日本化学会第99春季年会(予定)

2018年3月16-19日に開催される日本化学会第99春季年会にて、ポスター発表を行います。

(232) 可視光レドックス触媒によるスルホンへの新規な脱硫カップリング反応の開発
仙石哲也,近藤 篤,夏目真那,室伏崚汰,依田秀実,日本化学会第99春季年会,2018. 3. 17. 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市)
(231) 求電子アミドアリル化反応を利用する新規スピロラクタム構築法の開発
仙石哲也,園田智史,牧野行記,飯島あゆみ,依田秀実,日本化学会第99春季年会,2018. 3. 17. 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市)
(230) 水を溶媒とする触媒的不斉アミドアリル化反応

仙石哲也,前川龍之介,今村大貴,和田光生,依田秀実,日本化学会第99春季年会,2018. 3. 17. 甲南大学 岡本キャンパス(兵庫県神戸市)

永井君の論文がSynlett誌に掲載決定!

(90) New synthetic methodology toward azaspiro-γ-lactones via oxidative C-H spirocyclization reaction
Tetsuya Sengoku, Yuichiro Nagai, Toshiyasu Inuzuka and Hidemi Yoda
Synlett, 2019, 30, 199-202. (DOI: 10.1055/s-0037-1611941)

The key C–H spirolactonization was accomplished by employing iodobenzene diacetate and potassium bromide to afford a variety of azaspiro-γ-lactones in high yields. 

 

Journal Information: Impact factor 2.369 (Q2, JCR 2017)

第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会

2018年11月3-4日に開催された第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会にて、5件のポスター発表を行いました。

(229) 水を溶媒とする環境調和型触媒的不斉アミドアリル化反応の開発
仙石哲也,前川龍之介,和田光生,依田秀実,第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2018. 11. 4. 名古屋大学(愛知県名古屋市)
(228) 酸化的C–Hラクトン形成による新規なN,O-スピロ化反応の開発
仙石哲也,永井悠一郎,依田秀実,第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2018. 11. 4. 名古屋大学(愛知県名古屋市)
(227) ヒドロキシラクタムを鍵中間体とするアザスピロ化合物の包括的合成
仙石哲也,白井杏奈,依田秀実,第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2018. 11. 4. 名古屋大学(愛知県名古屋市)
(226) ヒドロキシラクタムの触媒的開環-閉環による新規な不斉スピロ化反応の開発
仙石哲也,前川龍之介,津田環,三好絢子,高橋雅樹,依田秀実,第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2018. 11. 3. 名古屋大学(愛知県名古屋市)
(225) パラジウム触媒による求電子的アミドアリル化反応を利用した新規スピロラクトン構築法の開発
仙石哲也,園田智史,牧野行記,飯島あゆみ,依田秀実,第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2018. 11. 3. 名古屋大学(愛知県名古屋市)

第48回複素環化学討論会

2018年9月3-5日に開催される第48回複素環化学討論会にて、口頭発表とポスター発表(各1件)を行いました

(224) ヒドロキシラクタムからのアザスピロラクトン/ラクタムの選択的作り分け
仙石哲也,白井杏奈,神谷悠太,高橋雅樹,依田秀実,第48回複素環化学討論会,2018. 9. 3. 長崎ブリックホール 国際会議場(長崎県長崎市)
(223) 新規なスタニルアレニルアミドの調製とアルデヒドへの触媒的不斉プロパルギル化
仙石哲也,池田郁平,阿井敬祐,依田秀実,第48回複素環化学討論会,2018. 9. 3. 長崎ブリックホール 国際会議場(長崎県長崎市)

浅羽君、Luaさんの論文がJOC誌に掲載決定!

(88) Controllable monobromination of perylene ring system: synthesis of bay-functionalized perylene dyes
Masaki Takahashi, Kyohei Asaba, Trinh Thi Lua, Toshiyasu Inuzuka, Naohiro Uemura, Masami Sakamoto, Tetsuya Sengoku and Hidemi Yoda
The Journal of Organic Chemistry, 2018, 83, 624-631. (DOI: 10.1021/acs.joc.7b02540)

Practical synthesis of bay-monofunctionalized perylene dyes has been developed based on controllable NBS bromination of tetrabenzyl perylene-3,4,9,10-tetracarboxylate. The ability to perform the convenient and high-yielding synthesis highlights the potential utility of our multifunctional approach to access diverse range of new perylene systems.

 

Journal Information: Impact factor 4.849 (Q1, JCR 2016)