富士・南アルプス生態学実習(全国公募型)/ Practice in Forest Conservation (Open Lecture)


  • 対象:主に森林を学ぶ全国の大学の2・3年生が対象【公募】
    場所:天竜ブランチ, 南アルプスブランチ, 富士山ブランチ
    (H29年度までは「森林保全学実習」として開講していました)

    本実習は静岡大学の多様な3つの森林フィールド(天竜・南アルプス・富士山)を巡る4日間のツアー型の公開森林実習*です。多様な森林植生とその特徴の違い、植生ゾーンごとに異なる山地生態系保全技術を比較学習します。ただ植生や現場を見学するのではなく、生物多様性と生態系機能や、DNA分析、獣害による森林衰退、環境配慮型の森林経営方法など、今日的なテーマとそれに関連した実験を随所に盛り込み、現場に対応可能な知識と技術を学びます。

    *公開森林実習とは、「全国農学系学部相互間における単位互換に関する協定(以下、全演協協定)」に参加する大学の農学部学生が、他大学の「公開森林実習」を受講できる単位互換制度です。もちろん、協定校だけなく、全演協協定に参加していない大学の学生も受講することができます(受講修了認定を出します)。

    内容の詳細、日程については、下記の2021年度の資料を参考にしてください。
     →2021年度_静岡大学_富士南アルプス生態学実習_計画書(pdf)


  • For 2nd-3rd grade students learning Forest Sciences in every University
    Tenry branch, South Alps branch, and Fuji branch

    This is an open lecture that students in every University can participate. We tour three different forests of Tenryu, South Alps, and Fuji branches, and learn about forest conservation (engineering to control erosion, tree physiology and ecology, deer impact, DNA barcoding, etc.) in each forest.