FAQ


[動画・Office365]Q1. くるくる円が回って動画が再生されない

A. 一度ブラウザのキャッシュクリアをお願いします。もしくは、ブラウザをChromeに変えてください。Macの場合は、Chromeをインストールして再度アクセスしてみてください。

【参考】Google Chrome キャッシュクリアの方法
 https://support.google.com/accounts/answer/32050?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja
【参考】Microsoft Edge キャッシュクリアの方法
 https://support.biglobe.ne.jp/settei/browser/edge/edge-012.html
【参考】その他ブラウザ キャッシュクリアの方法
 https://helpx.adobe.com/jp/legacy/kb/222659.html

[動画・Office365]Q2. Office365にアクセスできない

A. まず、下記のURLのOffice 365にアクセスしてサインインできるか確認してください。なお、サインインする際は、帳票に記載通り、https://portal.office.com/にアクセスします。
Office 365 にサインインする際、ユーザー名は情報基盤センターのホームページでご確認ください。
パスワードは、ご自身で変更していなければ、帳票に記載されたパスワード通りで、学務情報システムのパスワードと同一です。

[動画・Office365]Q3. 自分で購入したOffice365のアカウントでアクセスしたい

A. 大学のOffice365関係のサービスは大学のアカウントでないと利用できません。

[動画・Office365]Q4. 教員がアップロードしたOneDriveの資料を閲覧できない

A.アップロードされた資料を閲覧する場合、静岡大学 の Office 365 アカウントでサインインする必要があります。下記を参考にサインインし、資料が閲覧できるかご確認ください。
—————————————————————————————————
◆学生向け:Office 365 の利用について – 静岡大学 情報基盤センター
https://www.cii.shizuoka.ac.jp/?page_id=2222
—————————————————————————————————
※資料等の閲覧はパソコンを推奨しています。

[在宅授業について]Q5. 在宅授業の教材や課題が配信されていない

A.  教員がうまく配信できていない可能性があります。しばらくお待ちください。1日以上配信がない場合は、担当教員に連絡してください。

[在宅授業について]Q6. 宅授業の指示がよくわからない

A.担当教員に問い合わせてください。

[在宅授業について]Q7. 担当教員への連絡方法がわからない

A.学生便覧に連絡先が記載されている教員の場合は、直接メール又は電話で問い合わせてください。記載のない非常勤講師等の場合は、所属学部の学務係(教養科目の場合は教務課教務係/浜松教務課共通教育係)へ電話等でご連絡ください。

[在宅授業について]Q8. 個人的な都合等で、レポート等の提出〆切に間に合わない

A.まずは提出〆切に間に合うよう予定を調整してください。それでも難しい場合には、担当教員にご相談ください。

[在宅授業について]Q9. 学務情報システムのIDとパスワードがわからない

A.情報基盤センターで再発行の手続きをしてください。

[在宅授業について]Q10. 在宅授業の受講に必要なパソコンの仕様や機能を教えて欲しい

A.まず始めに、所属の学部や学科等で指定の仕様等がある場合はその指示に従ってください。
(指定の有無が不明な場合は所属学部の学務(教務)係に確認してください。)
所属の学部や学科等で仕様等について指定がない学生は、以下の仕様や機能を備えたパソコンで在宅授業を受講することを推奨します。
なお、情報基盤センターの実習室や計算機室にあるパソコンでも在宅授業を受講することができるので、新たにパソコンを購入することが必須ではありません。
—————————————————————————————————
●仕様について(Microsoft office365のシステム要件を満たすこと)
【Windowsの場合】
CPU:1.6 GHz 以上、2 コア
メモリ:4 GB以上
ハードディスク:使用可能ディスク領域 4 GB以上
—————————————————————————————————
●機能について
本学の在宅授業は、オンデマンド型(教材等をダウンロードして受講する形式)での実施を基本としていますが、授業によっては、同時双方向型(zoom、Teams等によるテレビ会議システムを利用した形式)で実施されるものもあります。
同時双方向型の授業の受講には、カメラ機能(内蔵、外付けを問わない)やマイク機能(内蔵、外付け(ヘッドセット等)を問わない)が必要になります。

(参考)1回の授業において必要となる通信容量の目安
Microsoft Teamsの帯域幅要件(30 fpsでHD 720 pの解像度)である1.2 Mbpsを参考にした場合、90分間の授業動画を視聴すると、約0.8GBのデータをダウンロードすることになります。
ただし、(1)通信環境により画質が自動調整される、(2)スライド+音声のみの動画ではデータ量が少なくなる、といった要素があるため、実際のデータ量は授業形態により大きく変化します。

[在宅授業について]Q11. 学務情報システムにアクセスできない

A.学務情報システムが全体停止した場合は、学務情報システム上で課された小テスト等の〆切が延長される可能性があります。また、夜間に定期的な停止があります。サーバがなんらかのトラブルでダウンした場合などは大学ホームページ等でお知らせしますので、確認してください。

[在宅授業について]Q12. 学務情報システムのサーバが遅い

A. 大量のアクセスがあった場合、レスポンスが遅くなる場合があります。このような非常事態ですので、時間を変えてアクセスして、様子を見てください。

[在宅授業について]Q13. 学務情報システムのサーバトラブルが原因で〆切までにレポート等の課題提出などができない

A.サーバトラブルが発生した場合は、課題〆切の一括延長等を検討します。その場合は、全学のWebサイトに情報を出しますので、ご確認ください。

[在宅授業について]Q14. 提出物のファイルサイズが大きく、学務情報システムへアップロードできない

A.zipファイルなど圧縮をしてください。よくわからない場合は、まずは教員に連絡をとってください。連絡せずに、教員に直接メール等でファイルを送信するのは控えましょう。

[在宅授業について]Q15. 在宅授業の課題は、時間割にこだわらず、別の日等にやってもいいのですか?

A.時間割に沿って学習することにより、計画的に学習する習慣が身につくと考えていますが、自分できちんとスケジュール管理できるのであれば、空いた時間をみつけて計画的に学習を進めても構いません。

[在宅授業について]Q16. スケジュール通りに学習ができない

A.大学に通学し、決まった時間・場所で行う学習よりも、今回のような在宅学習は自己管理が難しいかもしれません。毎日、大学に通学するつもりで、規則正しい生活を心がけ、時間を決めて学習を進めてください。時間管理が重要です。通常の時間割どおり決まった時間に学習するのもひとつの方法です。

[在宅授業について]Q17. 他の人の様子が見えず、動機づけが維持できない

A.SNS等での交流も考えられますが、SNS上では、相手が本当に本学の学生かはわかりません。今後、本学の学生同士でコミュニケーションできるやり方が必要かどうか検討する余地はあると考えます。

[在宅授業について]Q18. 友達と集まって学習してもいいですか?

A. 集まることはせず、「学務情報システムで提供される授業トピックや、インターネット上のSNS等」を活用し、学習を進めてください。