研究内容

発酵研案内の pdf ファイルはこちらをご覧ください。

●「発酵社会学」の構築

人文科学

歴史や文学・言語の中の発酵飲料・食品を探り、地域や都市社会の文化形成に及ぼした影響を明らかにする。

歴史や文学がもつ物語性は商品に付加価値を与えるため、その検証を通じて地域社会における絆の再生や産業発展にも貢献していく。

社会科学
開発された発酵飲料を商品として社会に流通させるための法的・経済的課題を検討。例えば、酒税法など酒類関連法制度の課題提示、発酵飲料による地域経済振興策の提案など。
自然科学
静岡の花々から酵母を単離するなど、地域文化となりうる発酵飲料・食品の産出に向けた新たな素材の探究と技術開発。

(詳細な研究内容紹介は鋭意製作中です。)