コンテンツへスキップ

各回の解題(第11回~第20回)

第11回 「生きづらさ」は何によって生まれるのか?

「生きづらさ」を感じる場面というのは色々ありそうです。

誰が聞いても深刻な課題を抱えている人もいれば、人によっては深刻と感じられないことに生きづらさを感じている人もいるでしょう。しかも「生きづらさ」を生み出しているものは、深夜まで残業せざるをえない、結婚できない、友達がいない、趣味がないなど、実にさまざまです。人によって、生きづらさには色々な形があると思います。

そこで今回は、参加者のみなさんと、「自分自身がどのような時に生きづらいと感じたか」、「どのように生きづらいと思えてしまうのか」について話をしてみたいと思います。皆さんがそれぞれ抱えている「生きづらさ」とその「感覚」について、「なぜ、それが生きづらいと感じるようになってしまったか」を一緒に考え、生きづらさが生まれる多様な様相を共有するのが目的です。「生きづらさ」が話題になると、どうしても生きづらさの「解消」「解決」に目が行きがちですが、生きづらさそのものに目を向けることが、解決の第一歩でもあるはずです。

参加する皆さんが日々の暮らしで遭遇する「生きづらさ」とその原因について、ゆっくりと考えていきましょう。


第12回 わたしたちは効率化と〈うまく〉付き合えるのか?

私事ではありますが先日わたしの母方の祖母が亡くなりました。90歳でした。母親の故郷は遠方であるのと時勢もあり、孫たちは集まることなく、両親、叔父、叔母とごく数人で小さな葬儀が執り行われました。

飛行機で発った両親が葬儀で忙しくしている間、残ったわたしといえば、日常に忙殺されていました。返事の難しいメールを送り終え、西の空を眺めた時、祖母が亡くなってから三日の間、祖母との記憶を全く振り返っていないことに気付きました。

きっとみなさんも忙しい毎日を過ごしておられるでしょう。学業であったり仕事であったり、家庭のことであったり、こなさなければならない何かが毎日押し寄せてくる日々ではないでしょうか。

そんな只中だからわたしたちは常に効率的であることを求められる。作業や行動には必ず「効率的」であることを、自分自身に求め、他者からも求められます。しかし、その結果として、私たちは何か大切なものを見失っているのかもしれません。みなさんは日常生活のありとあらゆるものに染み込んでいる効率化というものをどのように捉え、考えていますか?

2月のしずおか哲学カフェ(zoom版)のテーマは「わたしたちは効率化と〈うまく〉付き合えるのか?」です。みなさんの参加をお待ちしています。


第13回 「成長」とは何か

何かを知ること、できるようになることは何かが増えることです。たとえばWikipediaを読めば、さまざまな事の「知識」を得ることができます。また、直接何かを「経験」して、何かができるようになることは、「スキル」が上がることとして「成長」の実感につながります。このように、基本的に「成長」はプラスの経験をすることによって実感されるように思います。

しかし、一方では、ある程度ものごとを知って、「成長」してしまうことで、自分が実は何も分かっていないことや、何もできないことを思い知ってしまい、自信を失ってしまうこともあります。あるいは、知る、できることを楽しむ気持ちを忘れてしまう、駆け出しのころのがむしゃらな熱意や情熱が損なわれてしまう。そのような体験をした方もいるかもしれません。

今回は、このような側面にも目配りしつつ、みなさんの「成長」の経験を出発点にしながら、成長とは何か、知ることやできるようになることは何を意味するのかをめぐって対話を進めていきたいと思います。