センター概要

センター長あいさつ

サステナビリティセンターは、国連によって推進されている「持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals: SDGs) 」達成のための取り組みを推進することを目的に、設立されました。

現在日本社会では、温暖化等の急激な気候変動により、⽣態系の破壊や⾃然災害が深刻化するとともに、人口減少および高齢化の進行のために、医療、教育、交通、行政といった社会基盤の維持も難しくなっています。

こうした状況において着目されてきたのがSDGsです。これらの目標は、いずれも、将来世代を含め、一人ひとりが人間らしい生を享受できる社会にとって欠かせないものです。SDGsを目指しながら具体的な課題を解決することにより、私たちは持続可能な社会を構築できるのです。

すでに私たちのセンターでは、社会が抱える課題を解決するために、複数のプロジェクトが動き始めています。多様なステークホルダーとの緊密なネットワークのもと、これらのプロジェクトを着実に進めることにより、社会の課題を解決し、SDGsの実現に寄与していきます。

センター長
堂囿俊彦

センター組織図


所属スタッフ

 

センター長 教授 堂囿 俊彦
コーディネーター 特任教授 鈴木 款
ESD・国際化推進部門 教授 田宮 縁
講師 安冨 勇希
法実務部門 教授 根本 猛
教授 板倉 美奈子
教授 石尾 賢二
教授 朱 曄
教授 土生 英里
教授 正木 祐史
教授 吉川 真理
特任教授/客員教授 中村 和夫
ダイバシティ推進部門 教授 笹原 恵
講師 滑田 明暢
環境変動適応部門 教授 藤原 健智
教授 近藤 満
教授 三重野 哲
准教授 日下部 誠
准教授 徳岡 徹
特任教授 ベアトリス・カサレト
生物資源高度化利用部門 教授 平井 浩文
教授 原 正和
准教授 笠井 敦