8J2YAB再免許されました

それは3月10日に届いた、一通のお葉書から始まりました。

一部【墨塗り】していますが、ご覧いただければわかる通り、総合通信局(に依頼された業者)から届いた、「再免許(いわゆる免許更新)」の手続きご案内の折り畳み式のハガキ。8J2YAB「静岡大学MOT鈴木ゼミ」の体験臨時局、宛のもの。

事情通の方はご存じと思いますが、体験「臨時」局は、臨時なのだから、スポットごと単発に免許されるのであって、むろん都度同じコールサインで指定されることはあっても、免許は使い切り。更新手続きはできない、と考えられていました。

でも、こんな葉書が来るぐらいだから手続きしてみようか、と、何気にLiteな奴で手続きしました。

前述のように「臨時」局の更新なんだから、何か「イベントが続きます」とかそういうエビデンスなり計画書なりが必要なんだろうと思っておりましたが、良く判りません。確か今の「臨時」局申請時にイベントの計画書を書きましたが、「イベントの終了」について明示的には書いてありませんでした。そのイベントというのは、小学生対象の「ものづくり教室」の放課後活動の一環として体験局を附置する、という趣旨。中学生になると教室来なくなる(中学になっても残ってやる子もいますが)ので基本的に毎年メンバーも変わるし、ものづくり教室そのものの毎年の目標が異なりますから、器は同じだが内容は毎年違うぞ、な変な「臨時」局であったことに違いありません。で、前例も見当たらないしそのあたり手続き的に良く判らないので、必ず来るであろう補正通知を受けてから対応しよう、という事で、先ずは普通の局と同じように、添付書類等無しでやってみました。3月23日の事です。

申請の翌日、更新手数料1900円の納付請求が来たので即対応、さあ補正通知はいつだ、と待っていましたら、3月31日、いきなりLiteのステータスが…

まさかの『審査終了』です。え!エイプリルフールにしては一日早いが‥‥。

ということで、その後入手した免許状がこれです。

免許の番号も従前と同じ。今の免許が切れる9月30日の翌日から、新しい免許状の効力が発生しますが、すでに3月31日付で、令和8年9月30日までの5年分が一気に免許!。もちろんこちらは補正が入ったりすることを前提に(普通の局と同じ)「満期5年」で申請してみただけです。そのまま審査通ってしまいました。

ありがたや、東海総通殿。足を向けて寝ません。