CJFMA11(The 11th China and Japan Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications

The 11th China and Japan Symposium on Ferroelectric Materials and Their Applications (CJFMA11) was held on Sept. 22~25, 2019 in Nanjing, China. More than 235 works were presented in this successful meeting.  Our work ” On the size effects in BaTiO3 ceramics” was presented as an invited talk. Most of the participants from China-side are youth students or researchers, giving a strong impression of rapid growth of this field in China. Nanjing(Nanking) is a very beautiful city that is situated in the Yangtze River Delta region, and has a prominent place in Chinese history and culture. It has served as the capital of the Six Chinese old Dynasties from the AD 229. The feeling of Walking in the street of Nanjing is very nice because Chinese parasol trees( 梧桐,アオギリ)and green are seen everywhere.

M1中間発表と送別会

2019/2/26日(火曜日、曇り)、M1の中間発表は無事に終わりました。皆さん、お疲れさまでした。これから、就職と研究両方はうまく行くように頑張りしょう。夕方から、研究室で卒業生の送別会をやりました。卒業生の皆さん、これからの人生は長いですが、円満に行くように祈っています。

2018年度卒業発表

2019年2月15日に、4人の卒研生の発表は無事に終了しました。立派な発表でした。みなさん、お疲れ様でした。

EMRS-2018 Fall meeting

EMRS-2018秋季大会に行っていきました。大会は9月17〜20日期間にワルシャワ工科大学で開催されました。会議は壮大で、18セッションにも分けられました。誘電体のセッションに参加しました。発表内容は非常に濃かったです。朝晩を利用し、キュリー夫人の博物館、ショッパンの心臓が埋蔵された十字架教会、ショッパンの博物館にも見学に行きました。非常にいい旅でした。

M1の大石君と飯田君がIFAAP国際会議にてポスター発表

2018/05/27~06/01の間に五つの国際会議(2018 ISAF-FMA-AMF-AMEC-PFM (IFAPP) Joint Conference)が広島市国際会議場で共催されました。この大きな国際会議にM1の大石君と飯田君が研究発表に行きました。二人とも2度目の国際会議を体験しました。5月28日のポスター発表で多くの質問を受けて非常に良い研究交流となりました。