれたならば、対話を通して問いを立てることもできるでしょう。

最後に、実践あるのみです。必ずしも「対話」というかたちをとる必要はありません。討論でも激論でもよいのです。おぼろげであれ、二者以上が問いを共有するならば、たんなる情報交換やおしゃべりでは終わらないはずです。

ただ実際に挑戦してみるとわかりますが、話すより、書いた方が、問いは立てやすい。時間をかけて言葉にし、さらに時間をかけて推敲することができるからです。話して問いを立てる作業は、書いて問いを立てる作業よりも瞬発力が求められます。その分だけ、高度だといえるでしょう。だからこそ書きながら問う、考えるという機会が大切になるのです。

 

以上の展望のもと、研究室では、読んで書くという基本的素養を身につけるため、新メンバー(3年生、修士1年生、博士1年生)に入門ゼミ(前期)を提供しています。農学部では、本格的な文章を書く機会がほとんどないので、文章と思考を練るという意味でも、貴重な機会となるでしょう。ただこのゼミは、あくまで導入にすぎません。ここで、自分なりの感触をつかみ、自主的なトレーニングを継続することが大切です。

後期ゼミは、論理的で精緻な文章と粘り強く向き合う場であり、分からないことに対する耐性を身につける場です。一流の磨かれた言葉と出会い、そこから大きな問いを引き出す場でもあります。テキストが英語であれば、より真剣に言葉と向き合い、訳出作業を通して、自らの言葉と論理を吟味することができるでしょう。

哲学対話塾(偶数月第3土曜日)は、哲学の古典といえるテキスト(邦語)の「会読」(前田勉『江戸の読書会 会読の思想』平凡社)を通して、参加者が哲学することに習熟し、思想の世界地図・歴史地図を手に入れる場です。塾頭(青木孝介さん)がレジュメ作成を担当します。どのようにレジュメを作成したらよいか、塾頭から学ぶことができるでしょう。テキストの精読と哲学対話を通して、言葉や論理が磨かれ、問いが生まれるでしょう。

死生学カフェ(奇数月第3土曜日)は、対話を通して生と死を探究する場です。多様な参加者の磨かれた言葉に出会い、聴きながら考える機会です。老若男女が集う開かれた探究の場で、あなたの問いをぶつけ、自分の思いを言葉にしてみてください。

農と食の実験室(農食ラボ)のプロジェクトは、2020年度から始動します。移譲される古民家(有屋)とその農地・山林(富士市南松野)を活用して、各自で実験を進めてください。春から秋にかけて研究室メンバーで定期訪問し、各人/共同のプロジェクトを練り、古民家の将来について構想しましょう。

 

このように哲学研究室では、豊かな学びの場が提供されています。それはけっして当たり前のことではありません。学生と教員双方のたゆまぬ努力があって、初めて学びの場が成立しているのです。これらの学びの場を余すところなく活用してください。そしてそれを後輩たちに継承してください。あなた自身が「自分の問い」を大きく育て、それに見合った活動を展開し、言葉を発信することで、世界の希望、人類の希望となってください。あなたの可能性を信じています。