健康に関する Q&A(6月4日9時00分更新)

一部科目の対面授業開始後の健康管理について【6/4(木)9:00更新】

体調に不安がある場合はまず安全な生活を送るためにをご覧ください。
発熱や咳などの風邪の症状がある場合は、くれぐれも大学に登校しないでください。対面授業が開始される授業において、風邪症状等がある場合は欠席扱いになりません。詳しくは授業Q&Aをご覧ください。

熱中症予防について【5/29(金)15:30更新】

6月8日(月)から段階的に対面授業がはじまり、6月15日(月)から課外活動も、感染防止対策を徹底したうえで、実施が認められます。新型コロナウイルス感染防止とともに気をつけなければならないのが熱中症です。保健管理センター「熱中症予防」の記事を参考に、十分に対策をして注意してください。

在宅授業期間中の健康管理について【4/27(月)14:30更新】

4/30より在宅授業期間が始まります。授業開講の延期、キャンパスで友人や教員に会えない等、例年と違う異常な状況に、不安、孤独感、倦怠感、あるいは、不眠など体調の不良を感じられている方も多いのではないでしょうか。保健センター作成のコロナウイルス感染症(COVID-19)に関する心のケアをぜひご覧ください。このような心や身体の反応は、特別なものではなく「異常な状況に対する正常な反応」です。自分が弱いせいだと自責の念に駆られたり、早く回復しなければと焦ったりする必要はありません。つらい状態が続く場合は、保健センター(電話 054-238-4468、Twitter @shizu_hokekan)や、学生相談室(電話 054-237-7309)に、ためらわずに相談してください。

特に不調のないという方も、予防として、コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する心のケアをぜひご覧ください。健康管理のコツや「インフォデミック」対策についても書かれています。

健康診断について【4/16(木)10:00更新】

健康診断の予定は保健センター「2020年度 学生定期健康診断 受診に際しての注意事項」をご覧ください。4月21日(火)までに静岡キャンパスで開催されている健康診断を受診できなかった方は保健センターにご一報ください。

保健センター 054-238-4468