International Conference on Green Science and Technology 2021 (ICGST2021)

International Conference on Green Science and Technology 2021 (ICGST2021)

The international conference will be scheduled for September 21–22, 2021, via Zoom.

The objective of ICGST-2021 is to provide the 1st conference for discussion of the latest developments, refresh your knowledge, and will offer plenty of networking opportunities, providing you a chance to meet and interact with leading researchers as well as the most influential minds in the field of SDGs 2, 3, and 7.

We invite you to attend an exciting scientific program comprising four plenary and ten invited talks, 24 oral presentations, and networking events.

We offer all the details you need about upcoming events interested in taking part in!

We will be happy your joining this ICGST2021.

Sincerely,

Homepage here.

https://sway.office.com/5smNmWTposWA0QE8

Registration here.

日本化学会第101春季年会(2021)発表

みんな、お疲れさま。次にやることが明確になりましたね。次に向けて頑張っていこう!!

1.土居瑞希(M2)
「グリーンものづくり:植物成長調節剤フェアリー化合物のフロー合成による連続生産」
2.宮下直己(B4)
「グリーンものづくり:グラジエント法によるフロー反応条件迅速最適化手法の開発」
3.藤本准子(ポスドク)
「グリーンものづくり:モノリス触媒を用いたフロー有機合成」
4.小坂優太(B4)
「ファインバブル有機化学:エレメント積層型ミキサーによる気相-液相反応性評価」
5.小塚智貴(B4)
「ファインバブル有機化学:化学反応性に対する気泡発生機構の効果」
6.磯部海志(B4)
「マイクロ波フロー化学:機械学習による出口温度推算手法の開発」
7.金 拓哉(M2)
「マイクロ波フロー化学:機械学習による反応条件迅速最適化手法の開発」
8.田中晶子(D1)
「難溶解性ペプチドへの新規水溶性タグ導入法の開発とHIV-1プロテアーゼ合成への展開」
9.間瀬暢之(おっさん)
「有機化学者が取り組むケモインフォマティクスによるフロー反応条件最適化」
反省会_慰労会の様子

日本化学会第101春季年会(2021)

発表予定者

  1. 土居瑞希「グリーンものづくり:植物成長調節剤フェアリー化合物のフロー合成による連続生産」
  2. 宮下直己「グリーンものづくり:グラジエント法によるフロー反応条件迅速最適化手法の開発」
  3. 藤本准子「グリーンものづくり:モノリス触媒を用いたフロー有機合成」
  4. 小坂優太「ファインバブル有機化学:エレメント積層型ミキサーによる気相-液相反応性評価」
  5. 小塚智貴「ファインバブル有機化学:化学反応性に対する気泡発生機構の効果」
  6. 磯部海志「マイクロ波フロー化学:機械学習による出口温度推算手法の開発」
  7. 金 拓哉「マイクロ波フロー化学:機械学習による反応条件迅速最適化手法の開発」
  8. 田中晶子「難溶解性ペプチドへの新規水溶性タグ導入法の開発とHIV-1プロテアーゼ合成への展開」
  9. 間瀬暢之 「有機化学者が取り組むケモインフォマティクスによるフロー反応条件最適化」

日本化学会 第101春季年会 (2021)/ホームページ (atlas.jp)